RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 237,238

(1) 原文

Quod uni cogitationi humanae myriades affectionum ac similium insint.

De Cherubis

 

237.  In tacita loquela cum coelestibus hodie eram, et mihi clare ad intellectum comprehendendum dabatur, quod in una cogitatione humana, concurrant myriadum myriades influentiae a coelis; in cogitationes, quae vanae sunt et terrestres, [influentiae] spirituum{1} seu eorum qui in tertio{a} coelo sunt concurrunt, at [in eas] quae spirituales et coelestes sunt, concurrunt{2} angelorum, sic ut per spiritus et per angelos disponat Deus Messias cogitationes humanas, cum indefinita varietate; quare cogitationes spirituales et coelestes, quae veritates fidei in se comprehendunt, afficiunt totum coelum angelicum, dum Deus Messias ita disponit.

@1 ms. terrestres spirituum

@2 sic J.F.I. Tafel; ms. concurrant

@a h.e. ultimo

 

238.  Cogitationes vanae non possunt altius surgere quam in tertium{a} coelum, nam sunt Cherubi, ita dicti, qui defendunt, et qui vertunt ea quae falsa et mala sunt in vera et bona, et tandem in innocentias, ex quibus intimum coelum consistit. 1747, d. 3 Nov. st. v.

@a h.e. ultimum〔すなわち、最も低い〕

 

(2) 直訳

Quod uni cogitationi humanae myriades affectionum ac similium insint. 人間つの思考、情愛そして同様のものの無数のものが内在すること

De Cherubis ケルビムについて

237.  In tacita loquela cum coelestibus hodie eram, et mihi clare ad intellectum comprehendendum dabatur, quod in una cogitatione humana, concurrant myriadum myriades influentiae a coelis; 今日、私は天界の者☆と音を伴わない会話の中にいた、また私に、はっきりと理解力に把握すること(動名詞)与えられた、人間の一つの思考(考え)中に、天界から一万の一万(無数)の影響(を及ぼすもの)が群がり集まっていること。

cielestis には ‥靴(空の) 天界的な E慧な の三つの意味がありますがここでは△任靴腓Α

in cogitationes, quae vanae sunt et terrestres, [influentiae] spirituum{1} seu eorum qui in tertio{a} coelo sunt concurrunt, 思考(考え)の中に、それらは空しいまた地的なものである、霊たちの、すなわち、彼らの〔影響(を及ぼすもの)〕は、その者は第三の☆天界の中にいる、群がり集まる、

通常「第三の天界」は「最高の(または最内部の)界」を意味します。この頃のスヴェーデンボリはこれを「最も低い(または最外部の)天界」の意味で使っていました。なのでここは「最も低い」と訳し、原文が「第三」であることを注記すればよいでしょう。

at [in eas] quae spirituales et coelestes sunt, concurrunt{2} angelorum, しかし、〔それらのそれらは霊的なものと天的なもの☆がある、天使たちの〔ところへ〕群がり集まる、

ここではの意味となります。

sic ut per spiritus et per angelos disponat Deus Messias cogitationes humanas, cum indefinita varietate; そのように、霊たちによってまた天使たちによって、神メシアは人間思考(考え)を配置(統制)する、無限の変化(多様性)とともに。

quare cogitationes spirituales et coelestes, quae veritates fidei in se comprehendunt, afficiunt totum coelum angelicum, dum Deus Messias ita disponit. それゆえ、霊的なまた天的思考(考え)は、それは本質的な(それ自体の中に)信仰の狄人瓩魎泙鵑任い襦天使の全天界に働きかける、神メシアがそのように配置(統制)する時。

 

238.  Cogitationes vanae non possunt altius surgere quam in tertium{a} coelum, 空しい考えは第三の☆天界の中に以上に高く上がることはできない、

nam sunt Cherubi, ita dicti, qui defendunt, et qui vertunt ea quae falsa et mala sunt in vera et bona, et tandem in innocentias, ex quibus intimum coelum consistit. なぜなら、ケルビムがいるから、そのように〔私たちに〕呼ばれた、その者が守る、またその者がそれらを変える、それらは虚偽と悪である、真理と善に、また最後に無垢に、それらから最内部の天界が構成される。

1747, d. 3 Nov. st. v. 1747113日、旧暦。

 

(3) 訳文

人間つの考え、無数情愛そして同様のものが内在する

ケルビムについて

 

237.  今日、私は天界の者と無言の会話の中にいて、はっきりと私に理解力で把握すること与えられた、人間の一つの考えの中に、天界から無数の影響を及ぼすものが群がり集まっていることである。空しく地的なものである考えの中に、霊たち、すなわち、最も低い☆天界の中にいる者に〔影響を及ぼすもの〕が群がり集まっている、しかし、〔それらの〕霊的なものと天的なものがあり、〔これらが〕天使たちの〔ところへ〕群がり集まる。そのように、霊たちと天使たちによって、神メシアは人間考えを無限の多様性とともに統制されている、それゆえ、霊的なまた天的考えは、本質的な信仰の狄人瓩魎泙鵑任い董⊃瀬瓮轡△そのように統制される時、天使の全天界に働きかける。

 

238.  空しい考えは最も低い☆☆天界以上に高く上がることはできない、なぜなら、ケルビムと呼ばれる者がいて、その者が守り、またその者が虚偽と悪を真理と善に、また最後に無垢に変える、その無垢らから最内部の天界が構成されるからである。1747113日、旧暦。

 

「最も低い」は原文では「第三の」です(すなわち、下降する順序で第三目です)

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095101