RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 225

(1) 原文

Quod pessimi genii, seu furiae, inclusi sunt inferno, et inde nequeant exsolvi, nisi periret genus humanum

 

225.  Nusquam aliquis concipere potest, quam damnosa turba ea sit, quae in inferno tenetur vincta, quorum aliqui parum soluti sunt, ita me infestarunt, et tam dolosissime et tam acute, ut nusquam id potuissem credere, quod talia venena usquam dari potuissent; quare turba ea tenetur ita vincta ut nequaquam possint hiscere minus infestare hominem, nisi pessimum, de quo non amplius aliqua spes, et quum aliquis odio percitus internecino facinora patrat, nisi haec turba infernalis, teneretur in vinculis et quasi catenis a Deo Messia, periret humanum genus, sed tantum relaxatur iis vinculum, quantum permittitur, dum homo in furias labitur; expertus etiam sum furias istas aliquoties prius, ob finem id permissum, ut id possem narrare; cum haec scripsissem, furiis istis pauxillum relaxatae sunt habenae, inde spiritus ii in ultimo seu naturali coelo ita consternati sunt, ut terrorem manifeste proderent, et sic ad supplicationes ad Deum Messiam fugere cupiebant, inde quam horrenda facies foret eorum qui naturales spiritus sunt, et in naturali coelo circumvolitant, constare potest. 1747, die 28{1} Oct. st. v.

@1 in ms. 21 in 28 emendatum

 

(2) 直訳

Quod pessimi genii, seu furiae, inclusi sunt inferno, et inde nequeant exsolvi, nisi periret genus humanum 最悪悪鬼すなわち、鬼(怨霊)は、地獄に閉じ込められていること、またここから解放されることができない、人類が滅びないなら☆

☆「〜ないなら」を「〜ないように」と意訳したほうがよいでしょう。

225.  Nusquam aliquis concipere potest, quam damnosa turba ea sit, quae in inferno tenetur vincta, ある(だれも)して〔心に〕抱くことができないそのれがどれほど有害であるかそれらは地獄抑制(束縛)たれている

quorum aliqui parum soluti sunt, ita me infestarunt, et tam dolosissime et tam acute, ut nusquam id potuissem credere, quod talia venena usquam dari potuissent; それらのある者が、少し解放された、そのように私を悩ませた、またこれほどに極めて狡猾にまたこれほどに鋭く、それを信じることが決してできないように、このような毒がこれまでに(いったい)存在することができることを。

quare turba ea tenetur ita vincta ut nequaquam possint hiscere minus infestare hominem, nisi pessimum, de quo non amplius aliqua spes, それゆえ、その群れがそのような抑制(束縛)に保たれている、決してかすかに動かすことができないように、まして人間を悩ますことが、最悪の者でないなら、その者についてはもはや何らかの希望がない。

et quum aliquis odio percitus internecino facinora patrat, nisi haec turba infernalis, teneretur in vinculis et quasi catenis a Deo Messia, periret humanum genus, またある者が憎しみでかきたてられて、致命的な(殺人をひき起こす)罪行為を遂行する(犯す)とき、地獄のこの群れが、抑制(束縛)といわば神メシアによる鎖に保たれないなら、人類は滅んでしまう、

sed tantum relaxatur iis vinculum, quantum permittitur, dum homo in furias labitur; しかし、どれだけ彼らに抑制(束縛)がゆるめられるか(によって)、それだけ許される、人間が(怨霊)の〔手の〕中に陥る時。

expertus etiam sum furias istas aliquoties prius, ob finem id permissum, ut id possem narrare; さらにまた私はその(怨霊)を、数回、以前に経験により学んだ、そのことが許される目的のために、それを私が物語ることができるように。

cum haec scripsissem, furiis istis pauxillum relaxatae sunt habenae, inde spiritus ii in ultimo seu naturali coelo ita consternati sunt, ut terrorem manifeste proderent, et sic ad supplicationes ad Deum Messiam fugere cupiebant, これらを私が書いたとき、それらの(怨霊)の手綱がごく少量ゆるめられた、ここから霊たちは、彼らは最も低い、すなわち、自然的な天界に〔いる〕、そのように狼狽させられた、恐怖をはっきりと生み出すような、またこのように懇願へ向けて、逃げ去ることを神メシアへ願う、

inde quam horrenda facies foret eorum qui naturales spiritus sunt, et in naturali coelo circumvolitant, constare potest. ここから、彼らの顔がどれほど恐ろしい(身震いする)のであったか、その者は自然的な霊である、また自然的な天界を飛び回る、明らかにすることができる。

1747, die 28{1} Oct. st. v. 17471028日に、旧暦。

 

(3) 訳文

最悪悪鬼、すなわち、怨霊は、人類が滅びないように、地獄に閉じ込められ、ここから解放されることができない

 

225.  地獄束縛されているれがどれほど有害であるかだれもしてくことができないそれらのある、少解放されこのようないったい存在することができるのかそれをじることがしてできないようにもこれほどにめて狡猾にまたこれほどにそのようにませたそれゆえそのれは、人間そのについてはもはやらかの希望がない最悪でないならかすかにかすことがましてますことがしてできないようにそのようも束縛されているまたあるしみをかきたてられて殺人行為とき、地獄のこのれが束縛されないならいわばメシアによるたれないなら、人類んでしまうしかし人間怨霊の〔手の〕中に陥る時、らの束縛がゆるめられればゆるめられるほどそれだけされるさらにまたその怨霊を、以前に数回、経験により学んだ、そのことが許され、私が物語ることができるようにとの目的のためである。

 これらをいたときそれらの怨霊の手綱がごくわずかにゆるめられ、ここから最も低い、すなわち、自然的な天界にいる霊たちは、はっきりと恐怖を生み出すようにも狼狽させられ、また逃げ去ることを神メシアへ願った、ここから、自然的であり、自然的天界らのがどれほど身震いするものであったからかにすることができる17471028日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095092