RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 251

(1) 原文

Quod universa natura in communi et in partibus repraesentent{1} status rerum coelestium et spiritualium

(m) Quod artificialia nauci sint respectu naturalium (n)

 

251.  In sermone cum spiritibus et angelis eram, de iis quae in natura visibili existunt{2}, et nemo reflectit super ea, quod sint quasi imagines rerum coelestium et spiritualium, sicut quod planta vel arbor ex semine suo nascatur, et crescat, ut exempli causa, quod per corticem et librum subducatur succus, qui est vita plantae et arboris, et inde distribuatur in omnia ejus meditullia ac centra, similiter ac spiritualia se{3} referre debeant ad coelestia, tum quod omnia et singula spectent fructum, ut finem suum, h.e., renovationem, et inde perpetuitatem vitae; similiter in omni fructu{4}, etiam iis qui circumdati sunt crustis duris, et nuclei intus latent, ibi sunt crustae, seu superficies diversae, una intra aliam, per quas succus defertur ad interiora, et intima ejus, usque dum maturuerit: repraesentant{5} ea similia in homine regenerando, crustae nempe naturalia, scientifica, rationalia, intellectualia, quae sunt spiritualia, ut sic ex communi plano, in infinitas vias diviso, ad omnia et singula in intimis sinubus se referre et distribuere possint, inde sequitur in talibus perpetuitas, quae in hominis vita correspondet aeternitati; similiter omnia et singula se habent in regno animali, corpore humano, ejus partibus minoribus et minimis. 1747, die 15 Nov. st. v.

@1 sic ms; J.F.I. Tafel repraesentet substituit

@2 sic J.F.I. Tafel; ms. existit

@3 ms. spiritualia, se

@4 ms. fructo ut apparet

@5 in ms. repraesentat in repraesentant emendatum

 

(2) 直訳

Quod universa natura in communi et in partibus repraesentent{1} status rerum coelestium et spiritualium 全自然全般的にまた個別的に天的なものと霊的なものの状態を表象していること

(m) Quod artificialia nauci sint respectu naturalium (n) (欄外)人造のものは、自然的なものの観点からは価値ないものである 

251.  In sermone cum spiritibus et angelis eram, de iis quae in natura visibili existunt{2}, et nemo reflectit super ea, 私は霊と天使たちとの談話の中にいた、それらについて、見える自然の中に存在する、まただれもそれらについて熟考しない、

quod sint quasi imagines rerum coelestium et spiritualium, いわば天的なまた霊的な事柄の映像であること、

sicut quod planta vel arbor ex semine suo nascatur, et crescat, ut exempli causa, quod per corticem et librum subducatur succus, qui est vita plantae et arboris, et inde distribuatur in omnia ejus meditullia ac centra, similiter ac spiritualia se{3} referre debeant ad coelestia, 例えば、草あるいは木がその種から生まれること、また生長する、例としてのために、樹皮(liberよりも外側)と樹皮は樹液を引き上げる、それは草と木のいのちである、またここからその中央そして中心領域のすべてのものの中に分配する、そして同様に、霊的なものは天的なものに関係しなければならない、

tum quod omnia et singula spectent fructum, ut finem suum, h.e., renovationem, et inde perpetuitatem vitae; なおまた、すべてと個々のものは果実に目を向けている、その目的として、すなわち、生命の更新、またここから永続性に。

similiter in omni fructu{4}, etiam iis qui circumdati sunt crustis duris, et nuclei intus latent, ibi sunt crustae, seu superficies diversae, una intra aliam, per quas succus defertur ad interiora, et intima ejus, usque dum maturuerit: 同様に、すべての果実の中に、さらにまたそれらに、それは固い殻(外皮)に取り囲まれている、また種(核)が内部に隠れている、またはいろいろな表面、内部の他のものと一緒に、それらによって樹液は内部のものへ、またその最内部のものへ運ばれる、熟成する時まで。

repraesentant{5} ea similia in homine regenerando, crustae nempe naturalia, scientifica, rationalia, intellectualia, quae sunt spiritualia, ut sic ex communi plano, in infinitas vias diviso, ad omnia et singula in intimis sinubus se referre et distribuere possint, それらは、再生しつつある人間の中の同様のものを表象している(接続)、すなわち、殻(外皮)は、自然的なもの、記憶知、理性的なもの、知性を、それらは霊的なものである、そのように、全般的な面から、分けられた無限の道の中に、最内部の内部の中のすべてと個々のものの中へ、関係することと分配することができる、

inde sequitur in talibus perpetuitas, quae in hominis vita correspondet aeternitati; ここからいえる、そのようなものの中に永続性〔があること〕、それは人間のいのちの中で「永遠」に対応している。

similiter omnia et singula se habent in regno animali, corpore humano, ejus partibus minoribus et minimis. 同様に、動物界の中のすべてと個々のものは振る舞う、人間の身体に、その小さな、また最小の部分に。

1747, die 15 Nov. st. v. 17471115日に、旧暦。

 

(3) 訳文

全自然界全般的にまた個別的天的なものと霊的なものの状態を表象している

(欄外)人造のものは、自然的なものの観点からは価値ないものである

 

251.  天使たちと、見える自然いわば天的なまた霊的事柄映像存在することまただれもそれらについて熟考しないことについて談話にいた

 例えば、草あるいはがそのからまれ、生長、そのために、樹の外皮と内皮のいのちである樹液ここからその中央そして中心領域のすべてのものの分配するそれと同様、霊的なものは天的なものに関係しなければならないなおまたすべてと個々のものはその目的として、果実すなわち、生命更新とここから永続性けている。同様すべての果実さらにまた(外皮)またはいろいろな表面に取まれているそれらに内部、内部のものと一緒れていてそれらによって樹液内部のものへまたその最内部のものへ熟成するまでばれるそれらは、再生しつつある人間同様のものを表象しているすなわち、殻、自然的なもの、記憶知、理性的なもの、知性であってそれらは霊的なものでありそのように、全般的から、分けられた無限、最内部のすべてと個々のものの、〔それに〕関係することと分配することができここから、そのようなものの中に永続性があり、それは人間のいのちの中で「永遠」に対応しているといえる。動物界の中のすべてと個々のものは、人間の身体に、その小さな、また最小の部分に同様である〔同様に対応している〕。17471115日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095115