RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 218

(1) 原文

Quod plurimi boni in captivitate teneantur, dum mali fruantur libertate, in altera vita

De Statu infidelium tempore ultimi judicii

 

218.  Quomodo animae bonae adhuc teneantur in captivitate, ita manifeste mihi scire datum est, ut nihil manifestius; sentire id datum est{1}, et simul loqui cum iis; similiter, quod iis quandoque libertas concessa, et quasi respiratio a captivitate, experientiam istam non possum describere, quomodo eam percepi manifeste, et per integros dies, tum quomodo elevabantur a captivitate, et restituerentur libertati cuidam, et per vices iterum in captivitatem refluebant; tum etiam, secundum eorum descriptionem, quomodo cruciarentur ii qui in inferno sunt, et quale odium regnat, quo unus alterum persequitur usque ad mortem; interim alii, qui impii sunt, et summe prophani, adhuc libertate fruuntur, causa mihi etiam manifestata est, nempe quod nisi spiritus isti libertate fruerentur, quod genus humanum, nunc quoad fidem vastatum, non potuissent in tali jucunditate corporea et terrestri, inque voluptatibus vivere, sed continue in miseria et cruciatu conscientiae, nam si boni, ac angeli regnarent in coelo isto ultimo, tunc non potuissent non infestari mortales a continua conscientiae cruciatione, quod adhuc, dum vastatio persistit, ex pluribus causis, non admittitur; at vero tempore ultimi judicii, tunc probi, qui in ignorantia vixerunt, "gentes" a prophetis appellati, e captivitate sua exsolvendi sunt, et mali spiritus in captivitatem duram ac infernum detrudendi, sicut prophetae multis in locis prophetant; tunc superventura est mortales qui impiam vitam agunt, ac similiter similes in altera vita, anxietas, de qua Deus Messias loquitur, et per prophetas. 1747, die 24 Oct. st. v. De his cum iis qui in captivitate{2} sunt, et qui in libertate, loquutus sum; qui in captivitate sunt, consolationem habent, sic spem; plurimi eorum qui libere volitant, ii nihil curant, putant id non verum.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. et

@2 ms. captivite

ここの欄外に「Obser.」とあります。Observatio(注意、注目)の略語です。

 

(2) 直訳

Quod plurimi boni in captivitate teneantur, dum mali fruantur libertate, in altera vita 非常くのらわれの状態に保たれること、悪い者が自由を享受している時、来世の中で

De Statu infidelium tempore ultimi judicii 最後審判不誠実(不信心)状態について(ここの欄外に「注意」とある)

218.  Quomodo animae bonae adhuc teneantur in captivitate, ita manifeste mihi scire datum est, ut nihil manifestius; どのように善い霊魂が依然として捕らわれの中に保たれるか、そのように明らかに私に知ることが与えられた、さらに明らかには何もないように。

sentire id datum est{1}, et simul loqui cum iis; そのことを感じることが与えられた、また同時に、彼らと話すこと。

similiter, quod iis quandoque libertas concessa, et quasi respiratio a captivitate, 同様、彼らに、時々、自由された(えられた)、またいわば捕らわれからの休息。

experientiam istam non possum describere, quomodo eam percepi manifeste, et per integros dies, tum quomodo elevabantur a captivitate, et restituerentur libertati cuidam, et per vices iterum in captivitatem refluebant; その経験べることができないどのようにそれを明らかに知覚したか、また完全な(全〜)日々にわたって、なおまたどのように捕らわれから上げられたか、またある種の自由に戻されたか、また交互に再び捕らわれの中に逆流したか。

tum etiam, secundum eorum descriptionem, quomodo cruciarentur ii qui in inferno sunt, et quale odium regnat, quo unus alterum persequitur usque ad mortem; なおまたさらにまた、彼らの叙述にしたがって、どのように彼らが苦しめられるか、その者は地獄の中にいる、またどんな憎しみが支配しているか、それによってある者が他の者を迫害する(攻撃する)、死までも。

interim alii, qui impii sunt, et summe prophani, adhuc libertate fruuntur, その間、他その不信心な者であるまた最高度に冒涜する者、依然として自由を享受する、

causa mihi etiam manifestata est, nempe quod nisi spiritus isti libertate fruerentur, quod genus humanum, nunc quoad fidem vastatum, non potuissent in tali jucunditate corporea et terrestri, inque voluptatibus vivere, sed continue in miseria et cruciatu conscientiae, 理由もまたらかにされたすなわち、それらの霊たちが自由を享受しないなら、人類は、今や、信仰に関して荒廃させられた、このような身体と地上的(世俗的)な快さの中に、そして欲望の中に生きることができないこと、しかし、絶えず惨めさと良心の責め苦の中に。

nam si boni, ac angeli regnarent in coelo isto ultimo, tunc non potuissent non infestari mortales a continua conscientiae cruciatione, quod adhuc, dum vastatio persistit, ex pluribus causis, non admittitur; なぜなら、善い者が、そして天使たちがその最外部の天界の中で支配するなら、その時、死すべき者(人間)は絶え間のない良心の責め苦から悩まされない(攻撃されない)とができない、そのことは依然として、荒廃が続く間、多くの理由から、許されない。

at vero tempore ultimi judicii, tunc probi, qui in ignorantia vixerunt, "gentes" a prophetis appellati, e captivitate sua exsolvendi sunt, et mali spiritus in captivitatem duram ac infernum detrudendi, sicut prophetae multis in locis prophetant; しかし、最後審判その時、正しい者は、その者は無知の中に生きた、預言者から「異教徒」と呼ばれた、自分の捕らわれから解放される(ことになる)また悪霊は恐ろしい捕らわれと地獄の中へ押し下げられる(ことになる)、預言者たちが多くの箇所の中で予言したように。

tunc superventura est mortales qui impiam vitam agunt, ac similiter similes in altera vita, anxietas, de qua Deus Messias loquitur, et per prophetas. その時、死すべき者(人間)は起こる(ことになる)、その者は不信心な生活を送った、そして同様に似た者は、来世の中で、不安が、それについて神メシアが話した、また預言者を通して。

1747, die 24 Oct. st. v. 17471024日に、旧暦。

De his cum iis qui in captivitate{2} sunt, et qui in libertate, loquutus sum; これらについて、彼らと、その者は捕らわれの中にいる、またその者は自由の中に、私は話した。

qui in captivitate sunt, consolationem habent, sic spem; 捕らわれの中にいる者は、慰めを持つ、このように希望を。

plurimi eorum qui libere volitant, ii nihil curant, putant id non verum. 彼らの大多数の者が、その者は自由に飛びまわる、彼らは何も気にしない(心配しない)、そのことが真理でないと考える。

 

(3) 訳文

来世で、悪い者が自由を享受している時、非常くのらわれの状態保たれること

注意☆ 最後審判不誠実状態について

 

218.  どのように善い霊魂が依然として捕らわれの中に保たれるか、さらに明らかなものは何もないようにも明らかに私に知ることが与えられた。そのことを感じること、また同時に、彼らと話すことが与えられた。同様、彼らに、時々、自由、いわば捕らわれからの休息が与えられたその経験べることができないどのようにそれを明らかに知覚したか、まる数日にわたって、なおまたどのように捕らわれから上げられ、ある種の自由に戻されたか、また交互に再び捕らわれの中に逆流したか。なおまた、彼らの叙述にしたがえば、地獄の中にいる者がどのように苦しめられるか、どんな憎しみが支配しているか、それによってある者が他の者を死までも迫害する。その時、他不信心者、また最高度に冒涜する者は、依然として自由を享受している。理由もまたらかにされたすなわち、それらの霊たちが自由を享受しないなら、今や、信仰に関して荒廃させられた人類は、このような身体と地上的(世俗的)な快さの中に、そして欲望の中に生きることができず、絶えず惨めさと良心の責め苦の中にいることである。なぜなら、善い霊と天使たちがその最外部の天界の中で支配するなら、その時、死すべき者(人間)は絶え間のない良心の責め苦から悩まされざるをえずそのことは依然として、荒廃が続く間、多くの理由から、許されないからである。しかし、最後審判、預言者から「異教徒」と呼ばれた、無知の中に生きた正しい者は、預言者たちが多くの箇所の中で予言したように、自分の捕らわれから解放され悪霊は恐ろしい捕らわれと地獄の中へ押し下げられる。その時、不信心な生活を送った死すべき者(人間)は、そして同様に、来世の中の似た者には、不安が起こる、それについて神メシアが、また預言者を通して話された。17471024日、旧暦。

これらについて、私らわれのにいる自由にいるした。捕らわれのにいる、慰めをこのように希望。彼らの大多数自由びまわりそのことは真理でないとえて、何にしない

 

☆ この「注意」は欄外に書かれている。

 

◎雑感:静思社版『霊界日記』を買ったのは、1988年1月、私が41歳の時であった。(すでに他の著作は買ってあり、これがその時までに発行された最後の著作であった、すなわち、その後『黙示録講解』が出た)。読みづらくて☆、それでも91年3月に読み終えた(33か月かかった)

 以来、いろいろあったが、ここで31年後、このように原典からの直訳をネット上で公開している。こうなるとは、夢にも思わなかった。

☆「読みづらい」の意味は適当にお考えください。一つ上げれば、私自身は「この読みづらさ」が、「では、原典にはどのように書いてあるのだろう」の原動力となっています。

author:yasubee, category:霊界体験記, 01:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095085