RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 228

(1) 原文

De statu damnatorum in inferno

 

228.  Nocte inter 22 et 23{1} Oct. st. v. 1747: somnium habui, e quo passim expergefactus, nam spiritus maIi passim me infestabant, adeo ut non possem continuare somnum; post aliquot vices expergefactionis tandem dum prorsus vigil essem, commovebar{2} per totum corpus, et percipiebam manifeste{3}, quod quasi quaedam columna me circumdabat, sensu eam percipere potui, exspectabam quid inde eveniret, arbitrabar quod sic defenderer a malis spiritibus, columna ista sensibilis augebatur, continue cum perceptionis sensu, insinuabatur cogitationi, quod haec esset "murus aheneus," ut vocatur [Jer. I: 18, XV: 20], quo defenduntur fideles ab infestatione malorum spirituum; dum itaque persisteret haec columna seu murus circum me, qui non potuit non esse angelicus, inter quos Deus Messias, Qui est "Murus Aheneus," tunc animadvertebam causam, nempe quod demitterer ad infelices in inferno, ut perciperem statum eorum, et sic nuntiarem orbi, cumprimis incredulo, seu non credenti, quod infernum sit, non solum quod infernum, sed etiam qualis status eorum, eum quidem non satis describere possum; audiebam lamentationes, et quidem tales, "Ah Deus, ah Deus, Jesus Christus misereatur, Jesus Christus misereatur!" et hoc diu, ad quae primum attendebam mentem; postmodum quum in inferno esse{4}, et quidem corpore, quali hodie sum, permittebatur cuidam, a miseris illis, ut mecum loqueretur, quod fiebat etiam per diutinum satis tempus, sed ea non narrare possumhoc{5} modo nunc, quod querebantur de spiritibus liberis, seu furiis istis qui in tertio{a} coelo hospitantur{6} adhuc, quod ii sint, qui eos cruciant, eorum enim cupido est cruciare hominem, et quemcunque spiritumverbo{7} sunt cruciatus ineffabiles, sed eos licuit sublevare spe aliqua, quod non prorsus desperarentnam{8} dicebant quod crederent aeternum fore cruciatum<sublevare,>{9} dicendo [quod]{10} Deus Messias sit misericors, et in Verbo Ipsius legatur{11}, quod solvendi sint "Vincti in fovea" [Sach. IX: 11]{b}, et quod "fovea" significet infernum, quod etiam confirmatum audiebam desuper, ut aliquam consolationem haberent, quam etiam tunc sentire dicebant; quod adhuc mirabilius est, attestor vos, ut credatis, nam verum est, quod Deus Messias intima misericordia commotus ex Coelo apparuerit iis, et quidem ut mihi dictum in gloria, etiam ego potui id cernere, sed non ita manifeste ac spiritus infelices, ex quo se magnam accepisse consolationem confitebantur; nunc dicitur mihi in aurem, quod etiam angeli eos consolati sunt, et consolaturi; praeterea etiam hoc velim ut credatis, nam verum est, nam scio, quia percepi, quod plures eorum ab inferno et cruciatu sublati sunt in coelum, ubi hodie vivunt, et quod quidam{12} eorum, qui in maximo cruciatu fuit, videbatur sibi quod Deus Messias eum amplexaretur, et oscularetur; postea etiam plures ex inferno liberati, in coelum tollebantur. Nocte inter 29 et 30{13} Oct. st. v. 1747.

@1 nisi dies 22 in 29, 23 in 30 mutandi conformiter emendationibus in paragraphis 220-26, 228 finem〔この日付は変なので、日付を変える(これはしないほうがよいでしょう)か著述の順序を変えることが考えられます、うるさいので、ここではこのままとしておきます〕

@2 ms. essem; commovebar

@3 ms. maniste

@4 sic ms.; vide praefationem hujus editionis sub capite "Idiosyncrasies" 〔手記にはこのようにあるとして著者「独特」の言い方であることを意味しています〕

@5 ms. possum, hoc

@6 ms. hospitant

@7 ms. spiritum, verbo

@8 ms. desperarent, nam

@9 ms. crueiatum, sublevare,

@10 sic J.F.I. Tafel

@11 ms. legitur

@12 sic J.F.I. Tafel; ms. quidem〔ターフェルのように「ある者」と修正したほうがよいようです〕

@13 in ms. 22 et 23 in 29 et 30 emendatum

@a h.e. ultimo〔原文は「第三」ですが、明らかに最も低い天界です〕

@b cf. etiam Es. LI: 14

☆この段落は標題を含めて☆印まで交差線で抹消されています。

 

(2) 直訳

De statu damnatorum in inferno 地獄の中の断罪の状態について

228.  Nocte inter 22 et 23{1} Oct. st. v. 1747: 1747102223日の間の夜に、旧暦。

somnium habui, e quo passim expergefactus, nam spiritus maIi passim me infestabant, adeo ut non possem continuare somnum; 夢を持った、それ〔夢〕からしばしば目覚めた、なぜなら、悪い霊たちがしばしば私を悩ませたからである、これほどに、私が眠りを続けることができない。

post aliquot vices expergefactionis tandem dum prorsus vigil essem, commovebar{2} per totum corpus, et percipiebam manifeste{3}, 何度かの目覚めの後、最後に、私が完全に目覚めた時、私は全身によって揺り動かされた、またはっきりと知覚した、

quod quasi quaedam columna me circumdabat, sensu eam percipere potui, exspectabam quid inde eveniret, arbitrabar quod sic defenderer a malis spiritibus, いわばある種の柱が私を取り囲んだ、それを感覚で私に知覚することができた、私は何がここから起こるか期待した、私は思った、私がこのように悪霊から守られたこと。

columna ista sensibilis augebatur, continue cum perceptionis sensu, insinuabatur cogitationi, quod haec esset "murus aheneus," ut vocatur [Jer. I: 18, XV: 20], quo defenduntur fideles ab infestatione malorum spirituum; その柱は感覚でとらえられる(ように)増やされた、知覚の感覚とともに絶えず、思考に徐々にしみ込んだ、これが呼ばれているように〔エレミヤ書1:18,15:20〕「青銅の城壁」であった、それによって忠実な者は悪霊の攻撃(悩ませること)から守られる。

dum itaque persisteret haec columna seu murus circum me, qui non potuit non esse angelicus, inter quos Deus Messias, Qui est "Murus Aheneus," そこで、この柱または城壁が私のまわりに存在し続ける時、それは天使のものでないことができなかった、その間に神メシアが〔いた〕、それが「青銅の城壁」、

tunc animadvertebam causam, nempe quod demitterer ad infelices in inferno, ut perciperem statum eorum, et sic nuntiarem orbi, cumprimis incredulo, seu non credenti, quod infernum sit, non solum quod infernum, sed etiam qualis status eorum, eum quidem non satis describere possum; その時、私は原因を認めた(気づいた)、すなわち、私が地獄の中の不幸な者へ降ろされたこと、私が彼らの状態を知覚するために、またこのように私が世界に伝える、特に、信じない者に、すなわち、信じようとしない、地獄があること、地獄だけでなく、しかし、彼らの状態がどんなものかもまた、それを確かに十分に私は述べることができない〔にしても〕。

audiebam lamentationes, et quidem tales, "Ah Deus, ah Deus, Jesus Christus misereatur, Jesus Christus misereatur!" et hoc diu, ad quae primum attendebam mentem; 私は悲嘆を聞いた、また確かにこのような、「ああ神よ、ああ神よ、イエス・キリストよ、哀れみを示す(接続=哀れんでください)、イエス・キリストよ、哀れんでください!」またこれを長い間、それに向けて最初に私は心を向けた(留意した)。

postmodum quum in inferno esse{4}, et quidem corpore, quali hodie sum, permittebatur cuidam, a miseris illis, ut mecum loqueretur, quod fiebat etiam per diutinum satis tempus, sed ea non narrare possum− その後、地獄の中にいること☆のとき、また確かに身体で、このように、今日、私である、ある者が許された、彼らの惨めな者からの、私と話すように、そのことがさらにまた長く続く十分な時間に起こった、しかし、それらを私は物語ることができない――

esse sum 「私がいる」でしょう、でもこのような表現をしています「注」参照。

hoc{5} modo nunc, quod querebantur de spiritibus liberis, seu furiis istis qui in tertio{a} coelo hospitantur{6} adhuc, quod ii sint, qui eos cruciant, eorum enim cupido est cruciare hominem, et quemcunque spiritum− 今は、このことだけを、彼らは自由な霊たちについて不平を言ったこと、すなわち、その怨霊(たち)、その者は最も低い☆天界に依然として住んでいる、彼らであること、その者は彼らを苦しめる、というのは、彼らの欲望は人間を、まただれでも霊を苦しめることであるからである。

原文は「第三」です。

verbo{7} sunt cruciatus ineffabiles, sed eos licuit sublevare spe aliqua, quod non prorsus desperarent― 一言で言えば、言語に絶する責め苦である、しかし、彼らを何らかの希望で励ますことが許された、まったく絶望しないこと――

nam{8} dicebant quod crederent aeternum fore cruciatum− なぜなら、彼らは言ったから、責め苦が永遠であること(不定法未来)を信じていること――

<sublevare,>{9} dicendo [quod]{10} Deus Messias sit misericors, et in Verbo Ipsius legatur{11}, quod solvendi sint "Vincti in fovea" [Sach. IX: 11]{b}, et quod "fovea" significet infernum, quod etiam confirmatum audiebam desuper, ut aliquam consolationem haberent, quam etiam tunc sentire dicebant; 〔上げること←これは省きます〕言って、神メシアは慈悲深いこと☆、また、みことばの中にその方〔について〕読まれる、「穴の中で縛られた者」〔「ゼカリヤ書」9:11〕が解放されること、また「穴」が地獄を意味すること、さらにまた私は上からの確証を聞いたこと、彼らが何らかの慰めを持つように、それもまたその時、感じることを言った。

ターフェルは「こと」を補っています(「注)参照)。

quod adhuc mirabilius est, attestor vos, ut credatis, nam verum est, quod Deus Messias intima misericordia commotus ex Coelo apparuerit iis, et quidem ut mihi dictum in gloria, さらに驚くべきことを、私はあなたがたを証人とする、あなたがたが信じるように、なぜなら、真理(真実)であるからである、最内部の慈悲に揺り動かされた神メシアは天界から彼らに現われたこと、なおまた、私に言われたように、栄光の中に、

etiam ego potui id cernere, sed non ita manifeste ac spiritus infelices, ex quo se magnam accepisse consolationem confitebantur; 私もまたそのことを気づくことができた、しかし、そのようにはっきりとでなくそして不幸な霊たちは〔気づいた〕、そのことから彼らは自分自身に大きな慰めを受け取ったことを言明した。

nunc dicitur mihi in aurem, quod etiam angeli eos consolati sunt, et consolaturi; 今、私に耳の中に言われた、天使たちもまた彼らを慰めたこと、また慰める(ことになる)。

praeterea etiam hoc velim ut credatis, nam verum est, nam scio, quia percepi, quod plures eorum ab inferno et cruciatu sublati sunt in coelum, ubi hodie vivunt, et quod quidam{12} eorum, qui in maximo cruciatu fuit, videbatur sibi quod Deus Messias eum amplexaretur, et oscularetur; さらに、なおまた私はこのことをあなたがたが信じるように欲する、なぜなら、真理(真実)であるからである、なぜなら、私は知っているからである、知覚したので、彼らの多くの者が地獄と責め苦から天界の中に上げられたこと、そこで今日、生活している、また彼らのある者が、その者は最大の責め苦の中にいた、自分たちに見られた、神メシアが彼を抱擁した、またキスしたこと。

postea etiam plures ex inferno liberati, in coelum tollebantur. その後、多くの者もまた地獄から解放されて、天界の中に上げられた。

Nocte inter 29 et 30{13} Oct. st. v. 1747. 1747102930日の間の夜に、旧暦。

 

(3) 訳文

地獄断罪状態について

 

228.  1747102223夜☆、旧暦。夢があったそのからしばしば目覚めたなぜなら、悪たちがしばしばりをけることができないほどにませたからである。何度かの目覚めの後、最後、私完全目覚めた時、私全身かされはっきりと知覚したいわばあるそのことを感覚知覚することができた、私はここからこるか期待、、私がこのように悪霊からられたとったその柱は感覚で捕えられるように増やされ、知覚の感覚とともに絶えず思考に徐々にしみ込んだ、これが呼ばれているように「青銅の城壁」であった〔「エレミヤ書」1:18,15:20〕、それによって忠実な者は悪霊の攻撃から守られる。そこで、この柱または城壁が私のまわりに存在し続ける時、それは天使のものでしかなかったが、その「青銅の城壁」の間に神メシアが〔おられた〕。その時、私は原因に気づいた、すなわち、私が地獄の中の不幸な者へ、彼らの状態を知覚するために降ろされ、またこのように私が世界に、特に、信じない、または、信じようとしない者に、地獄があること、地獄だけでなく、しかし、彼らの状態がどんなものかもまた、それを確かに十分に私は述べることができない〔にしても〕伝えることである。

 私は悲嘆を、また確かにこのような、「ああ神よ、ああ神よ、イエス・キリストよ、哀れんでください、イエス・キリストよ、哀れんでください!」を、これを長い間、聞いた、それに向けて最初に私は心を向けた。その後、地獄に、また確かに今日、私が身体でこのようにいるとき、惨めな者からのある者が、私と話すことが許され、そのことがさらにまた長く続く十分な時間に起こった、しかし、それらを私は語ることができない――今は、このことだけを〔述べる〕、彼らは、自由な霊たち、すなわち、最も低い天界に依然として住み、彼らが自分たちを苦しめる怨霊について不平を言ったことである、というのは、彼らの欲望は人間を、まただれでも霊を苦しめることであるからである。一言で言えば、言語に絶する責め苦である、しかし、彼らをまったく絶望しない何らかの希望で励ますことが許された――なぜなら、彼らは、責め苦が永遠である、と信じていると言ったからである――私は、神メシアは慈悲深いこと、また、みことばの中にその方〔について〕読まれる「穴の中で縛られた者」〔「ゼカリヤ書」9:11〕が解放されること、また「穴」が地獄を意味すること、さらにまた、彼らが何らかの慰めを持つように上からの確証を聞いたこと、それもまたその時、感じることを言った。あなたがたが信じるように、さらに驚くべきことを、私はあなたがたを証人とする、なぜなら、真実であるからである、最内部の慈悲に揺り動かされた神メシアは天界から彼らに現われた、私にも言われたように、栄光の中に現われたことである。私もまたそのことを気づくことができた、しかし、そのようにはっきりとでなく、そして不幸な霊たちは〔気づいた〕、そのことから彼らは自分自身に大きな慰めを受け取ったことを言明した。今、私に耳の中に、天使たちもまた彼らを慰めた、また慰めることが言われた。さらに、私もまたこのことをあなたがたが信じることを欲する、なぜなら、真実であるからである、なぜなら、私は知覚したので知っているからである、彼らの多くの者が地獄と責め苦から天界に上げられ、そこで今日、生活していること、また最大の責め苦の中にいた彼らのある者が、神メシアが彼を抱擁し、キスしたことが自分たちに見られた、その後、多くの者もまた地獄から解放されて、天界に上げられたことである。1747102930日の間の夜、旧暦。

 

この日付は変ですがこのままとします。

 

◎前回「agressum がわかりません」としましたが、これは egressum です、egredeor であり、「出て行く」の意味となります。読者からご教示がありました、ありがとうございます。

author:yasubee, category:霊界体験記, 01:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095095