RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 230

(1) 原文

De statu animarum meretricium{a}

 

230.  Nocte inter 23 et 24{1} Oct. admissae sunt, ad me, seu admissus sum in sphaeras constantes ex iis, quae{2} nullius fidei studiosae, vitam solutam, et meretriciam in mundo vixerunt, constabant, ut percipere potui, ex talibus, quae vagantur, nec nisi quam vitam agunt meretricationis, absque ut curent conjugia legitima, ita quid internus homo, et quid fides parum vel nihil curant, unde sequitur, quod inde parum potuit afficere earum indolem, erant tales sphaerae, ut ita dicam, seu societates in genera ac in species distinctae; cum quibusdam earum loqui mihi dabatur, ut scire possem qualem vitam post mortem vivant, vita earum erat sicut insana, nullius rationis minus intellectus, mirabar num etiam insanae darentur post alteram vitam{b}, sed dictum est quod animae talium essent, quid pulchri et quid modesti nescientesi{3}, tales etiam pervertunt omnia, quae ad verum amorem conjugialem pertinent, cumprimis ad eum flectendum in licentias; talium numerus est permagnus, vitam eae infelicem agunt, nam quid jucunditas, qualis in altera vita, non amplius sciunt. 1747, nocte inter 23 x 24{4} Oct. st. v.

@1 nisi dies 23 in 30, 24 in 31 murandi conformiter emendationibus in paragraphis 220-26

@2 sic J.F.I. Tafel; ms. qui

@3 vide praefationem hujus editionis sub capite "Idiosyncrasies"

@4 vide annotationem 1

@a = meretricum

@b intellexerim post hanc vitam vel in altera vita〔私は「この生活(いのち)の後」あるいは「来世の中に」と理解した〕

 

(2) 直訳

De statu animarum meretricium{a} 娼婦の霊魂の状態について

230.  Nocte inter 23 et 24{1} Oct. admissae sunt, ad me, seu admissus sum in sphaeras constantes ex iis, quae{2} nullius fidei studiosae, vitam solutam, et meretriciam in mundo vixerunt, 102324日☆(入るのを)された、私すなわち、私彼女たちから構成されるスフェアのるのをされた、彼女たちは信仰のものに何も身を入れない(専心しない)、世の中で自堕落な(放埓な)た娼婦の生活を生きた、

ここは(英訳書では)付の2324を「3031」と変えています。227228の「注」参照。(うるさいのでこのままとします、すなわち、日付がいつであっても、また著述の順序が入れ替わることがあっても、内容の把握に影響がないと思うからです)

constabant, ut percipere potui, ex talibus, quae vagantur, nec nisi quam vitam agunt meretricationis, absque ut curent conjugia legitima, ita quid internus homo, et quid fides parum vel nihil curant, unde sequitur, quod inde parum potuit afficere earum indolem, 〔その生活は〕成っていた、私が知覚することができたように、このようなものから、彼女たちは歩きまわる(さまよう)、売春の生活を送る以外でないならない、適法の結婚を気にかけるために〔そのために何も〕なしに、そのように何が内なる人か、また何が信仰か、少しもあるいは何も気にかけない、ここからいえる、ここから彼女の(生来の)性質に少しも(ほとんど)働きかけることができなかったこと、

erant tales sphaerae, ut ita dicam, seu societates in genera ac in species distinctae; このようなスフェアであったそのように私が言うように、すなわち、社会は属の中にそして種の中に分かれていた。

cum quibusdam earum loqui mihi dabatur, ut scire possem qualem vitam post mortem vivant, 彼女たちのある話すことが私に与えられた、どのような生活を死後に生きるか私が知ることができるために。

vita earum erat sicut insana, nullius rationis minus intellectus, 彼女たちの生活っているかのようである、理性もなくまして理解力の〔何もなく〕、

mirabar num etiam insanae darentur post alteram vitam{b}, sed dictum est quod animae talium essent, quid pulchri et quid modesti nescientesi{3}, 私いた(しんだ)、来世の後に☆もまた気の狂った女たちが存在するのか、しかし言われた、このような霊魂があったこと、何が美かまた何が慎み深さか知らないで。

書き損じと思えます、「注」参照、「来世に」でよいでしょう。

tales etiam pervertunt omnia, quae ad verum amorem conjugialem pertinent, cumprimis ad eum flectendum in licentias; このようなもまたすべてのものをゆがめるそれらは結婚愛するにそれを放縦へ曲げて。

talium numerus est permagnus, vitam eae infelicem agunt, nam quid jucunditas, qualis in altera vita, non amplius sciunt. このような非常きい、彼女たちは不幸な生活を送っている、なぜなら、快さを、来世の中にあるような、もはや知らないからである。

1747, nocte inter 23 x 24{4} Oct. st. v. 17471023 x 24日の間の夜に、旧暦。

 

(3) 訳文

娼婦霊魂状態について

 

230.  102324夜、私入るのがされたすなわち、私、世で何も信仰に身を入れず、自堕落なた娼婦の生活を送った女たちから構成されるスフェアのるのをされた。〔その生活は〕私が知覚することができたように、このようなものから成っていた、彼女たちは歩きまわり、売春の生活しか送らない、適法の結婚を気にかけることは何もなく、そのように何が内なる人か、また何が信仰か、少しもあるいは何も気にかけない。ここから、彼女の性質に少しも働きかけることができなかったがこといえる。このようなスフェアであったそのように私は言うようが、すなわち、社会は属にそして種に分かれていた。

 彼女たちのある話すことが私に与えられた、死後にどのような生活を生きるか私が知ることができるためにである。彼女たちの生活、理性まして理解力の何もない気っているかのようなものである。私、来世にも気の狂った女たちが存在するのかしんだ、しかし、何が美かまた何が慎み深さか知らないこのような霊魂があることが言われた。このような者は、真結婚愛するすべてのものもまたゆがめる、特にそれを放縦へ曲げて。このような非常、彼女たちは不幸な生活を送っている、なぜなら、来世にあるような快さを、もはや知らないからである。17471023 x 24日の間の夜、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095097