RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 227

(1) 原文

De miraculis, quod nihil efficiant absque fide

 

227.  Loquutus sum cum angelo quodam, et incidebat etiam de miraculis, quod nihil usquam operentur in infidelessunt{1} sicuti ventus, qui tangit et dissipatur, nam intus nihil est, quo se referant sicuti{2} posteri Jacobi [erant] illico post agressum ab Aegypto circa mare Suph, tum etiam postea, quum transiverunt mare; spiritus quidam dicebant quod miracula essent quae vellent videre ut crederent, quibus tunc responsum ita est; fides autem intrinsecus est, et fixit radicem, in interno hominis, ea non curat miracula, contemnit ea, sed qui fidem non habent, tunc miracula nequaquam radicem aliquam efficere possunt, haec et similia melius ac plenius capiuntur, dum sermo est cum spiritibus, plenum sensum cum antecedentibus et consequentibus percipiunt, tum adjuvatur sensus per speciem repraesentationis ac imaginationis, quae est species loquelae angelicae. 1747, die 23{3} Oct. st. v.

@1 ms. infideles, sunt

@2 ms. referant, sicuti

@3 nisi dies 22 in 29, 23 in 30 mutandi conformiter emendationibus in paragraphis 220-26, 228 finem

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

(2) 直訳

De miraculis, quod nihil efficiant absque fide 奇跡について、信仰なしに何も効力がないこと

227.  Loquutus sum cum angelo quodam, et incidebat etiam de miraculis, quod nihil usquam operentur in infideles− 私はある天使と話した、また奇跡についても取り上げられた(非人称)、不信心な者の中でどんな場合でも何も働かないこと――

sunt{1} sicuti ventus, qui tangit et dissipatur, nam intus nihil est, quo se referant sicuti{2} posteri Jacobi [erant] illico post agressum ab Aegypto circa mare Suph, tum etiam postea, quum transiverunt mare; 風のよう(sicuti = sicut)である、それは触れるまた散らされる、なぜなら、内部に何もないからである、それに〔彼ら自身が〕関係する、ヤコブの子孫が〔そうだった〕エジプトから出た☆後、直ちに、スフの海のまわりで(=あたりで)、なおまたさらにまたその後、海を渡ったとき。

agressum がわかりません。二つの英訳には「出た」とあります。

spiritus quidam dicebant quod miracula essent quae vellent videre ut crederent, quibus tunc responsum ita est; ある霊たちは言った、奇跡であったこと、それを彼らは信じるために見ることを欲する、それらに、その時、そのようなものである、と答えられた。

fides autem intrinsecus est, et fixit radicem, in interno hominis, けれども、信仰は内部のものである、また根を定めている(根づいている figo、人間の内なるものの中に、

ea non curat miracula, contemnit ea, それは奇跡を気にしない(関与しない)、それを見くだす(さげすむ)

sed qui fidem non habent, tunc miracula nequaquam radicem aliquam efficere possunt, haec et similia melius ac plenius capiuntur, dum sermo est cum spiritibus, しかし、信仰を持っていない者は、その時、奇跡は決して何らかの根を生ずることができない、これらまた同様のものがさらによくそして十分に把握される、霊たちと会話がある時。

plenum sensum cum antecedentibus et consequentibus percipiunt, tum adjuvatur sensus per speciem repraesentationis ac imaginationis, quae est species loquelae angelicae. 十分な(完全な)意味を、先立つものと成り行き(結果)とともに彼らは知覚した、なおまた、意味は助けられる、表象と想像の種類のものによって、それらは天使の話し方の種類のものである。

1747, die 23{3} Oct. st. v. 17471023日に、旧暦。

 

(3) 訳文

奇跡について、信仰なしに〔奇跡〕何効力がない

 

227.  はある天使、奇跡についてもげられたどんな場合でも不信心者には何かないことである――それは、散らされるのようであるなぜなら、内部もないからであるヤコブの子孫がエジプトから後、スフののあたりでなおまたその後、海ったときそのようであったあるたちは、「奇跡は、それをじるためにることをするものであるったその時、「そのようなものであるけれども、信仰内部のものであり、人間なるもののづいているそれは奇跡に関わらないし、見くだす。しかし、信仰を持っていない者は、その時、奇跡は決して何らかの根を張ることができない」とえられたこれらや同様のものが、霊たちと会話される時、さらによくそして十分に把握される。

先立つものと結果とともに〔奇跡の〕意味を、彼らは十分に知覚した、なおまた、その意味は、天使のある種の話し方である表象と想像によって助けられる。17471023日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:43
comments(1), trackbacks(0), pookmark
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2019/11/22 9:13 AM









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095094