RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 243

(1) 原文

<De mari>

De mari tumultuante tempore ultimi judicii

 

243.  Hac nocte videbar mare tumultuosum per navigium transire, et mox demiexpergefactus videbam mare istud ita nigrum cum fluctibus in altum surgentibus, ut terrorem cuivis incuteret, tumultuatio ista maris etiam accrescere videbatur, fluctus primum a sinistra versus dextram ferebantur, dein etiam versus littus ubi eram, quidam etiam in insula seu scopulo erant qui salvati; plenius expergefactus percipiebam aliquamdiu manifestam commotionem, cum sensu, ut alioquin, quod circumfunderer spiritibus, qui assurgebant; et sicut audivi, erant vincti ex fovea, qui ex misericordia Dei Messiae hic loci soluti seu liberati; magna erat copia, sicut ex strepitu et aliis sensationis signis concludere potui; et dicebatur quoque, quod Maria tumultuantia ultimo die seu tempore, haec et similia significent [cf. Jer. LI: 55].

 

(2) 直訳

<De mari> <海について>(←削除)

De mari tumultuante tempore ultimi judicii 最後の審判の時の荒れる海について

243.  Hac nocte videbar mare tumultuosum per navigium transire, et mox demiexpergefactus videbam mare istud ita nigrum cum fluctibus in altum surgentibus, ut terrorem cuivis incuteret, この夜、荒れる海を舟によって渡ることを見た、また間もなく半分目覚めて、私はその海がそのように黒いのを見た、高い中に上がった波とともに、

tumultuatio ista maris etiam accrescere videbatur, 海のその騒動が大きくなることもまた見られた、

fluctus primum a sinistra versus dextram ferebantur, dein etiam versus littus ubi eram, quidam etiam in insula seu scopulo erant qui salvati; 最初、波は左から右に向かって移動した、その後、岸(浜)けてもまた、そこに私がいた、ある者にもまた、島または岩礁の中にいた、その者は救われた者〔であった〕。

plenius expergefactus percipiebam aliquamdiu manifestam commotionem, cum sensu, ut alioquin, quod circumfunderer spiritibus, qui assurgebant; さらにすっかり(完全に)目覚めた、私は、しばらくの間、明瞭な大騒ぎを知覚した、感覚とともに、他の時のように、私が霊たちに取り囲まれていること、その者は起き上がってきた。

et sicut audivi, erant vincti ex fovea, qui ex misericordia Dei Messiae hic loci soluti seu liberati; また私が聞いたように、穴から〔出た〕捕らわれた者たちであった、その者は神メシアの慈悲から、この場所で解放された者、すなわち、自由にされた者。

magna erat copia, sicut ex strepitu et aliis sensationis signis concludere potui; 大きな数()であった、喧騒と他の感覚のしるしから私が結論することができたように。

et dicebatur quoque, quod Maria tumultuantia ultimo die seu tempore, haec et similia significent [cf. Jer. LI: 55]. また〔このこと〕もまた言われた、最後の日または時の荒れる海が、これらまたは同様のものを意味すること〔エレミヤ書51:55参照〕。

 

(3) 訳文

最後審判れるについて

 

243.  この夜、荒れるによってることをまたもなく半分目覚めて、私はその、高がったとともにそのようにいのをた、のその騒ぎがきくなることもまたられた。最初、波からかってその後、私がいた岸にけても、島または岩礁にいたにもまた移動したそのわれたであったさらに完全目覚めて、私しばらくの間、明らかな大騒ぎを、感覚とともに、他のように、私がってきたたちにまれていることを知覚したまたいたように、穴から〔出〕捕らわれた者、神メシアの慈悲からこの場所解放された者、すなわち、自由にされたたちであった。喧騒感覚のしるしから結論することができたようにきなであったまた、最後の日または時の荒れる海がこれらまたは同様のものを意味することもまた言われた〔「エレミヤ書」51:55参照〕。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095107