RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 331,332

(1) 原文

[Quod principium]{1} invidiae quod apud infantes percipitur, sit dulcissimum

 

331.  Ab experientia hodie edoctus sum, quod invidia illa apparens, quae apud infantes erga alios infantes, dum aemulantur de matre, fluat a principio jucundissimo, exque amore, ita per coelum, dum enim tenebar in cogitatione de invidia infantum, mihi dicebatur e coelo, viva voce, quod perceperint dulcedinem coelestem, et quidem cum varietate secundum objecta; inde concludi potest, quod ipsae passiones et cupiditates in homine, omnes ex principio coelesti, et ex Ipso Amore sic per coelum influant{2}, sed quod in via extra coelum a spiritibus in contrarium flectantur, similiter ac in unoquovis homine, ut objecto, secundum ejus formam essentialem, et istius formae variationes, et harum status mutationes.

@1 ms. De principio deletum ut videtur, sed emendatio haec omissa

@2 sic J.F.I. Tafel; ms. influat

 

(2) 直訳

[Quod principium]{1} invidiae quod apud infantes percipitur, sit dulcissimum ねたみの最初のものそれは幼児のもとに知覚される〔こと、〕〔それは〕最も甘い(心地よい)〔ものである〕

331.  Ab experientia hodie edoctus sum, quod invidia illa apparens, quae apud infantes erga alios infantes, dum aemulantur de matre, fluat a principio jucundissimo, exque amore, ita per coelum, 今日、経験からえられた、その見られているねたみが、それは他の幼児に対する幼児のもとの、母について張り合う時、最も快いものの最初のものから流れ出る、そして愛から、そのように天界を通して、

dum enim tenebar in cogitatione de invidia infantum, mihi dicebatur e coelo, viva voce, quod perceperint dulcedinem coelestem, et quidem cum varietate secundum objecta; というのは、幼児のねたみついて思考たれていた時、私天界から生きた声で言われたからである、天界の甘さ(心地よさ)を知覚していること、実際に、対象にしたがっていろいろなものとともに。

inde concludi potest, quod ipsae passiones et cupiditates in homine, omnes ex principio coelesti, et ex Ipso Amore sic per coelum influant{2}, ここから結論されることができる、人間の中の熱情と欲望は、天界の最初のものからすべてのものは、またその方の愛から、このように天界を通して、流入する、

sed quod in via extra coelum a spiritibus in contrarium flectantur, しかし、それは途中で、天界の外で、霊たちにより反対のものに曲げられる、

similiter ac in unoquovis homine, ut objecto, secundum ejus formam essentialem, et istius formae variationes, et harum status mutationes. 同様に、そしてそれぞれの人間の中で、対象として、その本質的な形にしたがって、またそのいろいろな形に、またこれっらの状態の変化〔にしたがって曲げられる〕。

 

(3) 訳文

幼児のもとに知覚されるねたみの最初のものは、最も心地よいものであること

 

331. 今日、経験からえられた、母について張り合う時、他の幼児に対する幼児のもとその見られているねたみが、最も快いものの最初のものから、そして愛から、そのように天界を通して流れ出ることである、というのは、幼児のねたみついて思考たれていた時、私天界から生きた声で、天界の心地よさを、実際に、対象にしたがっていろいろなものとともに知覚している、と言われたからである。ここから、人間熱情欲望すべてのものは、天界最初のものからまたそのからこのように天界して流入している、と結論されることができるしかしそれは途中、天界、霊たちにより反対のものにげられる、同様そして対象としてそれぞれの人間その本質的形、またそのいろいろなまたこれっらの状態変化にしたがって〔曲げられる〕。

 

(1) 原文

332. Similiter ac veritates philosophicas, quae in se varietates sunt, in quocunque objecto seu homine per applicationem flectunt in malum, quia in consensum cum eorum cupiditatibus{1}, illis enim solent cupiditates suas confirmare, etiam ad persuasiones in semet.

 Similiter etiam veritates Verbi [flectunt], inde haereses, et ea quae inde fluunt, nempe condemnationes omnium qui non consentiunt. 1747, die 11{2} Dec.

@1 ms. cupiditibus

@2 sic ms.

 

(2) 直訳

332. Similiter ac veritates philosophicas, quae in se varietates sunt, in quocunque objecto seu homine per applicationem flectunt in malum, quia in consensum cum eorum cupiditatibus{1}, illis enim solent cupiditates suas confirmare, etiam ad persuasiones in semet. 同様にそして、哲学的な狄人瓩髻△修譴亘楴租に狄人瓩任△襦△匹鵑並仂櫃泙燭録祐屬涼罎悗眦用によって悪へ曲げる、彼らの欲望と一致の中に〔ある〕からである、というのは、それらで自分の欲望を確信することがよくあるからである、さらにまた信念へ向けて自分自身の中に。

Similiter etiam veritates Verbi [flectunt], inde haereses, et ea quae inde fluunt, nempe condemnationes omnium qui non consentiunt. 同様に、みことばの狄人瓩癲牟覆欧蕕譴襦諭△海海ら、異端が、またそれらが、それらはここから流れ出る、すなわち、すべての断罪が、その者は一致していない。

1747, die 11{2} Dec. 17471211日に。

 

(3) 訳文

332. 同様にそして、本質的に狄人瓩任△訶学的な狄人瓩髻△匹鵑並仂櫃涼罎悗泙燭録祐屬涼罎悗癲適用によって悪へ曲げる、彼らの欲望と一致の中に〔ある〕からである、というのは、それらで自分の欲望を、さらにまた信念へ向けて、自分自身の中に確信することがよくあるからである。同様に、みことばの狄人瓩癲牟覆欧蕕譴襦諭ここから、異端が、またここから流れ出る、すなわち、一致していない者のすべての断罪がある。17471211日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 09:20
comments(0), -, pookmark
Comment