RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 254

(1) 原文

Quod ad unam cogitationem humanam concurrant millia imo myrias spirituum,

et angelorum, quos omnes disponit et dirigit Deus Messias

 

254.  Hoc ut paradoxon non potest non apparere homini, qui putat quod cogitatio sit simpliciter una, nec composita a myriadibus, quae eam formant, sed praeter quod a perplurimis in natura demonstrari queat, quod ad unam actionem concurrant millia imo myriades musculorum, et fibrarum etiam minimarum a cerebro usque ad actionem, similiter in universa natura ad{1} unum objectum formandum, myriades radiorum, ita in vegetatis ad propagationem eorum; sed quod simile fiat in cogitationibus hominis, ejusque affectionibus, id{2}, ut paradoxon apparet, quia spirituum et angelorum operatio ac influxus in mentes humanas per experientiam non confirmata est, sed ab experientia, per Dei Messiae misericordiam, dicere possum, quod millia spirituum et angelorum concurrant, tametsi aliqui solum proximi sunt; experientias exponere{3} non possum, sed id solum, quod id mihi ad oculum, tum ad sensum, aliquoties ostensum est; percepi etiam operationes, etiam obscure sed ad captum ita distincte, ut id affirmare queam pro certo, percepi et sensu, et ex murmure, aliquibus modis, et vicibus, sed situs et status eorum variantur ex beneplacito Dei Messiae; nec hoc mirum esse alicui docto poterit, si modo rite comparet ea quae in natura sunt, cum iis, quae esse debent in coelis, 1747, die 19 Nov. st. v. sicut is qui loquutus et ostensus{4} candidus nimbus circum, ut viderem quantum influxit, et ex loquela etiam.{5}.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. a

@2 inclarum ms.

@3 ms. exponeponere〔書き損じ〕

@4 sic J.F.I. Tafel; ms. ostensa

@5 J.F.I. Tafel etc.

 

(2) 直訳

Quod ad unam cogitationem humanam concurrant millia imo myrias spirituum, et angelorum, quos omnes disponit et dirigit Deus Messias 人間つの思考()けて()、数千の、それどころか万(無数)天使たちががりまっている(一緒行動している、協力している)こと、それらのすべての者を神メシアは統制する、また導く(指示する)

254. Hoc ut paradoxon non potest non apparere homini, qui putat quod cogitatio sit simpliciter una, nec composita a myriadibus, quae eam formant, このことは背理のように人間見られないことができない、その者は考える、単純に、思考は一つであること、万(無数)のものから合成されたものでもないそれらはそれを形作る、

sed praeter quod a perplurimis in natura demonstrari queat, quod ad unam actionem concurrant millia imo myriades musculorum, et fibrarum etiam minimarum a cerebro usque ad actionem, しかし、ほかに(さらに)そのことは自然の中の非常に多くのものから示されることができる、一つの行動へ筋肉の数千の、それどころか万(無数)ものが協力していること、また最小の繊維〔=ここでは神経〕もまた、脳から、行動へまでも。

similiter in universa natura ad{1} unum objectum formandum, myriades radiorum, 同様、全自然(界)の中で、一つの対象を形作るために、万(無数)の光線が、

ita in vegetatis ad propagationem eorum; そのように植物それらの繁殖けて

sed quod simile fiat in cogitationibus hominis, ejusque affectionibus, id{2}, ut paradoxon apparet, quia spirituum et angelorum operatio ac influxus in mentes humanas per experientiam non confirmata est, しかし、同様のものが人間の思考の中で生じることは、その情愛にも、そのことは、背理のように見られる、人間の心の中への霊と天使たちの働き(作用)が経験によって確立されていないからである、

sed ab experientia, per Dei Messiae misericordiam, dicere possum, quod millia spirituum et angelorum concurrant, tametsi aliqui solum proximi sunt; しかし、経験から、神メシアの慈悲によって、私うことができる、数千天使たちが協力していること、たとえいくらかの者だけが最も近くにいるにしても。

experientias exponere{3} non possum, sed id solum, quod id mihi ad oculum, tum ad sensum, aliquoties ostensum est; 私経験説明することができないしかしそのことだけをそのことが、目なおまた感覚、数回(ときどき)された

percepi etiam operationes, etiam obscure sed ad captum ita distincte, ut id affirmare queam pro certo, percepi et sensu, et ex murmure, aliquibus modis, et vicibus, 私は働き(作用)もまた知覚した、さらにまたあいまいに(ぼんやりと)、しかし把握に向けて(ために)そのように明瞭に、そのことを私は断言することができる、確かなこととして、私は知覚した、また感覚で、またブツブツ声から、何らかの方法で、また〔それらを〕交替に、

sed situs et status eorum variantur ex beneplacito Dei Messiae; しかし、彼らの位置と状態は神メシアの喜ぶところ(意向)から変化していた。

nec hoc mirum esse alicui docto poterit, si modo rite comparet ea quae in natura sunt, cum iis, quae esse debent in coelis, このことは学識のある何らかの者に驚くべきことであるができないであろう、もし、単に正しくそれらを比較するなら、それらは自然の中にある、それらと、それらは天界の中に存在しなくてはならない(べきである)

1747, die 19 Nov. st. v. 17471119日に、旧暦。

sicut is qui loquutus et ostensus{4} candidus nimbus circum, ut viderem quantum influxit, et ex loquela etiam.{5}. 彼のように、その者(霊)は話した、また示した、まわりの白光りする雲を、どれだけ〔私に☆〕流入するか私が見るために、また話しからもまた☆。

ここは、付け足しで、はしょって書いてあるので、よくわかりませんが、流入するのは「私に」対してでしょう、そして「話しから」流入していることが「雲」からわかるのでしょう。

 

(3) 訳文

人間つの思考、数千の、それどころか無数天使たちが協力しており神メシアはそれらのすべての者を統制し、導かれている

 

254. このことは、単純に、思考は一つであり、れを形作る無数のものから合成されたものでもない、と考える人間、背理のように見られてしまうであろう。しかしそのことは自然の中のさらに非常に多くのものから示されることができる、一つの行動へ筋肉の数千の、無数のものが、また脳からの最小の〔神経〕繊維もまた、行動へまで協力していることである。同様、全自然の中で、一つの対象を形作るために、無数の光線が、そのように植物それらの繁殖けて〔無数のものが協力している〕

 しかし、同様のことが、人間の思考で、その情愛にも生じることは、背理のように見られる、人間の心の中への霊と天使たちの働きが経験によって確立されていないからである、しかし、経験から、神メシアの慈悲によって、私、数千天使たちが、たとえいくらかの者だけが最も近くにいるにしても、協力していることをうことができる。私経験説明することができないしかし、私、目なおまた感覚ときどきされたことだけを〔述べよう〕、私きもさらにまたぼんやりと知覚したしかし把握するようにと明瞭〔知覚した〕、そのことを、確かなこととして断言することができる、私、感覚ブツブツから、何らかの方法またそれらを〕交替知覚したしかし、彼らの位置状態、神メシアの意向のままに、変化していたこのことは、学識のあるもし、自然界にあるものと天界存在すべきものとをしく比較する、驚くべきことではないであろう17471119日、旧暦。話しからもまたどれだけ〔私〕流入するかるために、〔私〕話、〔自分の〕まわりの白光りするした霊のように。

author:yasubee, category:霊界体験記, 21:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1095118