RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 246

(1) 原文

De supplicatione quorundam de Judaeis de misericordia Dei Messiae

 

246.  Quando Cap. XVI Ezech. explicaretur{a}, ubi agitur de scortatione Ecclesiae posterorum Jacobi, quidam ex Judaeis, qui dicebant se ex secta Pharisaeorum fuisse, dum aliquamdiu attendissent ad sensum interiorem verborum, ita commoti sunt ex veritate, ut devote supplicaverint de misericordia Dei Messiae, confitentes iniquitates suas. 1747, die 13 Nov. st. v.

@a fortasse in paginis amissis ex Swedenborgii copia Bibliae Sacrae a Sebastiano Schmidio translatae 1696

〔スヴェーデンボリの〔所有の〕セバスチャン・シュミディウスにより翻訳された『聖書』(1696年訳)の本から失われたページにあるのかもしれない☆〕☆スヴェーデンボリは同書にさまざまな書き込みをしており、その失われた部分のことでしょう。

 

(2) 直訳

De supplicatione quorundam de Judaeis de misericordia Dei Messiae 神メシアの慈悲についてユダヤ人から(de)のある者たちの懇願について

246.  Quando Cap. XVI Ezech. explicaretur{a}, ubi agitur de scortatione Ecclesiae posterorum Jacobi, quidam ex Judaeis, qui dicebant se ex secta Pharisaeorum fuisse, 「エゼキエル書」第16章が説明されていた時、そこにヤコブの子孫の教会の淫行について扱われている、ユダヤ人からのある者たちが、その者が自分自身をパリサイ人の宗派からであったと言った、

dum aliquamdiu attendissent ad sensum interiorem verborum, ita commoti sunt ex veritate, ut devote supplicaverint de misericordia Dei Messiae, confitentes iniquitates suas. しばらくの間、〔その〕言葉の内的な意味に留意していた時、そのように狄人瓩ら揺り動かされた、神メシアの慈悲について信心深く懇願したように、自分の不法を告白して。

1747, die 13 Nov. st. v. 17471113日に、旧暦。

 

(3) 訳文

ユダヤ人からのある者たちの懇願、神メシアの慈悲への懇願について

 

246.  ヤコブの子孫教会淫行についてわれているエゼキエル書」第16説明されていた時、自分自身をパリサイ宗派からであったとったユダヤからのあるたちがしばらくの間、〔その〕言葉内的意味留意していた時、神メシアの慈悲について信心深懇願、自分不法告白してそのように狄人からかされた。17471113日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095110