RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 240

(1) 原文

Quod Sirenes etiam dentur in ultimo coelo

 

240.  Omnium pessimae sunt, quae Sirenes possunt vocari, nam simulant dolos sub velo innocentiae, tanto dolo, ut unusquisque caperetur, nisi detegeretur dolus a Deo Messia, talis erat ea, de qua, versa pagina 1747, 1 Nov. sub poena praestigiatricis{1} [232]; quicquid usquam in homine inveniri potest, quod producere possint, id producunt ad falsificationem veri, sic cavendum ne quicquam falsum intret, nisi discutiatur.

@1 ms. praestiatricis

 

(2) 直訳

Quod Sirenes etiam dentur in ultimo coelo 妖婦(セイレーン)また天界存在すること

240.  Omnium pessimae sunt, quae Sirenes possunt vocari, すべてのものの最悪のもの(女性)☆がいる、それらは妖婦(セイレーン)と呼ばれることができる。

☆ これを英訳二書とも、「すべての女性の霊(のうち)最悪な者は」と意訳しています。

nam simulant dolos sub velo innocentiae, tanto dolo, ut unusquisque caperetur, nisi detegeretur dolus a Deo Messia, なぜなら、欺きを無垢のヴェール(仮面)偽り装うからである、それぞれの者が捕えられるように、神メシアにより欺きが明らかにされ(あばかれ)いなら。

talis erat ea, de qua, versa pagina 1747, 1 Nov. sub poena praestigiatricis{1} [232]; 彼女たちはこのようなであっためくった(=った、=)ページ1747111日、「女魔法使いへの刑罰」〔表題〕232番〕。

quicquid usquam in homine inveniri potest, quod producere possint, id producunt ad falsificationem veri, sic cavendum ne quicquam falsum intret, nisi discutiatur. どんなものでも常に人間の中に見つけられることができる、引き出すことができるもの、それを真理の虚偽化へ向けて引き出すことができる、このように用心すべきである、どんな虚偽も入らないように、追い払われないなら。

 

(3) 訳文

いの天界妖婦(セイレーン)また存在する

 

240.  すべての者のうち最悪の女(の霊)がいて、それらは妖婦(セイレーン)と呼ばれることができる。なぜなら、神メシアにより欺きがあばかれないなら、だれもが捕えられるような無垢のヴェール(仮面)もときを偽り装うからである。)ページ1747111日、「女魔法使いへの刑罰」の彼女たちはこのようなであった232番〕。人間つけられることができ、引すことができるるどんなものでもそれを真理虚偽化けてすことができるこのようにどんな虚偽、追われないなら、らないように用心すべきである

author:yasubee, category:霊界体験記, 08:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095103