RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 247

(1) 原文

Quorundam summa crudelitas, qui tamen ore praeferunt misericordiam et sanctum{1}

 

247.  Crudelissimum quoddam hac nocte mihi {2} repraesentatum, quod unusquisque horreret, si modo aliquam ideam ejus perciperet{3}, quare oculis et auribus etiam castis parcere velim, ea referendo; clamabant misericordiam Dei Messiae, quam sibi solis vindicabant, ex causa admodum levi, quam iis quoque explicui, in ipsam enim innocentiam vindictae causa, manum crudelissimam inferre videbantur, sed modo spirituum, qui putant id existere, quod phantasia capiunt, ita prorsus oppositum misericordiae actum exercebant{4}, sed num iis aliqua misericordia, et charitas, quisque judicare potest, quum contrarium actum ex semet exercebant, solum vindictae causa in innocentiam, non in malitias, ex fine bono.

@1 ms. forte sancta

@2 ms. mih

@3 ms. percipereet

@4 ms exerceebant

 

(2) 直訳

Quorundam summa crudelitas, qui tamen ore praeferunt misericordiam et sanctum{1} あるたちの最高度残酷、その(たち)はそれでも慈悲なるものを表明する

247.  Crudelissimum quoddam hac nocte mihi {2} repraesentatum, quod unusquisque horreret, si modo aliquam ideam ejus perciperet{3}, ある最も残酷なものが、この夜、私に表象された、それぞれの者が身震いすること、もし何らかのその観念(考え)を知覚するだけで、

quare oculis et auribus etiam castis parcere velim, ea referendo; それゆえ、貞潔な者の目と耳でもまた容赦される(面倒をかけさせない)ことを私は欲する、それら物語って。

clamabant misericordiam Dei Messiae, quam sibi solis vindicabant, ex causa admodum levi, quam iis quoque explicui, 彼らは神メシアの慈悲を叫んだ、それを自分自身にだけ要求した、大いに軽い(重要でない)理由から、そのことを彼らにも私は説明した、

in ipsam enim innocentiam vindictae causa, manum crudelissimam inferre videbantur, というのは、無垢そのものの中に、復讐の理由で、最も残酷な手を加えることが見られたから、

sed modo spirituum, qui putant id existere, quod phantasia capiunt, ita prorsus oppositum misericordiae actum exercebant{4}, しかし、霊たちだけ〔である〕、その者はそれが存在することを思っている、幻想が捕えたものが、そのようにまったく慈悲に正反対のものの活動をした。

sed num iis aliqua misericordia, et charitas, quisque judicare potest, quum contrarium actum ex semet exercebant, solum vindictae causa in innocentiam, non in malitias, ex fine bono. しかし、彼らに何らかの慈悲が、また仁愛が〔ある〕かどうか、だれもが判断することができる、自分自身から対立している活動をしたとき、無垢へ向かって(の中へ)讐の理由だけで、悪意へ向かって(の中へ)でなく、善の目的から。

 

(3) 訳文

あるたちの最高度残酷、それでもそのたち慈悲なるものを表明する

 

247.  この夜、ある残酷なものが表象されたその観念の何らかのものを知覚するだけでだれもが身震いするそれゆえ、私がそれら物語っても、貞潔耳が容赦されることする。彼らは、たいして重要でない理由から、神メシアの慈悲それを自分自身にだけ要求した、私はそのことを彼らにも説明したというのは、復讐理由、無垢そのものに、最残酷えることがられたからしかし、幻想えたものが存在するとっているたちだけがそのようにまったく慈悲正反対に活動をしたしかし、彼らにらかの慈悲仁愛があるかどうかは、無垢かって理由だけで目的から悪意かってでなく自分自身から対立している活動をしたときだれもが判断することができる

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095111