RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 330

(1) 原文

Quod lignarii in altera vita consolationem accipiant

 

330.  De lignariis in altera vita prius dictum est [271], nempe quod continue laborent; sed quod tunc, quando ibi eram, non visum est, est quod quandoque iis appareat agnus cum agnello, qui dicunt ad eos, ut adhuc aliquantisper exspectent, et quod Deus Messias brevi venturus est; inde consolationem accipiunt. 1747, 13 Dec.

 

(2) 直訳

Quod lignarii in altera vita consolationem accipiant きこりは来世の中で慰めを受けること

330.  De lignariis in altera vita prius dictum est [271], nempe quod continue laborent; 来世の中の木こりについて以前に言われた〔271〕、すなわち、絶えず労働していること。

sed quod tunc, quando ibi eram, non visum est, est quod quandoque iis appareat agnus cum agnello, qui dicunt ad eos, ut adhuc aliquantisper exspectent, et quod Deus Messias brevi venturus est; しかし、そのことは、その時、そこに私がいた、見られなかった、そのことがある、時々、彼らに子羊とともに羊が見られる、それが彼らに言う、さらに少しの間、待つ(未来)ように、また神メシアがやがてやって来る(ことになる)こと。

inde consolationem accipiunt. ここから彼らは慰めを受ける。

1747, 13 Dec. 17471213日。

 

(3) 訳文

きこりは、来世めをけること

 

330. 来世こりについて以前われた271番〕、すなわち、絶えず労働していることであるしかしそのことはそこにがいたその時、見られず、時々、彼らに子羊とともにられることがありそれがらにさらにしの間、待つようにまたメシアがやがてやってることを言う。ここから彼らは慰めを受ける。17471213日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:18
comments(0), -, pookmark
Comment