RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 231

原典講読『霊界体験記』 231  (ブログ掲載20191124)

 

Quod ex tristitiis et insaniis jucunditates intelligentiae in altera vita

 

231.  Mirabile mihi visum in imaginatione, postquam eas licuit observare [230], nempe quod dolerem, tales dari in altera vita, quas nullius usus fore arbitrabar, sed erat repraesentatio mirabilis per moram aliqualis temporis, quomodo insania varie permixta mentem usque leniter et dulce afficeret, quod ut perciperetur eo melius, erat etiam intellectuale, seu quasi intellectualis oculus qui observabat, et autumabat id ut mere insanum, sed per mirabilem convolutionem ut ita dicam, repraesentabatur usque aliquid simile laciniae, quod nempe in aliquid speciose pulchrum converti potuisset, sed oculus iste intellectualis impediebat, quin inde voluptate quadam afficerer{1}, de quo etiam conquestus, et erat quidem qui aspectabat ea cum indignatione, quod tatibus quasi insaniis ita contextis quasi afficerer, et percipiebam, quod, si intellectuale id non affuisset, quod admodum affici potuerim{2}, et quidem nova jucunditate, quam prius non ita expertus; cum itaque amplius intenderim, quid ex infelicibus istis animabus quasi insaniis fieret in altera vita, et cui usui essent sibi ac aliis, quia nihil usque a Deo Messia permittitur, absque fine usus in Ipsius Regno, <et> tandem percepi, quod ex similium influxu potuissent similes jucunditates effici, quae influant in innocentias, et eas mirabili modo afficiant, et quidem per Divinam omnipotentiam, ut disponantur in mirabiles tales quasi nexus rerum, ut jucunditates inde contexi queant, et mentes beatas cumprimis infantias, et sic innocentias afficere; ita ex insaniis etiam quae tristissimae sunt, et summe injucundae, laetitiae et jucunditates, disponente Deo Messia, deduci et quasi egerminare possunt, quasi ex pulvere humi, seges et sementis laeta; persentiscere mihi etiam dabatur species laetitiae, ab angelis Dei Messiae, quod talia in se infelicitates et injucunditates etiam essent utilitati, cum spe, quod earum illae, quae illuminantur in iis quae sunt fidei in Deum Messiam, etiam jucunditates aliunde, et quasi compositas ex oppositis seu intellectuatibus ocellis potuissent percipere. 1747, die 29{3} Oct. st. v. mane.

 

(m)Haec aliquanatum descripta sunt ita, ut aliquantum repraesentativum spirituum angelorum{4} percipi queat(n)

 

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. afficere

@2 in ms. potui erronee in potuierim emendatum〔手稿の potui が不正確に potuierim に訂正されている〕

@3 in ms. post inter 23 sequitur die 25 in die 29 emendatum

@4 J.F.I. Tafel spiritu et corpore; A. W. Acton spiri[tu]alium et coelestium

 

(2) 直訳

Quod ex tristitiis et insaniis jucunditates intelligentiae in altera vita 惨めなったから、知性の快さが〔ある〕こと、来世の中で

231.  Mirabile mihi visum in imaginatione, postquam eas licuit observare [230], nempe quod dolerem, tales dari in altera vita, quas nullius usus fore arbitrabar, 驚くべきことが私に想像の中で見られた、彼女たちを観察することが許された後に〔230〕、すなわち、私が悲しんだこと、このような者が来世の中に存在すること、それ(vita)を何も役立ちがない、と私が思った。

sed erat repraesentatio mirabilis per moram aliqualis temporis, quomodo insania varie permixta mentem usque leniter et dulce afficeret, しかし、驚くべき表象があった、時間らかの経過()によってどのようにいろいろに混合された狂気、心それでも優しくまた快く働きかけるか、

quod ut perciperetur eo melius, erat etiam intellectuale, seu quasi intellectualis oculus qui observabat, et autumabat id ut mere insanum, そのことがよく知覚されるために、知的なものもあった、すなわち、いわば知的な目、それが観察した、また推量した、それが単なる狂気であるように、

sed per mirabilem convolutionem ut ita dicam, repraesentabatur usque aliquid simile laciniae, しかし、驚くべきかれたもの(ねじったもの)よって、そのように私が言うように、それでも何らかのレース(透かし模様の織り物)似たものが表象された、

quod nempe in aliquid speciose pulchrum converti potuisset, すなわち、外見上では何らかの美しいものに変えられることができた、

sed oculus iste intellectualis impediebat, quin inde voluptate quadam afficerer{1}, de quo etiam conquestus, しかし、その知的な目は妨げた、むしろここからある種の快さに私は働きかけられた、そのことについてもまた不平を言った、

et erat quidem qui aspectabat ea cum indignatione, quod tatibus quasi insaniis ita contextis quasi afficerer, またある者がいた、その者はそれらを憤りとともに眺めた、このようなもので、いわが狂気でそのように編み合わされた、いわば私が働きかけられたこと、

et percipiebam, quod, si intellectuale id non affuisset, quod admodum affici potuerim{2}, et quidem nova jucunditate, quam prius non ita expertus; また私は知覚した、〜こと、もしその知的なものがなかった(adsum)なら、大いに私は働きかけられることができた、なおまた(実際に)新しい快さを、それを以前にそのように経験から学ばなかった。

cum itaque amplius intenderim, quid ex infelicibus istis animabus quasi insaniis fieret in altera vita, et cui usui essent sibi ac aliis, quia nihil usque a Deo Messia permittitur, absque fine usus in Ipsius Regno, そのとき、それで、さらに私は心を向けた(捜し求めた)、何がその不幸な霊魂から、いわば気の狂った、来世の中で生じるか、また何の役立ちが自分自身にそして他の者に、それでも神メシアにより何も許されないからである、その方の王国の中で役立ちの目的なしに、

<et> tandem percepi, quod ex similium influxu potuissent similes jucunditates effici, quae influant in innocentias, et eas mirabili modo afficiant, 最後に私は知覚した、同様の〔者の〕流入から同様の快さをひき起こされることができること、それは無垢な者に流入する、また彼らを驚くべく方法で働きかける、

et quidem per Divinam omnipotentiam, ut disponantur in mirabiles tales quasi nexus rerum, ut jucunditates inde contexi queant, et mentes beatas cumprimis infantias, et sic innocentias afficere; なおまた(実際に)神的全能によって、このような驚くべきものの中に配置されるために、いわば物事の結びつき(関連)の、ここから快さが編み合わされることができる、また祝福された心に、特に、幼児たちに、またこのように無垢なものを働きかけること。

ita ex insaniis etiam quae tristissimae sunt, et summe injucundae, laetitiae et jucunditates, disponente Deo Messia, deduci et quasi egerminare possunt, quasi ex pulvere humi, seges et sementis laeta; そのように狂気からもまた、それは最も惨めなものである、また最高度に不快なもの、喜びと快さが、神メシアの配置で、得られることまたいわば芽を出すことができる、いわば、土のちりから、穀物と種蒔きの(時の)産なもの。

persentiscere mihi etiam dabatur species laetitiae, ab angelis Dei Messiae, quod talia in se infelicitates et injucunditates etiam essent utilitati, cum spe, 深く感じることもまた私に喜びの種類から与えられた、神メシアの天使から、そのようなものが、本質的に不幸なものまた不快なものもまた役に立つものであったこと、希望とともに、

quod earum illae, quae illuminantur in iis quae sunt fidei in Deum Messiam, etiam jucunditates aliunde, et quasi compositas ex oppositis seu intellectuatibus ocellis potuissent percipere. それらの彼女たちは、彼女たちはそれらの中で照らされる、それらは神メシアへの信仰のものである、他のところからの快さ〔から〕もまた、いわば正反対のものから混成(合成)された、すなわち、知的な小さい目で知覚することができた。

1747, die 29{3} Oct. st. v. mane. 17471029日に、旧暦。朝に。

(m)Haec aliquanatum descripta sunt ita, ut aliquantum repraesentativum spirituum angelorum{4} percipi queat(n) (欄外に)これらがある程度そのように述べられた、ある程度、霊たちの(また)天使たちの表象するものが知覚されることができるために。

 

(3) 訳文

来世に、惨めなったからの知性の快さがある

 

231.  彼女たちを観察することが許された後に〔230〕、驚くべきことが私に想像の中で見られた、すなわち、私が、このような者が来世の中に存在すること、その生活に何も役立ちがないと思って悲しんだことである。しかし、何らかの経過から、どのようにいろいろに混合された狂気、心それでも優しくまた快く働きかけるか驚くべき表象があったそのことがよく知覚されるために、知的なもの、すなわち、いわば知的な目もあった、それが観察し、それが単なる狂気であるように推量した。しかし、驚くべきねじったものによって、そのように私は言うが、それでも何らかのレース(透かし模様の織り物)似たものが表象された、すなわち、外見上では何らかの美しいものに変えられることができた、〔私は〕不平を言った。また、このようなもので、いわが狂気でそのように編み合わされた、いわば私が働きかけられたことを憤りとともに眺めたある者がいた。また私は、もしその知的なものがなかったなら、大いに私は働きかけられることができ、実際新しい快さを、それを以前にそのように経験しなかったことを知覚した。それで、そのとき、さらに私は、何がその不幸な、いわば気の狂った霊魂から、来世で、また何の役立ちが自分自身にそして他の者に生じるか捜し求めた、それでも神メシアにより、その方の王国の中で役立ちの目的なしに、何も許されないからである。最後に私は、同様の〔者の〕流入から同様の快さをひき起こされることができること、それは無垢な者に流入し、彼らに驚くべく方法で働きかけ、実際に、神的全能によって、このような驚くべきもの、いわば物事の結びつき(関連)中に配置されるために、ここから快さが編み合わされることができ、また祝福された心に、特に、幼児たちに、またこのように無垢な者に働きかけることを知覚した。

そのように最も惨めなものや最高度に不快なものである狂気からもまた、喜びと快さが、神メシアの配慮で、得られること、いわば、土のちりから、穀物と種蒔きの(時の)産なものが芽を出すことができることである。深く感じることもまた私に、神メシアの天使から、ある種の喜びから与えられた、そのようなものが、本質的に不幸なものまた不快なものもまた、希望とともに、役に立つものであったことである。それらの彼女たちは、神メシアへの信仰のものから、いわば正反対のものから混成された、すなわち、知的な小さい目で知覚することができた他のところからの快さからもまた照らされる。17471029日、旧暦。朝。

(欄外)これらが、霊たちと天使たちの表象するものがいくらか知覚されることができるためにそのようにべられた

author:yasubee, category:霊界体験記, 04:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095098