RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 261

(1) 原文

De liberatione eorum qui vincti in fovea sunt, inde{1} quid dolor parturientis

 

261.  Quidam ex iis, qui vincti in fovea, non prius liberantur, quam ad ultimum desperationis perveniant, hoc est, quando ultimum debiti solverint [Matth. V: 26], hoc quoque vocatur dolor parturientis, adque os matricis venire.

@1 ms. sunt inde

 

(2) 直訳

De liberatione eorum qui vincti in fovea sunt, inde{1} quid dolor parturientis 彼らの解放についてそのられている、ここから、何が陣痛にある女の苦しみか

261.  Quidam ex iis, qui vincti in fovea, non prius liberantur, quam ad ultimum desperationis perveniant, hoc est, quando ultimum debiti solverint [Matth. V: 26], hoc quoque vocatur dolor parturientis, adque os matricis venire. 彼らからのあるそのられている、以前解放されない、絶望最後のものに達するよりも、すなわち、負債(借金)の最後のものを解いた(=支払った)時〔マタイ5:26〕、このこともまた陣痛にある女の苦しみと呼ばれている、そして子宮の口にやって来ること。

 

(3) 訳文

られている解放、ここから、何が陣痛にある女の苦しみか、について

 

261. 穴られている者たちからのある、絶望最後のものに達するよりも、すなわち、負債の最後のものを支払った時〔マタイ5:26〕よりも解放されない、このこともまた、陣痛にある女の苦しみ、そして子宮の口にやって来ること、と呼ばれている。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。