RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 327

(1) 原文

Qui in Deo Messia est, ei nihil damnabile esse potest

 

327.  Per experientiam manifestam edoctus sum, quod maledictio{1} impiorum et diaboli, cum aliis ejus artificiis, ne minimum laedere aut afficere possit eos, qui in Manu Dei Messiae sunt, hoc est, in Deo Messiâ: quod ostensum mihi per id, quod maledictio lecta, et a diabolis in repraesentationem versa, animo ut transferrent ad aliquem pium, sed mihi concessa est potentia ut maledictionis istius repraesentatio ad me rediret, quod cum alii abhorrerent, etiam usque in os meum et viscera{2} intrare permittebatur, ex fiducia, quod nihil tale, sic quod nihil ex maledictione diaboli nocere, minus afficere possit eos qui sunt in Deo Messia: hodie quoque a diaboli turba obsessus, quum incassum artificia sua exerceret, tandem remotus ex{3} continuis maledictionibus combinatis, et versus cor meum directis, per aliquot horas, ita continuatis et directis, et quidem tunc non sentire maledictiones potui, quam per palpitationes cordis sensibiles, et quandam etiam inde oriundam interioris corporis affectionem, tum etiam per insinuationem in cogitationes, quod vellent, ut desperarem de vita, quasi aliquid inde efficere possunt, sed usque nihil usque laedere potest minus afficere. 1747, die 11{4} Dec.

@1 ms. malidictio

@2 ms. viscere ut videtur

@3 ms. remotus, ex

@4 sic ms.

 

(2) 直訳

Qui in Deo Messia est, ei nihil damnabile esse potest 神メシアのにいる、彼らは断罪しうる(批難するこのとできる)もの存在できない

327.  Per experientiam manifestam edoctus sum, quod maledictio{1} impiorum et diaboli, cum aliis ejus artificiis, ne minimum laedere aut afficere possit eos, qui in Manu Dei Messiae sunt, hoc est, in Deo Messiâ: 明らかな経験により私は教えられた、不信心な者のまた悪魔の呪いが、他の彼の術策(たくらみ)とともに、最小のものも彼らを害うことがまたは働きかけることができないこと、その者はメシアの手のにいる、すなわち、神メシアの中に――

quod ostensum mihi per id, quod maledictio lecta, et a diabolis in repraesentationem versa, animo ut transferrent ad aliquem pium, そのことはそのことによって私に示された、呪いが読まれた、また悪魔により表象の中へ逸らされた、〜のつもりで、信心深いある者へ移すために。

sed mihi concessa est potentia ut maledictionis istius repraesentatio ad me rediret, しかし私に力が許された(与えられた)、その呪いの表象を私へ戻すように、

quod cum alii abhorrerent, etiam usque in os meum et viscera{2} intrare permittebatur, ex fiducia, quod nihil tale, sic quod nihil ex maledictione diaboli nocere, minus afficere possit eos qui sunt in Deo Messia: そのとき他の者たちはいやがったこと、さらにまた私の口また内臓の中にまで入ることが許された☆、信頼から、何もこのようなものは、このように何も悪魔の呪いから害することが、まして働きかけることが彼らをできない、その者はメシアのにいる――

このことが何を意味するのかよくわりません、「呪いの表象」とは何でしょうか、そしてそれが口の中に(これだとややわかる気もします)、身体の中に入るとは? この後では心臓に向かっています。

hodie quoque a diaboli turba obsessus, quum incassum artificia sua exerceret, 今日もまた悪魔の群れにより取りつかれた(包囲された)、そのとき空しく(むだに)自分の術策(たくらみ)を行なった、

tandem remotus ex{3} continuis maledictionibus combinatis, et versus cor meum directis, per aliquot horas, ita continuatis et directis, 最後に結合された連続する呪いから遠ざけられた、また私の心臓へ方へ向けられた、数時間にわたってそのように続けられまた向けられた、

et quidem tunc non sentire maledictiones potui, quam per palpitationes cordis sensibiles, et quandam etiam inde oriundam interioris corporis affectionem, tum etiam per insinuationem in cogitationes, quod vellent, ut desperarem de vita, quasi aliquid inde efficere possunt, 実際に、その時、私は呪いを感じることができなかった、心臓の動悸によって感覚によって捕えられる以外に、またある種の、ここから起こる身体の内的な情愛もまた、なおまた思考の中へ入り込むことによって、いのちについて私が絶望するように欲すること、あたかも〔彼らは〕何らかのものをここから引き起こすことができるかのように、

sed usque nihil usque laedere potest minus afficere. しかし、それでも何もやはり損なうことができない、まして働きかけることが。

1747, die 11{4} Dec. 17471211☆日に。

〔前後も10日なので〕おそらく10日でしょう。

 

(3) 訳文

メシアのにいる、何批難されることができない

 

327. 明らかな経験により、不信心悪魔いが、他術策とともにメシアのにいるすなわち、神メシアの最小のものすらうことまたはきかけることができないことをえられた――そのことは、悪魔により、信心深いあるすつもりで、呪いがまれたまた表象らされたことによってされたしかしそのいの表象すように、私えられたそのときたちはいやがったが、何もこのようなものはこのように悪魔いからすることがましてきかけることがメシアのにいるにできないという〕信頼からさらにまたまた内臓にまでることがされた1――今日もまた悪魔れによりりつかれたそのとき〔彼らは〕自分術策なったがむだだった最後結合された連続するまた心臓けられたいからざけられた、数時間にわたってそのようにけられまたけられた〔ものであった〕、実際その時、私いを感覚によってえられる以外じることができなかった、心臓動悸によってまたここからこる身体内的なある情愛によって、なおまたいのちについて絶望するようにあたかも〔彼らは〕何らかのものをここからこすことができるかのように思考むことによってであるしかしそれでももやはりなうことがましてきかけることができない17471211日☆2に。

 

1 このことが何を意味するのかよくわりません、「呪いの表象」とは具体的に何でしょうか、そしてそれが口の中に(これだとややわかる気もします、すなわち、呪いを口にする)、身体の中に入るとは? この後、心臓にも向けられています。

2 おそらく10日でしょう。

author:yasubee, category:霊界体験記, 22:42
comments(0), -, pookmark
Comment