RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 318

(1) 原文

Quod astutia diaboli pervertendi vera et bona non satis exprimi queat

 

318.  Nunc ab experientia viva edoctus quoque sum, quod diabolicae turbae tanta astutia sit, ut etiam coelestes posset pervertere, si possibile esset, circumdabar enim quamultis{a} ex diaboli turba dolosa et perniciosa, quae cum aliis in coelo, cum iis communicantibus, pervertebant omnia; cogitata, quae erant tunc ex Verbo Dei Messiaeet{1} quidem veritates quas mens capiebat, et ii in momento ex mente mea capere possentac{2} ea tam solerter in falsitates vertebant, ut coelestes, qui ad distantiam abinde fuerunt, inciperent perturbari, adeo ut non amplius sustinere possent, putando, quod etiam ii potuissent perverti, quod percipere mihi dabatur, ex eorum lamentatione, et querela, quare talis est astutia diaboli, qui in inferno vinctus tenetur, ut etiam capacem se putet pervertere coelestes, qui tametsi tutissimi sunt, usque sibi timent; quod circumdabar turba diabolica tali, id non solum ex coelestibus audire mihi dabatur, sed etiam ex sensu manifesto, tam per frigidiusculum ventum, quoties congregarentur, et e novo, <quam>{3} per frigus, quo afficiebar, pariter per sensationem obscuram, quum operarentur, nempe quum perverterent vera in falsa, tum etiam per increpationem viva voce, et ex eorum responsis, similiter ab iis qui tunc circum me erant, qui dicebant se interea in inferno fuisse, et dirissima vidisse, qui circa finem cognoscebant se prope me fuisse; nam infernum non est in uno loco, sed ubivis, sicut etiam coelum, imo coeli, et Deus Messias. 1747, die 8 Dec.

@1 ms. Messiae, et

@2 ms. possent, ac

@3 in ms. et e novo, supra non deletum quam interlinealiter postscriplum est〔行間に quam が書かれているが、それが消されていない⇒なので本文から省く〕

@a = quammultis

『索引』(Angelus)ではここの coelestes angelicos spiritus となっています。

 

(2) 直訳

Quod astutia diaboli pervertendi vera et bona non satis exprimi queat 善真理歪曲しよう(ゆがめよう)とする悪魔のずるさ(欺き)は十分に表現されることができないこと

318.  Nunc ab experientia viva edoctus quoque sum, quod diabolicae turbae tanta astutia sit, ut etiam coelestes posset pervertere, si possibile esset, 今、生きいきとした経験からもまたえられた、悪魔れのずるさ(欺き)がそれほどのものであること、天界の者もまたゆがめることができるような、もし、可能であった(=ある)なら、

circumdabar enim quamultis{a} ex diaboli turba dolosa et perniciosa, quae cum aliis in coelo, cum iis communicantibus, pervertebant omnia; というのは、私非常くのきと有害悪魔れからまれたからそれらは天界、彼らに伝達してすべてのものを歪曲した

cogitata, quae erant tunc ex Verbo Dei Messiaeet{1} quidem veritates quas mens capiebat, et ii in momento ex mente mea capere possent−考(事柄)それらはその時、神メシアのみことばからであった――そのうえ、狄人それらは〔私〕心をつかんだまたらは一瞬からうことができた――

ac{2} ea tam solerter in falsitates vertebant, ut coelestes, qui ad distantiam abinde fuerunt, inciperent perturbari, adeo ut non amplius sustinere possent, putando, quod etiam ii potuissent perverti, そしてそれらをこれほどに、みに虚偽えた、天界たちがそのたちはそこから離(たり)いた、混乱させられることがまったこれほどまでも、もはやえることができない,思って、彼らもまたゆがめられることができたこと

quod percipere mihi dabatur, ex eorum lamentatione, et querela, そのことを知覚することがえられた、彼らのきからまた苦情、

quare talis est astutia diaboli, qui in inferno vinctus tenetur, ut etiam capacem se putet pervertere coelestes, qui tametsi tutissimi sunt, usque sibi timent; それゆえ、悪魔のずるさ(欺き)はこのようなものである、その者は地獄の中に束縛された保たれる、さらにまた能力がある、自分自身を思う、天界の者をゆがめることのような、その者はたとえ最も安全であっても、それでも(自分自身に)れる。

quod circumdabar turba diabolica tali, id non solum ex coelestibus audire mihi dabatur, sed etiam ex sensu manifesto, 私がこのような悪魔れにまれていることそのことを天界たちからくことがえられただけでなくはっきりとした感覚からもまた

tam per frigidiusculum ventum, quoties congregarentur, これほどにいくぶんたいによって、彼らがめられるたびごとに

et e novo, <quam>{3} per frigus, quo afficiebar, pariter per sensationem obscuram, quum operarentur, nempe quum perverterent vera in falsa, tum etiam per increpationem viva voce, et ex eorum responsis, また新しいものから、寒さによって、それによって私は働きかけられた、同じく不明瞭な感覚によって、働きかける(活動する)き、すなわち、真理を虚偽の中に歪曲するとき、なおさらにまた生きた言葉(直接の話し言葉)で叱責によって、また彼らの返事(反応)から、

similiter ab iis qui tunc circum me erant, qui dicebant se interea in inferno fuisse, et dirissima vidisse, 同様に彼らにより、その者は、その時、私の周囲にいた、その者は言った、自分たち自身がその間に、地獄の中にいた、また最も恐れしいものを見たこと、

qui circa finem cognoscebant se prope me fuisse; その者たちは終わりのころ知った、自便自身が私の近くにいたこと。

nam infernum non est in uno loco, sed ubivis, sicut etiam coelum, imo coeli, et Deus Messias. なぜなら、地獄はある場所の中にないからである、しかし、どこにでも、天界の〔中に〕も〜のように、実に、天界、また神メシア〔もどこにでもある、いる〕。

1747, die 8 Dec. 1747128日。

 

(3) 訳文

真理ゆがめようとする悪魔のずるさは十分に表現されることができないこと

 

318. 今、生きいきとした経験からもまた、悪魔れのずるさが、もし、可能であるなら、天界の者もまたゆがめることができるような、それほどのものであることうぃえられた。というのは、私非常くのきと有害悪魔れからまれ、彼らは天界伝達してすべてのものをゆがめたからであるその時、神メシアのみことばからであったえを――そのうえ、〔私〕心をつかんだ狄人、彼らは一瞬からうことができた――そしてそれらをこれほどにみに虚偽えたそこからたっていた天界たちが、混乱させられることがまり、自分たちもまたこれほどまでもゆがめられることができるもはやえることができないってたこと、私にそのことを、彼らのきまた苦情から知覚することがえられたそれゆえ、地獄に束縛されて保たれる悪魔のずるさはこのようなものであり、さらにまた、自分自身に天界の者をゆがめるような能力もあると思っている、天界の者はたとえ最も安全であっても、それでもれる。私がこのような悪魔れにまれていることそのことを天界たちからくことだけでなく彼らがめられるたびごとにこれほどにいくぶんたいによってはっきりとした感覚からもまたえられたまたさによって、新しいものからそれによって、同じく不明瞭感覚によってきかけられた、働きかけるすなわち、真理虚偽歪曲するときさらにまた、生きた葉(直接言葉)もよる叱責によってまたらの返事(反応)らである。同様に、その時、私の周囲にいた者により、その者は、その間、自分たち自身が、地獄の中にいた、また最も恐れしいものを見た、と言った。その者たちは終わりのころ、自便自身が私の近くにいたことを知った。なぜなら、地獄はある場所の中になく、しかし、どこにでもあるからである、天界の中にもあるように、実に、天界と神メシアも〔どこにでもあり、おられる〕。1747128日に。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:02
comments(0), -, pookmark
Comment