RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 217

(1) 原文

Quod mali spiritus jugi{a} conantur agere contra ordinem, tametsi percipiunt, quod nihil usquam possint

 

217.  Matutino tempore erat quidam conflictus spiritualis, nempe spirituum, qui me infestare summopere volebant, et quidem omni sua vi, sed eram tanquam remotus; quamvis mirabili modo percipiebam conatus eorum, non audiebam loquelam; sed erat tanquam sphaera quae me abducebat a conatibus eorum, mirabar tunc obstinationem eorum, quod non intermittere possent, sed usque obstinate agere, sed incassum, et similiter, quod nihil prorsus efficere, et in memet influere possent, status erat, qualem describere nequicquam possum, sed si tunc obtinuissent, videbatur mihi, quod me prorsus oppressissent; similiter tunc observabam, quod sphaera communis esset interior, in quam sublatus eram, num in eadem spiritus isti fuissent, non scire possum; tunc etiam observabam, quod ne minimum daretur, quod non ex directione Dei Messiae, et ex misericordia erga me, veniret; tum quod ne minutissimum quidem agere posset spiritus, nisi ex permissione. 1747, die 22 Oct. st. v. ut reor.

@1a = juge

 

(2) 直訳

Quod mali spiritus jugi{a} conantur agere contra ordinem, tametsi percipiunt, quod nihil usquam possint 悪霊たちは秩序して行動することをみる(努力する)ことたとえ知覚していてもどんな場合でも、何もできないことを

217.  Matutino tempore erat quidam conflictus spiritualis, nempe spirituum, qui me infestare summopere volebant, et quidem omni sua vi, sed eram tanquam remotus; 朝の時間に、ある種の霊的な衝突があった、すなわち、霊たちの、その者は私を悩ます(攻撃する)ことを最高度に欲した、そのうえすべての自分の力で、しかし、私はあたかも遠ざかっていた。

quamvis mirabili modo percipiebam conatus eorum, non audiebam loquelam; たとえ驚くべき方法で私は彼らの努力を知覚しても、私は〔彼らの〕話しを聞かなかった。

sed erat tanquam sphaera quae me abducebat a conatibus eorum, しかし、いわば(あたかも)スフェアがあった、それは私を彼らの努力から引き出すような。

mirabar tunc obstinationem eorum, quod non intermittere possent, sed usque obstinate agere, sed incassum, et similiter, quod nihil prorsus efficere, et in memet influere possent, status erat, qualem describere nequicquam possum, その時、私は彼らの頑固(執拗さ)驚いた、やめることができないこと、しかし、それでも頑固に(執拗に)なうこと、しかし、むだに(無益に)、また同様に、まったく何も効力がないこと、また私そのもの☆の中に流入することができる〔できない〕、状態があった、どのようなものか(性質を)私が述べることが少しもできない。

このように –met は代名詞につく強意の接尾辞。

sed si tunc obtinuissent, videbatur mihi, quod me prorsus oppressissent; しかし、もしその時、私に固執した(頑固に振る舞った)なら、私をまったく抑圧してしまったこと。

similiter tunc observabam, quod sphaera communis esset interior, in quam sublatus eram, num in eadem spiritus isti fuissent, non scire possum; 同様に、その時、私は観察した(気づいた)、全般的な内的なスフェアがあったこと、その中へ私は上げられた(tollo)、同じもの(スフェア)の中にそれらの霊たちがいたかどうか、私は知ることができない。

tunc etiam observabam, quod ne minimum daretur, quod non ex directione Dei Messiae, et ex misericordia erga me, veniret; さらにまたその時、私は観察した(気づいた)、最小のものすら存在しないこと、神メシアの方向付け(指示)からでないもの、また私に対する慈悲から〔でない〕、やって来る。

tum quod ne minutissimum quidem agere posset spiritus, nisi ex permissione. なおまた、霊たちは最小のものも決して行なうことができないこと、許しからでないなら。

1747, die 22 Oct. st. v. ut reor. 17471022日に、旧暦。私が思うように。

 

(3) 訳文

悪霊たちはたとえどんな場合でも、何もできないことを知覚していても、秩序して行動することをみる

 

217.  時間ある霊的衝突、すなわち、霊たちの衝突があったそのますことを最高度そのうえ自分のすべてのしたしかし、私はいわばざかっていたたとえくべき方法らの努力知覚しても、私〔彼らの〕話しをかなかったしかしあたかもらの努力からすかようなスフェアがあったその時、私らの執拗さにやめることができないしかしそれでも執拗なうことにいたしかしむだでありまた同様まったく効力がなく、私の中流入することができない、その状態がどのようなものか、べることが少しもできないしかしもしその時、私執拗ったなら、私をまったく抑圧してしまったであろう。同様その時、私、全般的内的なスフェアがあったことにづいたそのげられた、同スフェアにそれらのたちがいたかどうか、私ることができないさらにまたその時、私、神メシアの方向付(指示)からでないものまたする慈悲からでないものはやって最小のものすら存在しないことなおまた、霊たちはしからでないなら最小のものもしてなうことができないことにづいた。17471022日、旧暦。私が思うように。

author:yasubee, category:霊界体験記, 01:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095084