RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 322

(1) 原文

Quod Amor, sic Misericordia Dei Messiae unice efficiat et agat,

quod Homo post mortem resurgat, et ad coelestia domicilia perducatur.

 

322.  Ex Divina Dei Messiae misericordia etiam concessum est mihi scire, et quidem hodie per experientiam, quod Amor <sit>, proinde Misericordia Dei Messiae erga genus humanum, quod omnes et singulos salvare et ab inferno trahere in coelum, velit, sit sola ac unica causa resurrectionis hominisnam{1} amor in se talem efficaciam habet, ut non aliter exprimi potest, quam per tractionemet{2} sic ad conjunctionem, quae fit indefinitis modis; per eandem misericordiam omnia et singula etiam in ordine et forma coelesti, successive ut existant{3}, et simul continentur. 1747, die 9 Dec.

@1 ms. hominis, nam〔「補足」で、またつでにおわかりとは思いますが、句読点についての注釈です〕

@2 ms. tractionem; et〔同上〕

@3 sic J.F.I Tafel; ms. existat

 

(2) 直訳

Quod Amor, sic Misericordia Dei Messiae unice efficiat et agat, quod Homo post mortem resurgat, et ad coelestia domicilia perducatur. 愛が、このように神メシアの慈悲がひとえにひき起こす、また働く(行なう)こと、人間が、死後、よみがえること、また天界の住居へ導かれる

322. Ex Divina Dei Messiae misericordia etiam concessum est mihi scire, et quidem hodie per experientiam, quod Amor <sit>, proinde Misericordia Dei Messiae erga genus humanum, quod omnes et singulos salvare et ab inferno trahere in coelum, velit, sit sola ac unica causa resurrectionis hominis−神メシアの神的慈悲からもまたえ私に知ることが許された、そのうえ(実際に)、今日、経験によって、愛が〔である←削除〕、したがって人類に対する神メシアの慈悲が、それがすべてのと個々の者を救うこと、また地獄から天界の中に導くこと、欲している、よみがえりの人間のただひとりのそして唯一の原因であること――

nam{1} amor in se talem efficaciam habet, ut non aliter exprimi potest, quam per tractionemet{2} sic ad conjunctionem, quae fit indefinitis modis; なぜなら、愛は本質的に(それ自体の中に)このような効力を持っているからである、異なって表現されることができないような、引っ張る力によって以外に――またこのように結合へ向けて、それは無限の方法で生じる。

per eandem misericordiam omnia et singula etiam in ordine et forma coelesti, successive ut existant{3}, et simul continentur. 同じ慈悲によって、すべてと個々のものもまた天界の秩序と形の中に、連続的に存在するようになる(生じる)うに、また一緒に保たれている。

1747, die 9 Dec. 1747129

 

(3) 訳文

神メシアの愛が、このように慈悲がひとえに、人間が死後によみがえり、天界の住居へ導かれることを引き起こし、行なうこと

 

322. 神メシアの神的慈悲からも、実際に、今日、経験によって、私に知ることが許された、愛が、したがって人類に対する神メシアの慈悲が、それがすべてのと個々の者を救い、地獄から天界へ導くことを欲しており、人間のよみがえりの(ただひとりのそして)唯一の原因であること――なぜなら、愛は本質的に、引っ張る力によってしか表現されることができないようなこのような効力を持っているからである――またこのように結合へ向けて、それは無限の方法で生じる。同じ慈悲によって、すべてと個々のものもまた天界の秩序と形の中に、連続的に存在するようになり、一緒に保たれている。1747129日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 05:42
comments(0), -, pookmark
Comment