RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 232

(1) 原文

Poena praestigiatorum

 

232.  Apparuit mihi, in somno, quod aliquae praestigiatrix uteretur suis praestigiis, ad auferendum verum amorem, ac sic hominem invalidum reddendum{1}; expergefactus{2} [ego] apparuit praestigiatrix, et agnita, quae poenae debitae tradita, quae poena horrenda erat, ut nusquam imaginari potuerim talem poenam dari, mihi dictum quod poena ista existeret, solum quod{a} angeli inquirerent in facinorosa; et quidem talis erat, quod ea sensim difflueret in serpentes seu angues horribiles, et in eos tota abiret, sic rejecta a faciebus. 1747, 3 Nov. st. v.

@1 ms. reddendi

@2 ms. experfactus

@a h.e. ut〔「ために」ということです〕

 

(2) 直訳

Poena praestigiatorum 女魔法使い(へ)の刑罰

232.  Apparuit mihi, in somno, quod aliquae praestigiatrix uteretur suis praestigiis, ad auferendum verum amorem, ac sic hominem invalidum reddendum{1}; 私に見られた、眠りの中で、ある女魔法使いが自分の魔法(妖術)用いたこと、真の愛を取り去(ろうとす)るために、そしてこのように人間を無力(弱さ)を〜にする(ように)

expergefactus{2} [ego] apparuit praestigiatrix, et agnita, quae poenae debitae tradita, quae poena horrenda erat, ut nusquam imaginari potuerim talem poenam dari, 〔私〕目覚めて、女魔法使いがわれたまためられた、彼女然(支払うべき)刑罰されたその刑罰ろしかったそのような刑罰存在することを私が想像することが決してできなかったような、

mihi dictum quod poena ista existeret, solum quod{a} angeli inquirerent in facinorosa; 私われたその刑罰存在したただ天使たちが無法な(犯罪的な)ものを調べる「ために」。

et quidem talis erat, quod ea sensim difflueret in serpentes seu angues horribiles, et in eos tota abiret, sic rejecta a faciebus. そのうえ(実際に)☆、このようなものであった、彼女は少しずつ恐ろしいヘビ(大きくて有毒な種類)にまたはヘビに溶解した、またそれらに〔彼女〕全体が変わった(溶解した)このように〔天使の〕顔から退けられた。

et quidem は「新たな観点を加える」意味を持ちます。

1747, 3 Nov. st. v. 1747113日、旧暦。

 

(3) 訳文

女魔法使刑罰

 

232.  私に、眠りの中で、ある女魔法使いが、真の愛を取り去、そしてこのように人間を無力にするために、自分の魔法用いたことが見られた。目覚めて、女魔法使いがわれ、彼女然の刑罰されたのがめられたその刑罰そのような刑罰存在することを私が想像することが決してできなかったようにも恐ろしかったその刑罰はただ天使たちが犯罪的なものを調べるためにだけ存在する、とわれた。実際に、このようなものであった、彼女は少しずつ恐ろしい〔大きくて有毒な〕ヘビまたはヘビに溶解し、〔彼女〕全体がそれらに変わり、このように〔天使の〕顔から退けられた。1747113日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095099