RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 319〜321

(1) 原文

Quod animae mortuorum nequaquam aliter sciunt, quam quod in vita corporis sint{1},

sed mutationes status varias in eo subeunt

 

319.  Cum pluribus iis loquutus sum, qui discesserant seu obierant vitam corporis, tam notis quam ignotis, de quibus haec possum narrare, sed [per] satis multam experientiam, quia a pluribus collecta, nempe quod animae haudquaquam aliud putaverint, ac quod essent in vita corporis, et quod similiter cogitarent, et in principio utplurimum iis, quae proxime et intus eos affecerunt, et quasi traxerunt ad cupiendum, et ad agendum; hoc multi <eorum> tam hodie quam prius, eorum, qui circum me, agnoscunt, et nunc mirantur, qui nunc percipiunt se in altera vita esse, sed quod statum eorum attinet, dantur eorum status, et horum mutationes permultae, solum inter somnum eorum summum, et vigiliam eorum summam, fatentur, quod etiam ab experientia didici, quod similis vigiliae status iis sit, qualis in vita corporis, et quidem adhuc multo perfectior, in eo quod interiora loquelae et idearum capere et percipere possint; ex summo hoc vigiliae eorum statu, in statum somni etiam feruntur, sicut homo qui dum ex vigilia in statum somni sensim cadit, imo in talem somnum, in quo etiam somnia somniaret{2}, et sic ab uno in alterum; datur etiam status somni quasi vigilis, in quo etiam ego fuiet{3} sic didici haec et illa per experientiamin{4} quo statu sibi non videntur dormire, sed vigilare, quia cum socio, sociis, cum varietate in hoc statu ac in somno, loquuntur; hoc percipere potest homo, cui datum est per experientiam a vigilia, in plures status somni lenissimi, et dein soporis, cum imaginationis ideis variis conjuncti{5} [cadere]. Haec ita de animabus tam certo asseverare possum, ut nusquam aliquid dubium inde moveri queat.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. sit

@2nisi legendum cum J.F.I. Tafel somniant

@3ms. fui, et

@4 ms. experientiam, in

@5 ms. variis, conjuncti

欄外に数字「1. 2.」があります、これは「直訳」で示します。

 

(2) 直訳

Quod animae mortuorum nequaquam aliter sciunt, quam quod in vita corporis sint{1}, sed mutationes status varias in eo subeunt 死んだ霊魂してなってらないこと、身体のいのちの中で生きていること以外に、しかし、いろいろな状態の変化をその中で経験する(受ける)

319.  Cum pluribus iis loquutus sum, qui discesserant seu obierant vitam corporis, tam notis quam ignotis, de quibus haec possum narrare, 多くのらと、私したその身体のいのちからったすなわち、死んだ、よく知っている者も知らない者も、それらの者について私はこれらを物語ることができる、

sed [per] satis multam experientiam, quia a pluribus collecta, しかし、十分くの経験〔によって〕、多くのものから集められたので、

nempe quod animae haudquaquam aliud putaverint, ac quod essent in vita corporis, et quod similiter cogitarent, et in principio utplurimum iis, quae proxime et intus eos affecerunt, et quasi traxerunt ad cupiendum, et ad agendum; すなわち、霊魂たちはしてことを考えなかったこと、そして身体のいのちの中にいたこと、また同様に考えたこと、また、最初は、彼らの大部分の者は、それらは最も近くにまた内部に〔いた〕、彼らに働きかけた、またあたかも駆り立てた、欲望することへ向けて、また行動することへ向けて。

1. hoc multi <eorum> tam hodie quam prius, eorum, qui circum me, agnoscunt, et nunc mirantur, qui nunc percipiunt se in altera vita esse, (1) このことを〔彼らの←不要〕多くの者が、今日も以前も、彼らの、その者は私の周囲に〔いた〕、認めた、また今や、驚いている、その者は今や自分自身が来世の中にいることを知覚している、

sed quod statum eorum attinet, dantur eorum status, et horum mutationes permultae, solum inter somnum eorum summum, et vigiliam eorum summam, しかし、彼らの状態については、彼らの状態存在するまたこれらの非常くの変化、彼らの最高度の眠りと、彼らの最高度の目覚めの間だけでも、

fatentur, quod etiam ab experientia didici, quod similis vigiliae status iis sit, qualis in vita corporis, et quidem adhuc multo perfectior, in eo quod interiora loquelae et idearum capere et percipere possint; 彼らはめた(告白した)、私もまた経験からんだ(disco)、同様の目覚めの状態が彼らにあること、身体のいのちの中にあるような、実際に(そのうえ)、さらにもっと完全な、その中で、話しと観念の内的なものを把握することと知覚することができる。

2. ex summo hoc vigiliae eorum statu, in statum somni etiam feruntur, sicut homo qui dum ex vigilia in statum somni sensim cadit, imo in talem somnum, in quo etiam somnia somniaret{2}, et sic ab uno in alterum; (2) この最高度らの目覚めの状態から、眠りの状態へもまたばれる(かれる)、人間が、その者は目覚めから徐々に眠りの状態の中に落ち込むような、その中でもまた夢を夢見る、またこのようにあるもの〔状態〕から他のものの中に。

datur etiam status somni quasi vigilis, in quo etiam ego fuiet{3} sic didici haec et illa per experientiamin{4} quo statu sibi non videntur dormire, sed vigilare, quia cum socio, sociis, cum varietate in hoc statu ac in somno, loquuntur; あたかも目覚めかのようなりの状態存在するそのにもまたはいた――またこのようにこれらとそれらを経験によって教えられた――その状態の中で自分自身に眠っていることが見られない、しかし、目覚めていること、仲間、仲間たちとともに、この状態の中でそして眠りの中で変化とともに、話すからである。

hoc percipere potest homo, cui datum est per experientiam a vigilia, in plures status somni lenissimi, et dein soporis, cum imaginationis ideis variis conjuncti{5} [cadere]. このことを人間知覚することができるその経験によってえられた、目覚めから、最やかなりのくの状態またその後、深りの〔中〕、いろいろな想像観念結合した、〔落むこと〕。

Haec ita de animabus tam certo asseverare possum, ut nusquam aliquid dubium inde moveri queat. これらを、そのように霊魂について、これほどに確かに私は断言することができる、決して何らかの疑いがここから起こされることができないようにも。

 

(3) 訳文

んだ霊魂、身体のいのちの中で生きているとしか、決してらない、しかし、いろいろな状態の変化をその中で経験すること

 

319. 私、身体のいのちからったすなわち、死んだ、よく知っている者も知らない者も多くのした、それらの者について私はこれらを、(しかし)くのものから集められたので、十分くの経験〔によって〕、語ることができる。すなわち、霊魂たちはしてことを考えなかった、そして身体のいのちの中にいたこと、また同様に考えたこと、また、最初は、最も近くにまた内部にいた彼らの大部分の者は、それらは、彼らに働きかけ、いわば、欲望へ向けて、また行動へ向けて駆り立てた。

 (1) このことを私の周囲にいて、今や自分自身が来世の中にいることを知覚している多くの者が、今日も以前も、認め、今や、驚いている。しかし、彼らの状態については、彼らの最高度の眠りと、彼らの最高度の目覚めの間だけでも、これらの非常くの変化状態存在する、彼らは、私もまた経験からんだ、身体のいのちの中にあるようなのと同様の、そのうえ、さらにもっと完全な目覚めの状態が彼らにあることであるその中で、話しと観念の内的なものを把握することと知覚することができる。

 (2) このらの最高度目覚めの状態から、人間が目覚めから徐々に眠りの状態の中に落ち込むような、眠りの状態へもまたばれる、その中でもまたこのようにあるもの〔状態〕から他のものの中へと夢を見る。あたかも目覚めかのようなりの状態存在そのもいた――のようにこれらとそれらを経験によって教えられた――その状態の中で自分自身に眠っていることが見られない、しかし、仲間、仲間たちとともに目覚めている、この状態の中でそして眠りの中で変化とともに、話すからである。このことを、最やかなりのくの状態またその後、いろいろな想像観念結合したりからの目覚めからの経験によってえられた人間知覚することができる

 これらをそのように霊魂について、私してらかのいがここからこされることができないようにもこれほどにかに断言することができる

 

(1) 原文

320. Status somni eorum est, quando in statum eum veniunt, [seu] quum in eodem sunt, in quo dum vivunt, nec sciant aliter quam quod vivant, hunc statum tunc autumant esse suae vigiliae dum sunt in eo statu, sed status vigiliae est, seu incipit esse, quando cognoscunt, quod in altera vita sint, et non in vita corporis seu mundi. 1747, die 9 Dec.

 

(2) 直訳

320. Status somni eorum est, quando in statum eum veniunt, [seu] quum in eodem sunt, in quo dum vivunt, nec sciant aliter quam quod vivant, 彼らの眠りの状態である、彼らがその状態の中にやって来る時、〔すなわち〕同じ状態の中にいる時、その中で生きている時、異なって知らない、〔身体の中で〕生きていること以外に、

hunc statum tunc autumant esse suae vigiliae dum sunt in eo statu, この状態を、その時、自分の目覚めであると思っている(推量する)、その状態の中にいる時、

sed status vigiliae est, seu incipit esse, quando cognoscunt, quod in altera vita sint, et non in vita corporis seu mundi. しかし、目覚めの状態である、すなわち、〜であることが始まる、知る(認める)時、来世の中にいること、また身体のいのちの中に、すなわち、世の〔中にい〕ない。

1747, die 9 Dec. 1747129

 

(3) 訳文

320. 彼らがその状態の中にやって来る時、〔すなわち〕同じ状態の中にいる時、彼らの眠りの状態であり、その中で生きている時、〔身体の中で〕生きているとしか知らない。この状態を、その状態の中にいる時、自分の目覚めであると思っている。しかし、目覚めの状態は、来世の中にいること、また身体のいのちの中にいない、すなわち、世の中にいないことを知ることが始まる時である。1747129日。

 

(1) 原文

321. Tam facile labuntur ab uno statu in alterum, ut momento fiat; sed omnia et singula ex misericordia et dispositione Dei Messiae.

 

(2) 直訳

321. Tam facile labuntur ab uno statu in alterum, ut momento fiat; これほどに容易に彼らはある状態から他の中へ落ち込む(なる、変わる)、瞬間のように生じる。

sed omnia et singula ex misericordia et dispositione Dei Messiae. しかし、すべての個々のものは神メシアの慈悲と配置からである。

 

(3) 訳文

321. 一瞬に起こるかのように、これほどに容易に彼らはある状態から他の中へ落ち込む。しかし、すべての個々のものは、神メシアの慈悲と配置からである。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:50
comments(0), -, pookmark
Comment