RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 325

(1) 原文

Quod diaboli turba non solum nihil valeant, sed etiam percipere possint quid verum,

et id fateri et agnoscere, et quidem tanquam non invito

 

325.  Hoc hodie ab experientia edoctus sum, quod etiam ii ex diaboli turba, quae alioquin in iis quae verae fidei sunt, stupidissimi, usque redigebantur fateri quod scirent id verum esse, quod nihil possent a semet, quod agnoscebant prorsus, et quidem non ex ore, sed etiam ex quadam persuasione; postea tamen pudefacti sunt. 1747, die 9 Dec.

 

(2) 直訳

Quod diaboli turba non solum nihil valeant, sed etiam percipere possint quid verum, et id fateri et agnoscere, et quidem tanquam non invite 悪魔れはがないだけでなくしかし知覚することもできる、何真理またそのことを公言する(告白する)ことまためること、実際あたかも不本意(いやいやながら)のように

325.  Hoc hodie ab experientia edoctus sum, quod etiam ii ex diaboli turba, quae alioquin in iis quae verae fidei sunt, stupidissimi, usque redigebantur fateri quod scirent id verum esse, quod nihil possent a semet, このことを、今日、経験から私は教えられた、悪魔の群れからの彼らもまた、その者はそうでなければ彼らの中に信仰の真理のものがある、最も愚か〔である〕、それでも公言する(告白する)こと強いられた、それが真理であることを知っていること、自分自身からは何もできないこと。

quod agnoscebant prorsus, et quidem non ex ore, sed etiam ex quadam persuasione; 完全に認めたこと、実際に、口からでなく、しかしある種の確信からもまた。

postea tamen pudefacti sunt. その後、それでも恥じた。

1747, die 9 Dec. 1747129日に。

 

(3) 訳文

悪魔れはがないだけでなくしかし知覚すること、何真理またそのことを公言する(告白する)ことまためることもできる、実際あたかも不本意であるかのように

 

325. このことを、今日、経験からえられた、悪魔れからのらもまたそのはそうでなければらの信仰真理のものがあるが、最かでありそれでもそれが真理であるとっていること、自分自身からはもできない公言する(告白する)ことをいられた完全めたこと、実際、口からでなくしかしある確信からもまた その後、それでも恥じた。1747129日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 16:26
comments(0), -, pookmark
Comment