RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 324

(1) 原文

Quod status spiritualium vitae hominis etiam in altera vita repraesententur per frigus et calorem

 

324.  Per experientiam vivam et plures iteratas etiam mihi ostensum est, quod ii qui vitam corporis vixerunt, se amorum{1} mundi, suique, secundum omnem statum eorum, gradus, et varietates frigida sint, et quidem ita frigida, ut membra mea varia frigore, iteratis vicibus, perstrinxerint, tum etiam per afflatus frigidos sicut venti, cum advenirent, ita sensibiliter, quasi ventus esset, similiter per calorem, sed permissive etiam calorem effingere iis datur; hi status etiam cum varietate indefinita sunt, sed quoque auferuntur, praeter apud quosdam, usque dum tolluntur in coelum, de quibus prius [297, 309]. 1747, die 9 Dec.

@1 nisi cum J.F.I. Tafel legeris amoris

 

(2) 直訳

Quod status spiritualium vitae hominis etiam in altera vita repraesententur per frigus et calorem 人間のいのちの霊的なものの状態もまた、来世の中で、冷たさと熱によって表象される

324.  Per experientiam vivam et plures iteratas etiam mihi ostensum est, quod ii qui vitam corporis vixerunt, se amorum{1} mundi, suique, secundum omnem statum eorum, gradus, et varietates frigida sint, et quidem ita frigida, ut membra mea varia frigore, iteratis vicibus, perstrinxerint, 生きいきとしたまたされたくの経験によってされた、彼らはその身体のいのちのきた、自分自身そして自己いのちの〕、状態、段階、またたさの変化にしたがっていたなおまた(実際)そのような冷たさ、私四肢をいろいろなたさでしの機会、激しくった

tum etiam per afflatus frigidos sicut venti, cum advenirent, ita sensibiliter, quasi ventus esset, なおまたさらにまた風のような冷たさのそよぎ(息)よって、彼らが近づくとき、そのように感覚で捕えられるように、あたかも風であったかのような。

similiter per calorem, 同様に、熱によって。

sed permissive etiam calorem effingere iis datur; (しかし)許しによって熱をでっちあげることもまた彼らに与えられた。

hi status etiam cum varietate indefinita sunt, sed quoque auferuntur, praeter apud quosdam, usque dum tolluntur in coelum, de quibus prius [297, 309]. これらの状態もまた無限の変化とともある、しかし取り去れれもする、ある者のもとで除いて、天界の中へ上げられる時まで、それらについては以前〔297, 309☆〕に。

319番も加えたほうがよいでしょう。

1747, die 9 Dec. 1747129日に。

 

(3) 訳文

人間のいのちの霊的なものの状態もまた、来世の中で、冷たさと熱によって表象される

 

324. 生きいきとしたまたされたくの経験によってされた、身体のいのちの、自分自身世への愛そして自己愛に生きたいのちの〕、状態、段階、またたさの変化にしたがっていた、実際にそのような冷たさが私四肢をいろいろなたさで、繰、激しくったなおまた、彼らがづくとき、風のようなたさのそよぎ(息)よってそのように感覚えられるようにあたかもであったかのように。同様、熱によって。許しによってをでっちあげることもまたらにえられたこれらの状態もまた無限変化とともあるしかしれれもするあるのもとで、天界げられるまでをいてそれらについては以前〔297, 309, 319番〕に〔述べた〕1747129日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 06:30
comments(0), -, pookmark
Comment