RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 241(原文と直訳)

(1) 原文

De intimioribus, seu forma interiorum, quod nusquam expugnari possit, sed quod resistat unicuique insultui, et semper maneat firmior: aliter forma interior, ita minus adhuc naturales inferiores

(m) Quid spirituale absque coelesti, quod frangatur (n)

 

241.  In cogitatione fui de formis, et quidem intimiorum, quae forma spiritualis est, quod talis sit, ut omni insultui resistat, et quod ejus proprietates sint, ut [possit] redigi{1}, per anxietates et angustationes in omnes usquam dabiles sic infinitas formas, applicari ad omnes usque in inferiori sphaera, et quidem eas quasi nihil curare, utcunque ii qui in inferiori sphaera habitant, id putent, quia ex se ratiocinantur, tum quod eo magis confirmentur, quo magis angustantur; unum ex indefinitis concurrit seque unit ad defensionem alterius, nam nihil est in communi quod non a singulis imo a singularissimis usque [ad]{2} indefinitum, imo ad infinitum defendatur, et sic in aeternum contineatur, ut nusquam laedi queat; et plura, quae ex formae istius constantia per ordinem deducta deduci queunt, quo spectat ejus perfectiones: commune ejus defendit particulare, et omne particulare conspirat ad constabiliendum commune, et quidem quo plus cedit, seu cedens est ac ut ita dicam, mollius, eo firmius constat, nam tunc intimum in universali ac in singulis, quod est ejus universale, conjurat, et sic porro, etc. etc.; (m)tum{3} quod nihil tam irrationale sit, quod non in rationale reducatur, et sic non inveniatur in indefinitis finitorum, id est, in infinito, h.e. in Deo Messia.(n)  Haec cogitata sunt hodie mane ex formis, et angeli intimioris coeli, ac intimi, id ut credo, apperceperunt, sed applicata ad totum coelum et eorum resistentias et constantias, ad patientias et similia quae spiritualia et coelestia sunt, ac ita confirmarunt ea, voce ad me perlata, quod mirati sint, quod usquam tale in mentem humanam venire potuisset, ita quum mentes humanae veritates sciunt, tunc ex Dei Messiae misericordia, id transit ad intimiores coelos et intimos; aliter prorsus dum falsitates, etiam in naturalibus, quibus eruditus orbis hodie ita appassus{a} est, ut nemo fere sciat quid verum et quid bonum in naturalibus, nec in moralibus, inde quoque communicatio cum coelo intimiori, et sic cum intimo aufertur. Cum haec scriberem, etiam voces naturales nec possunt satisfacere, quia plus naturalis in mente mea continent, quam ut id ita auferri potuisset, et sic spirituale purius sisti. Aliter autem est in forma interiori, ubi naturale, quod laesum est, hoc communicat ita cum naturalibus inferioribus, seu cum formis imperfectis factis, ut facile frangi queant, et quo plus naturale adhuc, eo facilius, omnis perpetuitas ejus venit ab intimiori, et hujus ab intimo, et sic a Deo Messia, imo ipsum spirituale, absque intimo, quasi implente illud, frangitur, quod multis expertus, et quidem per mirabiles repraesentationes, tum per experientias, hoc spirituale est quod dominatur in homine adhuc, et speciem inducit tanquam sit intimius, cum tamen est interius, ita vocatur cogitatio, sed est ratiocinatio, nam rationale secum habet verum spirituale intus in se, et hoc coeleste intus in se. 1747, die 6 Nov. st. v.

@1 ms. ut induere possit o[mnes] redigi; J.F.I. Tafel [possit] restituit〔手稿はこのように削除することを示していますが、possit は削除しないでよいでしょう〕

@2 sic J.F.I. Tafel

@3 ms. etc. tum

@a < appandere

これらの言葉(m)(n)が、おそらくここに置かれるようにと欄外に書き加えられています。このことは『索引』の「Dominus」で次のように述べられています――

 Quod nihil tam irrational sit, quod non in rationale flecti queat a Potentia Infinita, h. e. a Domino, n. 241 ad marg.(それほどに不合理な(理性のない)のは何もないこと、理性的なものへそらされることができないもの、無限の力により、すなわち、主により、241番、欄外に)

☆手稿(手書き原稿)には欄外に数字「1.4.」が振られています。これを直訳で示しておきます。

 

(2) 直訳

De intimioribus, seu forma interiorum, quod nusquam expugnari possit, sed quod resistat unicuique insultui, et semper maneat firmior: さらに内的なものすなわち、さらに内的について、決していかかってられることはできないこと、しかし、それぞれが攻撃的に振る舞われることに抵抗すること、また常に、さらに堅く続く(残る)

aliter forma interior, ita minus adhuc naturales inferiors 内的なっている〕、そのようにまして自然的〔形

(m) Quid spirituale absque coelesti, quod frangatur (n) (欄外)天的なものなしに霊的なものとは、砕かれること

241.  In cogitatione fui de formis, et quidem intimiorum, quae forma spiritualis est, 私は形について思考の中にいた、そのうえ、さらに内的なものの、それは霊的な形である、

quod talis sit, ut omni insultui resistat, et quod ejus proprietates sint, ut [possit] redigi{1}, per anxietates et angustationes in omnes usquam dabiles sic infinitas formas, それはこのようなものである、すべての攻撃に抵抗するような、またそれはその特性(属性)である、(もとの状態に)すること〔ができる☆〕ような、不安と制限によって、常に存在可能なすべてのものの中に、このように無限の形に、

☆「注」参照。

applicari ad omnes usque in inferiori sphaera, et quidem eas quasi nihil curare, utcunque ii qui in inferiori sphaera habitant, id putent, quia ex se ratiocinantur, tum quod eo magis confirmentur, quo magis angustantur; すべてのものにあてはめられること〔ができる〕、低いスフェアの中の〔形に〕までも、そのうえ、それらをいわば何も関与しない(気にしない)、どれほど彼らが、その者は低いスフェアの中に住んでいる、そのことを考える、自分自身から推論するからである、なおまた、さらに確信すればするほど、さらに悩まされる。

(1.) unum ex indefinitis concurrit seque unit ad defensionem alterius, (1) あるもの(一つ)が限定されないものから一緒に行動する(協力する)そしてそれ自体を他のものを防御へ向けて結合させる、

nam nihil est in communi quod non a singulis imo a singularissimis usque [ad]{2} indefinitum, imo ad infinitum defendatur, et sic in aeternum contineatur, ut nusquam laedi queat; なぜなら、全般的なものの中に何もないからである、それは個々のものにより、それどころか最も個々のもの〔により〕、限定さないものにまでも、それどころか無限のものに〔までも〕守られる、またこのように永遠に存続する、決して損なわれることができないように。

et plura, quae ex formae istius constantia per ordinem deducta deduci queunt, quo spectat ejus perfectiones: また、多くのものが、その形の不変性から、導かれた秩序によって、得られることができる、それによってその完成(完全性)を眺める(目を向ける)

commune ejus defendit particulare, et omne particulare conspirat ad constabiliendum commune, et quidem quo plus cedit, seu cedens est ac ut ita dicam, mollius, eo firmius constat, その全般的なものは個別のものを守る、またすべての個別のものは全般的なものを確立するために調和して行動する、そのうえ、さらに譲る〔=形がたわむ〕ほど、すなわち、譲っている、そしてそのよう私は言うように、柔らかく、それだけ堅く確立する、

nam tunc intimum in universali ac in singulis, quod est ejus universale, conjurat, et sic porro, etc. etc.; なぜなら、その時、普遍的なものの中のそして個々のものの中の最内部のものは、それはその普遍的なものである、ともに働くからである、等々(et sic porro)、等々、等々。

(m)tum{3} quod nihil tam irrationale sit, quod non in rationale reducatur, (欄外に)なおまた、これほどに理性のないものは何もないこと、理性的なものの中へ戻されないもの、

et sic non inveniatur in indefinitis finitorum, id est, in infinito, h.e. in Deo Messia.(n) またこのように有限なものの限定されないものの中に見つからない、すなわち、無限の中に、すなわち(hic est)〔ここに〕神メシアの中に〔である〕。

(2.) Haec cogitata sunt hodie mane ex formis, et angeli intimioris coeli, ac intimi, id ut credo, apperceperunt, sed applicata ad totum coelum et eorum resistentias et constantias, ad patientias et similia quae spiritualia et coelestia sunt, (2) これらが、今日、朝、形から考えられた、またさらに内的な、そして最内部の天界の天使たちは、それを私が信じるように、把握した、しかし、全天界と彼らの抵抗と不変性に適用された、忍耐と同様のものに向けて、それらは霊的なものと天的なものである、

ac ita confirmarunt ea, voce ad me perlata, quod mirati sint, quod usquam tale in mentem humanam venire potuisset, そして、そのようにそれらを確信した、私に伝えられた(perfero)声で、驚いたこと、これまでに(いったい)このように人間の心の中にやって来ることができたこと、

ita quum mentes humanae veritates sciunt, tunc ex Dei Messiae misericordia, id transit ad intimiores coelos et intimos; そのように人間の心が狄人瓩鮹里襪箸、その時、神メシアの慈悲から、それはさらに内的な、また最内部の天界へ移る(渡る)

(3.) aliter prorsus dum falsitates, etiam in naturalibus, quibus eruditus orbis hodie ita appassus{a} est, ut nemo fere sciat quid verum et quid bonum in naturalibus, nec in moralibus, (3) 虚偽〔がある〕時、まったく異なる、さらにまた自然的なものの中に、それらにより、学界は、今日、そのように「はかりにかけられている☆」、だれもほとんど何が真理が、また何が善かほとんど知らないように、自然的なものの中で、道徳的なものの中でも〔知ら〕ない、

appassus が「注」も含めてまったくわかりません、ここでは appendo として訳しておきます。

inde quoque communicatio cum coelo intimiori, et sic cum intimo aufertur. ここからさらに内的な天界との伝達もまた、またこのように最内部の〔天界〕とも取り去られている。

Cum haec scriberem, etiam voces naturales nec possunt satisfacere, quia plus naturalis in mente mea continent, quam ut id ita auferri potuisset, et sic spirituale purius sisti. これらを私が書くとき、自然的な言葉もまた適切であることができない、私の心の中に多くの自然的なものが含まれている、〜以上に、それをそのように取り除くことができるように、またこのように純粋に霊的なものが示されること。

(4.) Aliter autem est in forma interiori, ubi naturale, quod laesum est, (4) けれども、内的な形の中で異なる、そこに自然的なものが〔ある〕、それは損なわれる、

hoc communicat ita cum naturalibus inferioribus, seu cum formis imperfectis factis, ut facile frangi queant, et quo plus naturale adhuc, eo facilius, これがそのようにさらに低い自然的なものと伝達する、すなわち、不完全なものにつくられた形と、容易に砕かれることができるように、またさらに自然的なものならなおさらますますそれだけ容易に、

omnis perpetuitas ejus venit ab intimiori, et hujus ab intimo, et sic a Deo Messia, すべてのもののその永続性はさらに内的なものからやって来る、またこの〔永続性は〕最内部のものから、またこのように神メシアから。

imo ipsum spirituale, absque intimo, quasi implente illud, frangitur, quod multis expertus, et quidem per mirabiles repraesentationes, tum per experientias, それどころか、霊的なものそのものは、最内部のものなしに、あたかもそれを満たして、砕かれる、そのことを多くの経験で学んだ、そのうえ、驚くべき表象によって、なおまた経験によって。

hoc spirituale est quod dominatur in homine adhuc, et speciem inducit tanquam sit intimius, cum tamen est interius, この霊的なものである、それが人間の中で依然として支配している、また外見をひき起こしている、あたかも最内部の(さらに内的な)のであるかのような、そのときそれでも内的なものである、

ita vocatur cogitatio, sed est ratiocinatio, そのように思考と呼ばれている、しかし、推論の誤用である、

nam rationale secum habet verum spirituale intus in se, et hoc coeleste intus in se. なぜなら、理性的なものはそれ自体に内部に本質的な真の霊的なものを持っているからである、またこれは内部に本質的な天的なものを。

1747, die 6 Nov. st. v. 1747116日に、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 02:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095104