RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 272

(1) 原文

De quodam qui in inferiorem locum demissus, tandem elevaretur

 

272.  Quidam in locum inferiorum demissus, tandem elevabatur, sed in via is admodum laborabat, nitebaturque summo studio et labore ascendere, sed diu incassum, ex quo concludere potui, quod ascensus sit ac elevatio per Deum Messiam, Qui Solus miserabiles ex fovea exsolvit, et elevat, inque coelos attollit; cum eodem loquebar, cum laborabat, et postquam ei concessum erat, emergere ex inferiorum loco, sic ut veritas per vivam experientiam contestata sit. 1747, die 27 vel 28 Nov.

 

(2) 直訳

De quodam qui in inferiorem locum demissus, tandem elevaretur あるについてその場所降ろされていた、最後に上げられた

272.  Quidam in locum inferiorum demissus, tandem elevabatur, 低場所降ろされたある者が、最後に上げられた、

sed in via is admodum laborabat, nitebaturque summo studio et labore ascendere, sed diu incassum, しかし、途中、彼非常苦労した(いた)て上ることに最大の熱意と労働で努力した、しかし、長い間、むだ〔だった〕、

ex quo concludere potui, quod ascensus sit ac elevatio per Deum Messiam, Qui Solus miserabiles ex fovea exsolvit, et elevat, inque coelos attollit; そのことから結論することができた、上がるそして上げること(高揚)は神メシアによって〔である〕こと、その方おひとりが悲惨な者たちを穴から解放する、また上げる、そして天界の中に持ち上げる。

cum eodem loquebar, cum laborabat, et postquam ei concessum erat, emergere ex inferiorum loco, sic ut veritas per vivam experientiam contestata sit. 同私が話したとき、労働した、またその後、彼に許された、低い場所から出てくる(上がる)ことが、このように狄人瓩箸靴得犬生きとした経験によって証明された。

1747, die 27 vel 28 Nov. 17471127あるいは28日に。

 

(3) 訳文

場所降ろされていたが、最後には上げられたあるについて

 

272. 低場所降ろされたある者が、最後に上げられた、しかし、途中、彼非常苦労そして上ることに最大の熱意と労働で努力した、しかし、長い間、むだだった。そのことから、上がるそして上げることは神メシアによってであり、その方おひとりが悲惨な者たちを穴から解放し、上げ、そして天界へ持ち上げるこよを結論することができた。労働し、またその後、低い場所から出てくることが許されたその同私が話したとき、このように狄人瓩箸靴得犬た経験によって証明された。

17471127あるいは28日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 06:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。