RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 241(訳文)

(3) 訳文

さらに内的なものすなわち、さらに内的について、決していかかってられることはできないこと、しかし、それぞれが攻撃的に振る舞われることに抵抗すること、また常に、さらに堅く残る。

内的そのようにまして自然的なっている

(欄外)天的なものなしに霊的なものとは、砕かれる

 

241.  、形についてそのうえ、霊的であるさらに内的なものの思考にいた。それはすべての攻撃抵抗するようなまたそれはその特性(属性)であり、不安制限によって、常存在可能なすべてのもののこのように無限もとの状態することができるようなものである。低いスフェアのにまでもすべてのものにあてはめられることができるそのうえそれらをいわばにしない、低いスフェアのんでいるがどれほどそのことをえても、自分自身から推論するからであるなおまたさらに確信すればするほどさらにまされる

(1) あるものが限定されないものから一緒行動そしてそれ自体のものの防御けて結合させるなぜなら、全般的なものの、個々のものによりそれどころか個々のものにより、限定さないものにまでもそれどころか無限のものにまでもられ、永遠存続し、決してなわれることができないようにするものは何もないからであるまた、多くのものがその不変性から、導かれた秩序によって、得られることができそれによってその完全性へ目けるその全般的なものは個別のものをすべての個別のものは全般的なものを確立するために調和して行動するそのうえさらに=がたわむ〕、すなわち、譲っているほどそしてそのよううようが、柔らかくそれだけ確立する、なぜならその時、普遍的なものののそして個々のものの最内部のものはそれはその普遍的なものであともにくからである、等々、等々。(欄外)なおまたこれほどに理性のないものは、理性的なもののされないものまたこのように有限なものの限定されないもののすなわち、無限ここにメシアのつからないもないこと☆1

(2) 今日、朝、これらがからえられまたさらに内的そして最内部天界天使たちはそれをじるように、把握したしかし、全天界らの抵抗不変性、霊的なものと天的なものである忍耐同様のものにけて適用されそしてそのように、えられたそれらを確信これまでにこのように人間にやってることができたことにいたそのように人間狄人時、神メシアの慈悲からそれはさらに内的また最内部天界

(3) 虚偽があり、自然的なもののにもある時、まったくなるそれらにより、今日、学界だれもほとんど真理またかほ、自然的なものの、道徳的なもののでも〔知ないそのようにもはかりにかけられている2」。ここからさらに内的天界、このように最内部天界との伝達もまたられている

 これらをくとき、自然的言葉適切であることができない、私くの自然的なものがまれておりそれをこのように純粋霊的なものがされるようには、取くことができるようにできない〕。

(4) けれども、そこに自然的なものがある内的な形の中で異なり、それは損なわれる、これがそのようにさらに低い自然的なものと、すなわち、不完全なものにつくられた形と伝達する、容易に砕かれることができるように、また、さらに自然的なものならなおさらますますそれだけ容易に〔伝達する〕、すべてのもの永続性はさらに内的なものからやって来る、またこの〔永続性は〕最内部のものから、またこのように神メシアからである。それどころか、最内部のものがなくあたかもそれを満たしてかのような霊的なものそのものは砕かれる、そのことを、驚くべき表象によって、なおまた経験によって学んだ。人間の中で依然として支配し、あたかもさらに内的なものであるかのような外見をひき起こしているものはこの霊的なものである、そのときそれでも内的なものである、そのように思考と呼ばれている、しかし、推論の誤用である、なぜなら、理性的なものはそれ自体の内部に本質的な真の霊的なものを、またこれは内部に本質的な天的なものを持っているからである。1747116日、旧暦。

 

1 これらの言葉が、おそらくここに置かれるようにと欄外に書き加えられています。このことは『索引』の「Dominus」で次のように述べられています――

 それほどに理性のないものは、無限の力により、すなわち、主により、理性的なものへそらされることができないものは何もないこと、241番、欄外に。

2 「はかりにかけられている」は「対立している」とする英訳書があります。

author:yasubee, category:霊界体験記, 02:15
comments(1), trackbacks(0), pookmark
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2019/11/28 8:51 AM









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095105