RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 249

(1) 原文

Quod scientiae naturales seu rerum naturalium sint hodie adhuc tanquam ultimum coelum,

quod pervertit veritates, in falsitates

 

249.  Loquutus sum hodie cum spiritibus et angelis circum me de variis, et postea de scientiis seu sapientia hodierna, quae talis est, ut ea non possit inservire tanquam pro plano veritatum spiritualium, minus coelestium, sed est sicut ultimum coelum, quod veritates illuc a coelo lapsas pervertit in contraria, nam hodie quicquid per scientias docetur de causis naturalibus phaenomenorum, sicut eorum quae sunt in corpore humano, de sensibus et similibus, tum quicquid deducitur ad animae cognitionem et similia, plena sunt hypothesibus falsis, in quibus ne quidem una veritas ad conspectum patet, imo etiam clauditur per ea, via, ut non ultra crassissimam naturam extendere cogitationes liceat, ideo{1} spiritualia et coelestia considerantur tanquam nihil; cum tale planum sit, in quod cadunt veritates spirituales, necessum est, ut sistantur, nec penetrent, nam nulla veritas naturalis excipit et continuat, ita confirmat, sed vel prorsus repellit, vel pervertit in contrarium, exinde concludi potest, quem usum veritates{2} scientificae, seu per scientias exclusae possint sistere. 1747, 14 Nov. st. v.

@1 ms. ido

@2 sic J.F.I. Tafel; ms. veritate

 

(2) 直訳

Quod scientiae naturales seu rerum naturalium sint hodie adhuc tanquam ultimum coelum, quod pervertit veritates, in falsitates 自然的すなわち、自然的事柄知識、今日、依然としてあたかも天界のようであるそれは狄人をゆがめる

249.  Loquutus sum hodie cum spiritibus et angelis circum me de variis, et postea de scientiis seu sapientia hodierna, quae talis est, ut ea non possit inservire tanquam pro plano veritatum spiritualium, minus coelestium, sed est sicut ultimum coelum, quod veritates illuc a coelo lapsas pervertit in contraria, 今日、私は私のまわりの霊や天使たちといろいろなものについて話した、その後、今日の知識または知恵、それらはこのようなものである、それらは役立つことができないような、(あたかも)霊的な狄人瓩量未里茲Δ覆發里箸靴董△泙靴禿慧な〔真理〕、しかし、最も低い天界のようである、それは天界からそこにすべり落ちた狄人瓩鯣紳个里發里砲罎める。

nam hodie quicquid per scientias docetur de causis naturalibus phaenomenorum, sicut eorum quae sunt in corpore humano, de sensibus et similibus, tum quicquid deducitur ad animae cognitionem et similia, plena sunt hypothesibus falsis, in quibus ne quidem una veritas ad conspectum patet, imo etiam clauditur per ea, via, ut non ultra crassissimam naturam extendere cogitationes liceat, なぜなら、今日、現象の自然的な原因について知識によって教えられるものは何でも、それらのように、それらは人間の身体の中にある、感覚や同様のものについて、なおまた霊魂について知識や同様のものについて導かれるものは何でも、虚偽の仮説に満ちているからである、それらの中に決して一つの狄人瓩盪詭遒惴けて明らかではない、それどころかそれらによって閉ざされてもいる、道が、最も粗雑な自然を越えて思考は広げることが許されていないように。

ideo{1} spiritualia et coelestia considerantur tanquam nihil; それゆえ、霊的なものと天的なものはあたかも無(無意味なもの)のように見なされている。

cum tale planum sit, in quod cadunt veritates spirituales, necessum est, ut sistantur, nec penetrent, 面がこのようであるとき、その中へ霊的な狄人瓩落ち込む、必要である、ひき起こされる(示される)ために、達しない(こと)も、

nam nulla veritas naturalis excipit et continuat, ita confirmat, sed vel prorsus repellit, vel pervertit in contrarium, なぜなら、どの自然的な狄人瓩蘯け入れない、また存続しない、そのように確信させないからである、しかし、あるいはまったくはねつける、あるいは反対のものにゆがめる。

exinde concludi potest, quem usum veritates{2} scientificae, seu per scientias exclusae possint sistere. このゆえに、結論されることができる、記憶知の(事実に基づく)狄人瓩量鯲ちがどんなものかを、または考え出された知識によって示されることができる。

1747, 14 Nov. st. v. 17471114日、旧暦。

 

(3) 訳文

自然的知識、すなわち、自然的事柄知識、今日、依然として狄人をゆがめる天界のようなものである

 

249.  今日、私は私のまわりの霊や天使たちといろいろなものについて、その後、今日の知識または知恵について話した、それらは霊的なまして天的な狄人瓩北鯲つことができず、最も低い天界のようである、それは天界からそこにすべり落ちた狄人瓩鯣紳个里發里砲罎めるようなものである。なぜなら、今日、現象の自然的な原因について知識によって、それらのように、人間の身体の中にある感覚や同様のものについて教えられるものは何でも、なおまた霊魂について知識や同様のものについて導かれるものは何でも、虚偽の仮説に満ちていて、それらの中に決して一つの狄人瓩盪詭遒惴けて明らかではない、それどころかそれらによって、最も粗雑な自然を越えて思考は広げることが許されていないように、道が閉ざされてもいるからである。それゆえ、霊的なものと天的なものは無意味なものかのように見なされている。面がこのようであるとき、その中へ霊的な狄人瓩示されるために落ち込まず、達しないことも必要である。なぜなら、どんな自然的な狄人瓩蘯け入れず、存続せず、そのように確信させず、まったくはねつけかあるいは反対のものにゆがめるからである。このゆえに、記憶知の(事実に基づく)または考え出された知識による狄人瓩量鯲ちがどんなものか示されることができ、結論されることができる。17471114日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095113