RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 222

(1) 原文

Quod atmosphaerae solares 3, operentur in mente naturali,

non autem in intimiori, sed quod Deus Messias in intimiori ac intima est Sol

 

222.  Sunt quatuor sphaerae naturales, a sole oriundae, atmosphaera cognita est, quod efficiat auditum; purior atmosphaera ab aerea separata est quae producit visum, seu visualia, per reflexiones mirabiles{1} omnium objectorum; quousque haec atmosphaera in mentem naturalem penetrat, num etiam ideas materiales, ut vocantur, seu phantasias et imaginationes sistat, nondum ita constare potest, verosimile{a} apparet ex pluribus; haec prima tunc erit atmosphaera, quae regnat in mente naturali, altera atmosphaera adhuc purior, aether{2}, est ea, quae producit vires magnetum{3}, quae regnant non solum circa magnetem in speciali, sed etiam circum totum orbem, sed quousque non opus est describere, producit ibi totius globi terraquei situm juxta polos mundi, et plura quae circa elevationes et inclinationes magneticas orbi nota sunt, haec in mente naturali videtur producere ratiocinia, quibus usque spirituale esse debet, ut vivant, sicut visui et cuicunque sensui, ut percipiant. Purissima sphaera aetherea, est universalis illa in mundo universo, quae sistitur circa ratiocinationes ejusdem mentis, inde mens ista vocatur mens naturalis, et ejus operationes interiores dum perversae sunt, ratiocinationes, dum secundum ordinem, simpliciter ratio, et est species cogitationum, ob spiritualem influxum: hae sphaerae sunt solis, et dici possunt solares, et sic naturales. Quod autem mentem intimiorem attinet, in ea nihil tale est, seu naturale, sed est spirituale, in intima mente est coeleste, quae a Solo Deo Messia producuntur, suntque vivae, sique sphaerae dicendae, spirituales et coelestes, dicendae: de his cum angelo mecum hoc mane loquente sermocinati sumus, et sic confirmatus. 1747, die 27{4} Oct. st. v.

@1 huic ultimae voci paginae subscriptum apparet verte retrom〔このページの最後の言葉(mirabilis)の下に verte retrom 「後ろに返して」と書かれているのが見える〕(「驚くべき(反射作用)」に付けたして書くつもりだったのでしょうか?」

@2 ms. purior aether〔コンマがない〕

@3 sic J.F.I. Tafel; ms. magnatum

@4 in ms. 20 in 27 emendatum

@a = verisimileveri simile と二語と見なすのがよい、なのかどうか、よくわからない注釈です、それなら「真理に似て」となり、「ありそうだ」という意味になります〕

 

(2) 直訳

Quod atmosphaerae solares 3, operentur in mente naturali, non autem in intimiori, sed quod Deus Messias in intimiori ac intima est Sol 太陽つの大気、自然的きかけるけれどもさらに内的〔心きかけないしかし、神メシアはさらに内的なそして最内部〔心中で太陽であること

222.  Sunt quatuor sphaerae naturales, a sole oriundae, atmosphaera cognita est, quod efficiat auditum; 四つの自然的なスフェアがある、太陽から生まれる、大気が知られている、それは聴覚をひき起こす。

purior atmosphaera ab aerea separata est quae producit visum, seu visualia, per reflexiones mirabiles{1} omnium objectorum; 空気から分離したさらに純粋な大気は、視覚を生み出す、すなわち視覚のものを、すべての対象の驚くべき反射作用によって。

quousque haec atmosphaera in mentem naturalem penetrat, num etiam ideas materiales, ut vocantur, seu phantasias et imaginationes sistat, nondum ita constare potest, verosimile{a} apparet ex pluribus; どこまでこの大気が自然的な心の中に浸透する(達する)か。なおまた物質的な観念を、〜のように(として)呼ばれる、すなわち、幻想や想像を示すかどうか、まだそのように明らかにすることができない、多くのものからもっともらしく(ありそうに)える。

haec prima tunc erit atmosphaera, quae regnat in mente naturali, この最初のものは、その時、大気となる、それは自然的な心の中で支配する。

altera atmosphaera adhuc purior, aether{2}, est ea, quae producit vires magnetum{3}, quae regnant non solum circa magnetem in speciali, sed etiam circum totum orbem, sed quousque non opus est describere, 別の(第二の)気は、さおさらさらに純粋な、エーテルは、それである、それは磁気の力を生み出す、それは特定のものの中の磁石のまわりだけでなく、しかし、全地球のまわりを支配する、どこまでか述べる必要はない、

producit ibi totius globi terraquei situm juxta polos mundi, et plura quae circa elevationes et inclinationes magneticas orbi nota sunt, そこに、水陸から成る全地球に位置を生み出している、世界の極にしたがって、また多くのものを、それらは磁石の仰角と伏角について、世界で知られている。

haec in mente naturali videtur producere ratiocinia, quibus usque spirituale esse debet, ut vivant, sicut visui et cuicunque sensui, ut percipiant. これらが自然的な心の中で推論の誤用を生み出していることが見られる、それら〔推論〕で、それでも霊的なものが存在しなくてはならない、生きるために、視覚やそれぞれの感覚のように、知覚するために。

Purissima sphaera aetherea, est universalis illa in mundo universo, quae sistitur circa ratiocinationes ejusdem mentis, 最も純粋なエーテルのスフェアは、普遍的なものである、それは全世界の中に〔ある〕、それは同じ心の(誤まった)推論のまわりにひき起こされる(示される)

inde mens ista vocatur mens naturalis, et ejus operationes interiores dum perversae sunt, ratiocinationes, dum secundum ordinem, simpliciter ratio, et est species cogitationum, ob spiritualem influxum: ここからその心は自然的な心と呼ばれる、またその内的な働きは、ゆがめられている時、(誤まった)推論〔と呼ばれ〕、秩序にしたがっている時、単純に理性、思考の種類である、霊的な流入のための。

hae sphaerae sunt solis, et dici possunt solares, et sic naturales. これらのスフェアは太陽のものである、また太陽のもの、またこのように自然のものと言われることができる。

Quod autem mentem intimiorem attinet, in ea nihil tale est, seu naturale, sed est spirituale, in intima mente est coeleste, quae a Solo Deo Messia producuntur, suntque vivae, sique sphaerae dicendae, spirituales et coelestes, dicendae: けれども、さらに内的な心については、その中にそのようなものは何もない、すなわち、自然的なもの、しかし、霊的なものがある、心の最内部の中に天的なものがある、それは神メシアだけから生み出される、そして生きたものである、そしてもし、スフェアと呼ばれるなら、霊的なものと天的なもの、と呼ばれなければならない――

de his cum angelo mecum hoc mane loquente sermocinati sumus, et sic confirmatus. これらについて天使と私と、この朝、話して、私たちは話し合った、またこのように確信した。

1747, die 27{4} Oct. st. v. 17471027日に、旧暦。

 

(3) 訳文

太陽つの大気、自然的きかけるけれどもさらに内的きかけないしかし、神メシアはさらに内的なそして最内部太陽である

 

222.  太陽からまれるつの自然的なスフェアがある。聴覚をひきこす大気られている。空気から分離したさらに純粋大気、視覚すなわちすべての対象くべき反射作用によって視覚のものをどこまでこの大気自然的浸透するかなおまた物質的な観念呼ばれるもの、すなわち、幻想や想像を示すかどうか、多くのものからありそうに見えるように、まだそのように明らかにすることができない。この最初のものは、その時、大気となり、それは自然的な心の中で支配する。

 第二の大気は、さらに純粋なエーテルであり、それは磁気の力を生み出し、それは特定のものの中の磁石のまわりだけでなく、全地球のまわりを支配する、どこまでか述べる必要はなく、そこに、水陸から成る全地球に、世界の極にしたがって位置を、また磁石の仰角と伏角について多くのものを生み出しており、世界で知られている。これらが自然的な心の中で推論(の誤用)を生み出していることが見られる、それら〔推論〕で生きるために、それでも、視覚やそれぞれの感覚のように、知覚するために霊的なものが存在しなくてはならない。

 最も純粋なエーテルのスフェアは、普遍的なものであり、それは全世界の中にあり、それは同じ心の(誤まった)推論のまわりにひき起こされる。ここからその心は自然的な心と呼ばれ、またその内的な働きは、ゆがめられている時、(誤まった)推論〔と呼ばれ〕、秩序にしたがっている時、単純に理性〔と呼ばれ〕、霊的な流入のための一種の思考である。これらのスフェアは太陽のものであり、また太陽のものこのように自然のものと言われることができる。

 けれども、さらに内的な心については、その中にそのようなもの、すなわち、自然的なものは何もない、しかし、霊的なものがあり、心の最内部の中に神メシアだけから生み出され、そして生きたものである天的なものがあり、そしてもし、スフェアと呼ばれるなら、霊的なものと天的なもの〔のスフェア〕と呼ばれなければならない――これらについてこの朝、私たちは話し合った、私と話した天使は、また私はこのよう〔であることを〕確信した。17471027日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095089