RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 315

(1) 原文

Quod cogitationes hominis, ac ejus ideae, tam manifestae{1} appareant in coelis,

et quod [qui ibi] tam manifeste videre possint eas influere ad hominem et eum ducere ad loquendum,

ut homo non autumare queat manifestius dari.

 

315. Quaedam anima erat, cum malis spiritibus circum eum, qui, ut arbitrari possum, <quod> nusquam aliud putaverit, quam{2} quod ex se omnia et singula cogitaret, ac ageret; ut appareret distincte coram animabus et spiritibus circumstantibus, quomodo talis anima ducitur, et quod nihil usque dicat loquaturque nisi quod per spiritus circum eum, ei invisibiles, influat, modo vocula <quae> dictabatur, et apparebat, ut fieri solet in coelo spirituali, et audiebatur, quod vox demissa se volveret inter spiritus, et sic veniret ad omnes, qui loquebantur, et anima in medio, sic putabat se loqui ex se, nec aliud, is dicit nunc, quod nosse potuit; mox similiter sed citius loqui secundum cogitata ejus concedebatur, ut sisteretur, quam manifeste eadem appercipi et audiri queant{3} in intimioribus adhuc: loquela fiebat cito, sicut homo dum cogitat, aliquantum{4} lentiusquod{5} simili modo existebatsed{6} tunc appercipi potuit, quod anima ista circumdata nihil aliud scire potuit, quam quod is esset, qui cogitabat loquebatur[que]. 1747, die 8 Dec.

@1 ms. manistae

@2 sic J.F.I. Tafel; ms. quod

@3 sic J.F.I. Tafel; ms. audire queat

@4 ms. cogitat; aliquantum

@5 ms. lentius, quod ubi lentius imperfecte scriptum est

@6 ms. existabat (sic!), sed

 

(2) 直訳

Quod cogitationes hominis, ac ejus ideae, tam manifestae{1} appareant in coelis, 人間の思考が、そして彼の観念が、これほどにはっきりと天界の中に見られること、

 et quod [qui ibi] tam manifeste videre possint eas influere ad hominem et eum ducere ad loquendum, また〔そこにいる者が〕これほどにそれらをはっきりと見ることできること、人間へ流入すること、また彼を話すことへ導くこと、

ut homo non autumare queat manifestius dari. 人間が推量する(思う)ことができないように、さらにはっきり存在することを。

315. Quaedam anima erat, cum malis spiritibus circum eum, qui, ut arbitrari possum, <quod> nusquam aliud putaverit, quam{2} quod ex se omnia et singula cogitaret, ac ageret; ある霊魂がいた、彼の周囲の悪霊とともに、その者は、私が思うことができるように、何らかのものを決して考えなかった、自分自身からすべてと個々のものを考える、そして行動していること以外に。

ut appareret distincte coram animabus et spiritibus circumstantibus, quomodo talis anima ducitur, et quod nihil usque dicat loquaturque nisi quod per spiritus circum eum, ei invisibiles, influat, modo vocula <quae> dictabatur, et apparebat, ut fieri solet in coelo spirituali, et audiebatur, 霊魂と霊たちの前に、明瞭に見られるために、どのようにこのような霊魂が導かれるか、またそれでも何も言わない、そして話さないこと、それは彼の周囲の霊たちを通してでないなら、彼に見られない、流入する、単なる単語が言われた、また見られた、霊的な天界の中でよく生じるような、また聞かれた、

quod vox demissa se volveret inter spiritus, et sic veniret ad omnes, qui loquebantur, 降ろされた言葉は霊たちの間を転がりながら進んだ、またこのようにすべての者へやって来た、その者は話していた、

et anima in medio, sic putabat se loqui ex se, nec aliud, is dicit nunc, quod nosse potuit; また、真ん中の中の霊魂は、このように思った、自分自身から自分自身が話していること、他のことも〔思わ〕ない、それを、今、言っている、知ることができたこと。

mox similiter sed citius loqui secundum cogitata ejus concedebatur, ut sisteretur, quam manifeste eadem appercipi et audiri queant{3} in intimioribus adhuc: 間もなく、同様に、しかし(さらに)速く話すことが、彼の思考にしたがって許された(与えられた)、示されるために、どれほどはっきりと同じことが把握されること、また聞かれることができるか、なおさら、さらに内的な者の中に――

loquela fiebat cito, sicut homo dum cogitat, aliquantum{4} lentiusquod{5} simili modo existebat− 話すことは速く行なわれた、人間が考える時のように、いくぶん(さらに)――そのことは同様の方法で存在するようになる――

sed{6} tunc appercipi potuit, quod anima ista circumdata nihil aliud scire potuit, quam quod is esset, qui cogitabat loquebatur[que]. しかし、その時、把握することができた、囲まれていたその霊魂は、何らかのものを何も知ることができなかった、彼であったこと以外に、その者が考えた、〔そして〕話した。

1747, die 8 Dec. 1747128日に。

 

(3) 訳文

人間思考そして観念これほどにはっきりと天界られることまたそこにいる〕人間流入、彼すことへくこと、〔このことが〕存在することを人間推量することできないようにもこれほどにそれらをはっきりとることできること

 

315. ある霊魂周囲悪霊とともにいたその、私うことができるように、自分自身からすべてと個々のものをそして行動していること以外してえなかった。霊魂たちのどのようにこのような霊魂かれるかまたそれでもられない周囲たちをして流入するのでないならわないそしてさないことが明瞭られるために、単なる単語〔言葉〕われ、聞かれ、霊的天界でよくじるような〔そのことが〕見られた。降ろされた言葉たちのがりながらこのようにしていたすべてのへやってまた、真霊魂、自分自身から自分自身していると、今、言っていること以外〕他のことを思わないことをることができた。間もなく、同様しか思考にしたがって(さらに)すことがされたどれほどはっきりとじことが把握され、聞かれることができるかなおさらさらに内的されるために――話すことはなわれた、〔また〕人間えるのようにいくぶん(さらに)――そのことは同様に存在するようになる――しかし、その時、囲まれていたその霊魂は、考え、〔そして〕話した者が自分であったこと以外に何も知ることができなかったことを把握することができた。1747128日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 07:17
comments(0), -, pookmark
Comment