RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 252

(1) 原文

252.  Et mirabile est, quod homo nondum observaverit rite, quod omnia quae ab homine artificialiter existuntsit{1} quodcunque sit, sicut imagines, picturae, et innumera aliaea{2} in extimis apparent pulchra, imo aestimantur multo pretio, cum tamen eadem intus sint ita disposita, ut luti ac coeni instar sit, modo visus ocularis superficiem admiratur, at vero ea, quae crescunt ex seminibus, ab interno incipiunt, et ad externa adolescunt seu veniunt, ea non solum pulchra sunt visu, sed etiam quo intimius lustrantur, eo sunt pulchriora{3}; similiter in hominis vita, quae ab externis incipiunt, ita quae ab homine proficiscuntur, comparantur artificialibus, quorum externam faciem aestimant et admirantur, sed interna prorsus nauci sunt, at quae a Deo Messia, ab intimis formantur, ea assimilanda sunt iis in natura, quae ab eorum intimis pulchra sunt: hoc nunc est quod Deus Messias dicit, quod omne{4} magnificentiae Salomonis ne minimo lilio aequiparari potest, quod tamen contemnitur [Matth. VI: 28-30, Luc. XII: 27-28]. 1747, d. 15 Nov. st. v. @1 ms. existit (sic!), sit; J.F.I. Tafel existunt pro existit substituit

@2 ms. alia, ea

@3 ms. pulchrioa

@4 in ms. omnis in omne emendatum

 

(2) 直訳

252.  Et mirabile est, quod homo nondum observaverit rite, quod omnia quae ab homine artificialiter existuntsit{1} quodcunque sit, sicut imagines, picturae, et innumera aliaea{2} in extimis apparent pulchra, imo aestimantur multo pretio, また、驚くべきことである、人間がまだ正しく観察しなかった(気づかなかった)と、すべてのものが、それらは人間により人工的に存在するようになる――ある(接続)どんなものである(接続)、(例えば)像、絵画のような、また他の無数のもの――それらは最外部の中で美しいものに見える、それどころか多くの価値で評価される(尊重される)

cum tamen eadem intus sint ita disposita, ut luti ac coeni instar sit, そのときそれでも同じものの内部がそのように配置されている、泥土そして泥で似たものであるように、

modo visus ocularis superficiem admiratur, at vero ea, quae crescunt ex seminibus, ab interno incipiunt, et ad externa adolescunt seu veniunt, ea non solum pulchra sunt visu, sed etiam quo intimius lustrantur, eo sunt pulchriora{3}; 単に目の視覚は表面を称賛する、しかしそれらは、それらは種から生長する、内なるものから始まる、また外なるものへ成長する(成熟する)またはやって来る(進む、現われる)、それらは視覚に美しいものであるだけでなく、しかし、最内部のものが調べられれば調べられるほど、ますますさらに美しいものである。

similiter in hominis vita, 同様に、人間のいのちの中で、

quae ab externis incipiunt, ita quae ab homine proficiscuntur, comparantur artificialibus, quorum externam faciem aestimant et admirantur, sed interna prorsus nauci sunt, それらは外なるものから始まる、そのようにそれらは人間から出発する、人造のものにたとえられる、それらの外なるものの顔(外観)を評価する(尊重する)、また称賛する、しかし、内なるものはまったく価値のないものである、

at quae a Deo Messia, ab intimis formantur, ea assimilanda sunt iis in natura, quae ab eorum intimis pulchra sunt: しかし、神メシアからのそれらは、最内部から形作られる、それらは自然の中のそれらにたとえられられなければならない、それらはそれらの最内部から美しいもの――

hoc nunc est quod Deus Messias dicit, quod omne{4} magnificentiae Salomonis ne minimo lilio aequiparari potest, quod tamen contemnitur [Matth. VI: 28-30, Luc. XII: 27-28]. さて、このことである、神メシアが言ったこと、ソロモンのすべての荘厳さも最小のユリに比較される(たとえられる)とができないこと、それでも見くだされていること〔マタイ6:28-30、ルカ127-28〕。

1747, d. 15 Nov. st. v. 17471115日、旧暦。

 

(3) 訳文

252.  また、人間がまだ正しく気づかなかったことは驚くべきことである、人間により人工的に存在するようになてっているすべてのものが――どんなものであるにせよ、像、絵画、その他の無数のもののような――それらは最外部の中で美しいものに見える、それどころか価値多いものと評価される、そのときそれでも同じものの内部は泥土そして泥で似たものであるように配置されている。目の視覚は表面だけを称賛する。しかし、種から生長するものは、内なるものから始まり、外なるものへと生長し、現われる、それらは視覚に美しいだけでなく、最内部のものが調べられれば調べられるほど、ますます美しいものである。

人間のいのちも同様である。それらは外なるものから始まる、そのようにそれらは人間から出て、人造のものにたとえられ、それらの外なるものの外観が評価され、称賛される、しかし、内なるものはまったく価値のないものである、しかし、神メシアからのそれらは、最内部から形作られ、それらは自然の中の最内部から美しいものにたとえられられなければならない――さて、これが、神メシアが言われた、ソロモンのすべての荘厳さも最も小さなユリに比較されるとができないこと、それでも見くだされていることである〔マタイ6:28-30、ルカ127-28〕。17471115日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095116