RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 277

(1) 原文

Quod mare tumultuans cum fluctibus magnis, visum

 

277.  Quando ex misericordia Dei Messiae perducerer per mansiones aliquas interioris coeli, etiam spectare mihi concedebatur non prope, mare quoddam grande, tumultuans cum magnis fluctibus, qui appellebant ad quendam limitem non mihi visum, dicebatur, quod ii tales phantasias habent, qui magni in orbe volunt esse, et omnia permutare in nova, ac inde sibi gloriam comparare, ita est elatio animi apud eos, quae talem phantasiam producit. 1747, die 29 Nov.

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

(2) 直訳

Quod mare tumultuans cum fluctibus magnis, visum 大きな波とともに荒れる海、〔が〕見られたこと

277.  Quando ex misericordia Dei Messiae perducerer per mansiones aliquas interioris coeli, etiam spectare mihi concedebatur non prope, mare quoddam grande, tumultuans cum magnis fluctibus, qui appellebant ad quendam limitem non mihi visum, 私が、神メシアの慈悲から内的な天界のいくつかの住まいを通って導かれた時、私に見ることが許された、近くでなく、ある大きな海を、大きな波とともに荒れる、それは私に見られないある種の境界へ近づいた、

dicebatur, quod ii tales phantasias habent, qui magni in orbe volunt esse, et omnia permutare in nova, ac inde sibi gloriam comparare, 言われた、彼らはそのような幻想を持っていること、その者は世界の中で勢力がある(偉大である)ことを欲する、またすべてのものを新しいものに取り替えること、そしてここから自分自身に栄光(名声)を得ること、

ita est elatio animi apud eos, quae talem phantasiam producit. そのように〔それは〕彼らのもとの心(アニムス)の高まりである、それはこのような幻想を生み出す。

1747, die 29 Nov. 17471129日に。

 

(3) 訳文

きなとともにれるられた

 

277. 私、神メシアの慈悲から内的天界のいくつかのまいをってかれた時、私、近くでなく、大きなとともにれるあるきなることがされた、、それ〔波〕られないある境界づいていた。世界勢力がある(偉大である)ことまたすべてのものをしいものにえることそしてここから自分自身名声ることをするそのような幻想っているわれた。そのようにそれは〕彼らのもとの(アニムス)まりでありそれはこのような幻想17471129日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 22:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。