RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 220

(1) 原文

Ulimti judicii imago repraesentata. De infelicium cruciatu, et tandem liberatione. Contentio de misericordia

 

220.  Hac nocte, expergefactus plura mihi ostensa sunt, quae non ita describere possum, erat species cujusdam revolutionis spirituum, cum manifesta perceptione, nempe quod multi qui in coelo ultimo essent, detruderentur, et multi qui in captivitate, ascenderent. Sed hoc mihi clarius percipiendum dabatur, quod infelices qui in dura captivitate diu fuerunt, per plures vices in somnio contenderent cum iis qui in libertate, in ultimo coelo, et quidem quod iis adimere vellent misericordiam, ita omnem spem salutis, quae contentio die persistebat, dum evigilavi; valde conquesti sunt, cum multa anxietate, et quidem repetitis vicibus, quod iis vellent auferre misericordiam, et quod ita actum prorsus cum iis foret, fuerunt enim in gravi poena, sic ut nihil potius vellent, quam vitam prorsus amittere, unica spes iis a Deo Messia oblata erat, quod cogitare possent, adhuc misericordiam esse, quam cum auferre vellent impii in libertate constituti, geminata est eorum anxietas, sic ut in desperationem laberentur; quod ipsam contentionem attinet, quomodo de misericordia contentio facta sit, non ita aequum est describere, nam spirituum repraesentationes tales non facile describi possunt; quum itaque amarissime questi sunt de injuria ista, quod unicum solatium, quod esset misericordia, iis auferretur, tandem{1} affulsit iis spes, quod non amitterent misericordiam, quod iis promissum erat, percipere etiam misericordiae motionem aliquatenus apud me, non ut meam, sed ut coelorum, et sic Dei Messiae, potui, hi tandem in tali anxietate constituti, mirabiliter liberati sunt, per speciem ascensus mihi manifestam, quae nec ita describi potest{2}; postea cum iis loquutus{3}, et sunt modestissimi, ita nunc inter felices. 1747, nocte inter 27 et 28{4} Oct. st. v. Aliquoties tunc mihi ostensum est, quod misericordia paene iis adempta est, parum defuit, sic ut ad ultimum angustiae et mortis aeternae, perducti, antequam liberarentur: sed dictum mihi est, quod ii malam egerint vitam.

@1 ms. auferetur (sic!); tandem

@2 sic J.F.I. Tafel; ms. postea

@3 sic J.F.I. Tafel; ms. loquuti〔手書き原稿(手稿)は「私は話した」です、ターフェルの修正もありえます、内容は同じことだと思います〕

@4 in ms. 20 et 21 in 27 et 28 emendatum

 

(2) 直訳

Ulimti judicii imago repraesentata. 最後の審判の映像が表象された

De infelicium cruciatu, et tandem liberatione. 不幸な者の責め苦について、また最後に、解放

Contentio de misericordia 慈悲についての論争(闘争)

220.  Hac nocte, expergefactus plura mihi ostensa sunt, quae non ita describere possum, この夜、目覚めさせられ、多くのものがされたしたがって(そのように)それらをべることが私にできない

erat species cujusdam revolutionis spirituum, cum manifesta perceptione, nempe quod multi qui in coelo ultimo essent, detruderentur, et multi qui in captivitate, ascenderent. ある種類の霊たちの旋回(変化)があった、はっきりした知覚とともに、すなわち、多くの者が、その者は最外部の(最も低い)界の中にいた、押し下げられたこと、また多くの者が、その者は捕らわれの(状態の)に、上げられた。

Sed hoc mihi clarius percipiendum dabatur, quod infelices qui in dura captivitate diu fuerunt, per plures vices in somnio contenderent cum iis qui in libertate, in ultimo coelo, et quidem quod iis adimere vellent misericordiam, ita omnem spem salutis, quae contentio die persistebat, dum evigilavi; しかし、このことを私にさらに明らかに知覚することが与えられた、不幸な者たちが、その者は長い間、きびしい捕らわれの(状態の)にいた、多くの機会によって夢の中で、彼らと争った、その者は自由の中に〔いた〕、(最も低い)界の中で、そのうえ、彼らに(から)慈悲を取り去ることを欲した、そのように救いのすべての希望を、その闘争は長い間、続いた、私が目覚めた時☆。

ここは「〜時まで」と「まで」を補うか、句読点の位置を変えるのがよいでしょう。

valde conquesti sunt, cum multa anxietate, et quidem repetitis vicibus, quod iis vellent auferre misericordiam, et quod ita actum prorsus cum iis foret, fuerunt enim in gravi poena, sic ut nihil potius vellent, quam vitam prorsus amittere, 大いに不平を言った、多くの不安とともに、そのうえ、繰り返して言う機会で、彼らに慈悲が取り去られることを欲したこと、このように彼らにことはまったく終わっている〔万事休す〕ことを、というのは、重い刑罰の中にいたからである、そのようにむしろ何も欲しない、いのちを完全に失うこと以外に。

unica spes iis a Deo Messia oblata erat, quod cogitare possent, adhuc misericordiam esse, 唯一の希望が彼らに(を)メシアからうれしがらせた、考えることができること、依然として慈悲があること、

quam cum auferre vellent impii in libertate constituti, geminata est eorum anxietas, sic ut in desperationem laberentur; それを、不信心な者が取り去ることを欲したとき、定められた自由の中で、彼らの不安は倍加された、そのように絶望の中にすべり落された。

quod ipsam contentionem attinet, quomodo de misericordia contentio facta sit, non ita aequum est describere, nam spirituum repraesentationes tales non facile describi possunt; 闘争そのものについては、どのように慈悲についての闘争が行なわれたか、そのように平易(単純)ではない、述べることは、なぜなら、霊たちのこのような表象するものは容易に述べられることができないから。

quum itaque amarissime questi sunt de injuria ista, quod unicum solatium, quod esset misericordia, iis auferretur, tandem{1} affulsit iis spes, quod non amitterent misericordiam, quod iis promissum erat, そこで、その危害について極めていたく(最大に苦く)不平を言ったとき、それは唯一の慰め、慈悲である、彼らから取り去られること、最後に、彼らに希望が照らした、慈悲が失われないこと、それが彼らに約束されていた、

percipere etiam misericordiae motionem aliquatenus apud me, non ut meam, sed ut coelorum, et sic Dei Messiae, potui, 慈悲の感情もまた、数回、私のもとで知覚することが、私のもののようにでなく、しかし、天界のもののように、またこのように神メシアのもの、私はできた。

hi tandem in tali anxietate constituti, mirabiliter liberati sunt, per speciem ascensus mihi manifestam, quae nec ita describi potest{2}; このような不安の中に定められたこれらの者は、最後に、不思議に解放された、上昇の種類によって私に明らかにされた、それらもまたそのように述べられることができない。

postea cum iis loquutus{3}, et sunt modestissimi, ita nunc inter felices. その後、彼らに話された(注参照)、また彼らは極めて謙虚である、そのように今は幸福なものの間に〔いる〕。

1747, nocte inter 27 et 28{4} Oct. st. v. 1747102728日の間の夜に、旧暦。

Aliquoties tunc mihi ostensum est, quod misericordia paene iis adempta est, parum defuit, sic ut ad ultimum angustiae et mortis aeternae, perducti, antequam liberarentur: 数回、その時、私に示された、慈悲が彼らにほとんど得られない(adipiscor)こと、ほとんど欠けていなかった、そのように苦しみの最後のものと永遠の死へ導かれる者に、解放される前に。

sed dictum mihi est, quod ii malam egerint vitam. しかし、私に言われた、彼らが悪い生活を送っていたこと。

 

(3) 訳文

最後審判映像表象された

不幸苦、また最後、〔彼らの〕解放について

慈悲についての闘争

 

220.  この夜、目覚めさせられた、多くのものがされたそのように〔多くてにそれらをべることができないはっきりした知覚とともにあるたちの変化があったすなわちにいたくのげられ、捕らわれのにいたくのげられたことであるしかしこのことをさらにらかに知覚することがえられた、長間、きびしいらわれの中にいた不幸たちが、多くの機会によって()、自由にいたったそのうえ、彼らから慈悲そのようにいのすべての希望ることをしたその闘争、私目覚めた時まで長間、続いた。〔彼らは〕、多くの不安とともにそのうえ、繰して機会いに不平った、彼らに慈悲られることをしたことこのようにらにことはまったくわっていることをというのはいのちを完全うこと以外しないような刑罰にいたからであるメシアから依然として慈悲があるとえてることができて、唯一希望があることがうれしがらせたそれを、不信心められた自由ることをしたとき、彼らの不安倍加されそのように絶望にすべりされた。闘争そのものについてはどのように慈悲についての闘争なわれたかべることはそれほど平易(単純)ではないなぜなら、霊たちのこのような表象するものは容易べられることができないからそこで、その危害について、それは唯一の慰め、慈悲である、彼らから取り去られることである、極めて苦く不平を言ったとき、最後に、彼らに約束されていた慈悲が失われないことの希望が彼らに照らされ、慈悲の感情もまた、数回、私のもののようにでなく、しかし、天界のもののように、またこのように神メシアのものでなく、私のもとで知覚することができた。このような不安に定められたこれらの者は、最後に、ある種の上昇によって不思議な方法で解放されたことが私に明らかにされた、それらもまたそのように述べられることができない。その後、彼らに私は話した(注参照)、また彼らは極めて謙虚であり、そのように今は幸福なものの間にいる。 1747102728日の間の夜、旧暦。

 数回、その時、私に、慈悲が彼らにほとんど得られないこと、そのように、苦しみの最後のものと永遠の死へ導かれる者に、解放される前にほとんど欠けていなかったことが示された。しかし、私に、彼らが悪い生活を送っていたことが言われた。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095087