RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 250

(1) 原文

250.  Usum dico, sed apud eos, qui scientificis ita student, ut absque iis nihil credere velint, praeter usum in scholis, ubi nihil nisi similia traduntur et docentur a philosophis, etiam ab iis qui sacerdotii munere functuri sunt, tum quia similia sunt juventutis palaestrae, quia favent eorum cupiditatibus, praeter usum, quod sic spiritualia demissa de coelo, non ita pervertantur, occoecentque{1} mentes, et perducant eas insensibiliter ad dubiam seu nullam fidem; talis quia mundus hodie est, ut audiat eruditus, et nihil nisi quod intelligere possit, velit credere, ideo, apud similes vix operari potest, spirituale, nisi planum istud falsum et mendax vel discutiatur prorsus et pereat, vel ut in planum veritatum naturalium vertatur; quales ii post mortem futuri, iidem, qui aliquo judicio pollent, concludere possunt ex eo, quod vita post mortem sit continuatio vitae corporis, et quod similia, quae falsitates sunt in spiritualibus et occoecationes, quasi{2} crustam inducant, cum res speciales et particulares memoriae pereant, et sic pervertant quasi nucleum seu indolem, inde non possunt non stupidissimi fieri, et quo plus sapientes ita in corpore, eo stupidiores, imo stupidiores iis, qui nihil usquam didicerant ex scientiis, nempe quod scientias applicuerint ad indagationem spiritualium. 1747, 14 Nov. st. v.

@1 sic J.F.l. Tafel; ms. occoecantque

@2 ms. occoecationes quasi

 

(2) 直訳

250.  Usum dico, sed apud eos, qui scientificis ita student, ut absque iis nihil credere velint, 役立ちを私は言う、しかし、彼らに関して、その者は記憶知をそのように学ぶ(研究する・専念する)、それらなしに何も信じることを欲しないように、

praeter usum in scholis, ubi nihil nisi similia traduntur et docentur a philosophis, etiam ab iis qui sacerdotii munere functuri sunt, ほかに、学校での役立ちは、そこに同様のものが哲学者により伝えられ、また教えられないなら、彼らによってもまたその者は聖職者の職務で果たす、

tum quia similia sunt juventutis palaestrae, quia favent eorum cupiditatibus, praeter usum, quod sic spiritualia demissa de coelo, non ita pervertantur, occoecentque{1} mentes, et perducant eas insensibiliter ad dubiam seu nullam fidem; なおまた、同様のものが若者に討論(の的)である、彼らの欲望で好意を持つ(一致する)からである、ほかに役立ちは、それはこのように天界から降ろされた霊的なものは、そのようにゆがめられない、そして心を盲目にする(しない)、またそれらを気づかれずに滅ぼさない、疑いへ、すなわち、何もない信仰(へと)

talis quia mundus hodie est, ut audiat eruditus, et nihil nisi quod intelligere possit, velit credere, ideo, apud similes vix operari potest, spirituale, nisi planum istud falsum et mendax vel discutiatur prorsus et pereat, vel ut in planum veritatum naturalium vertatur; 今日、世はこのようなものであるので、学識ある者と呼ばれる(評判がある)うな、また理解することができいなものでないなら、信じることを欲しない、それゆえ、同様のもののもとでほんとど働くことができない、霊的なものは、その虚偽のまたうその面があるいは完全に追い払われるまた滅びる、あるいは自然的な狄人瓩量未涼罎慂僂┐蕕譴襪茲Δ法未覆蕁佑覆い覆蕁

quales ii post mortem futuri, iidem, qui aliquo judicio pollent, concludere possunt ex eo, quod vita post mortem sit continuatio vitae corporis, et quod similia, quae falsitates sunt in spiritualibus et occoecationes, quasi{2} crustam inducant, cum res speciales et particulares memoriae pereant, et sic pervertant quasi nucleum seu indolem, 彼らは、死後、このような者になる、同じ者〔であるが〕、その者は何らかの判断力を賦与されている、そのことから結論することができる、死後のいのちは身体のいのちの継続であること、また同様のものが〔ある〕、それらは霊的なものの中の虚偽と盲目にすることである、いわば殻(外皮)を被せる、記憶の特定なものまた個別のものの事柄が滅びるとき、またこのようにいわば種(核)を、すなわち、性質をゆがめる。

inde non possunt non stupidissimi fieri, et quo plus sapientes ita in corpore, eo stupidiores, ここから、最も愚かな者にならないことがない、そのように身体の中でもっと賢明であればあるほどますます愚かな者である、

imo stupidiores iis, qui nihil usquam didicerant ex scientiis, nempe quod scientias applicuerint ad indagationem spiritualium. それどころか、彼らに(対して)さらに愚かな者〔である〕、その者は知識からこれまでに何も学ばなかった、すなわち、知識を霊的なものの探求に適用させた〔からである〕。

1747, 14 Nov. st. v. 17471114日、旧暦。

 

(3) 訳文

250.  私は役立ちを言うが、記憶知を、それらなしに何も信じることを欲しないように学ぶ者に関して〔の役立ち〕である。ほかに、学校の中での役立ちは、そこに同様のものが哲学者により伝えられ、教えられないなら、聖職者の職務で果たす者よってもまた〔その役立ちがある〕、なおまた、同様のものが若者の討論(の的)である、彼らの欲望に一致するからである、ほかに役立ちは、このように天界から降ろされた霊的なものは、そのようにゆがめられない、そして心を盲目にしない、またそれらを気づかれずに、疑いへ、すなわち、無信仰へと滅ぼさない。

 今日、世は、学識ある者と呼ばれるもの〔が言うこと〕、また理解することができないものでないなら、信じることを欲しない、このようなものであるので、それゆえ、同様のもののもとで、霊的なものはほんとど働くことができない、その虚偽のまたうその面があるいは完全に追い払われるまた滅びる、あるいは自然的な狄人瓩量未涼罎慂僂┐蕕譴襪茲Δ法未覆蕁佑覆い覆蕁2燭蕕の判断力を賦与されている者は、死後、そのような者になり、そのことから結論することができる、死後のいのちは身体のいのちの継続であること、また同様のものがある、それらは霊的なものの中の虚偽と盲目にすることである、〔すなわち〕記憶の特定なものまた個別のものの事柄が滅びるとき、いわばを被せる、またこのようにいわば種を、すなわち、性質をゆがめる〔ことである〕。

ここから、最も愚かなものになるしかなく、そのように身体の中でもっと賢明であればあるほどますます愚かな者である、それどころか、知識からこれまでに何も学ばなかった者に(対して)さらに愚かな者である、すなわち、知識を霊的なものの探求に適用させたからである。17471114日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095114