RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 333

(1) 原文

Quod animae mortuorum secum a mundo trahant naturam corporis

 

333.  Animae mortuorum secum a corpore trahunt omnem naturamusque{1} adeo, ut putent se corpore [praeditas] esse, vestibus amictas{2}, et similiatum{3} etiam cupiditates, ut appetitus edendi, et similia, sic ut animabus inscripta sint ea, quae corporis{4}; naturam quam secum a mundo et corpore trahunt, retinent, verum temporis tractu quasi oblivioni traditur, quod{a} putent eam prorsus exuisse, utplurimum quando angeli facti, ob causam quod facultate recipiendi misericordiam Dei Messiae donati sint, inde ob facultatem{5} eam acceptam{6} videtur natura prior obliterata, cum tamen remanet, nam si beneplaceat Deo Messiae, donum Ipsius resumere, et restituere angelum in priorem ejus vitam, tunc fit ea anima prorsus ut fuit prius, dum e corpore exivit: sic unicuique{7} animae dici potest, quod nihil perdat, et quod nihil ei ablatum sit: sed tunc fiunt ferae bestiae ac diaboli. 1747, die 11 Dec.

@1 ms. naturam, usque

@2 ms. amictae

@3 ms. similia, tum

@4 ms. corporeis ut videtur

@5 imperfectum in ms.

@6 ms. accetam

@7 ms. unuicuiquc

@a h.e. sic ut

 

(2) 直訳

Quod animae mortuorum secum a mundo trahant naturam corporis 死んだ者の霊魂は自分自身に世から身体の性質を得る(引き寄せる)こと

333.  Animae mortuorum secum a corpore trahunt omnem naturamusque{1} adeo, ut putent se corpore [praeditas] esse, vestibus amictas{2}, et similia― 死んだ者の霊魂は身体からすべての性質を得る(引き寄せる)――それでもこれほど、自分自身に身体が〔備えられた〕いることのように、衣服で着て、また同様のもの――

tum{3} etiam cupiditates, ut appetitus edendi, et similia, sic ut animabus inscripta sint ea, quae corporis{4}; なおまたさらにまた欲望を、食べたい熱望(=食欲)のような、また同様のもの、そのように霊魂にそれらが刻み込まれている、それらは 身体のもの。

naturam quam secum a mundo et corpore trahunt, retinent, verum temporis tractu quasi oblivioni traditur, quod{a} putent eam prorsus exuisse, 性質を、それらを自分自身に世と身体から得ている、保持する、けれども、時の経過〔とともに〕いわば忘却に引き渡される(=ゆだねられる)

utplurimum quando angeli facti, ob causam quod facultate recipiendi misericordiam Dei Messiae donati sint, inde ob facultatem{5} eam acceptam{6} videtur natura prior obliterata, 大部分は、天使になった時、理由のために、神メシアの慈悲を受ける能力を与えられたこと、ここからそれを受けた能力のために、前の性質が忘れらたものに見られる。

cum tamen remanet, そのときそれでも残っている、

nam si beneplaceat Deo Messiae, donum Ipsius resumere, et restituere angelum in priorem ejus vitam, tunc fit ea anima prorsus ut fuit prius, dum e corpore exivit: なぜなら、もし、神メシアが喜ばれるなら、ご自分の贈り物(賜物)を取り戻すこと、また天使をその前のいのちへ戻すこと、その時、その霊魂はまったく前のようであったようになるからである、身体から出た時の――

sic unicuique{7} animae dici potest, quod nihil perdat, et quod nihil ei ablatum sit: このようにそれぞれの霊魂に言われることができる、何も失っていないこと、また何も取り去られていない(aufero)こと――

sed tunc fiunt ferae bestiae ac diaboli. しかし、その時、彼らは(動物の)獣になる、そして悪魔に。

1747, die 11 Dec. 17471211日に。

 

(3) 訳文

んだ霊魂、世から身体性質自分自身ること

 

333. 死んだ霊魂身体からすべての性質――それでも、自分自身身体が、また同様のものがえられ、衣服ているようにこれほどに――なおまた食欲のような欲望、また同様のものもそのように霊魂身体のものであるそれらがまれている。自分自身身体からている性質保持するけれども、時経過〔とともにいわば忘却ゆだねられる。大部分、天使になった時、神メシアの慈悲ける能力えられたことの理由のためにここからそれをけた能力のために、前性質れらたものにられるそのときそれでも残っている、なぜなら、もし、神メシアが、ご自分の贈り物を取り戻すこと、また天使をその前のいのちへ戻すことを喜ばれるなら、その時、その霊魂は身体から出た時のまったく前のようであったもののようになるからである――このようにそれぞれの霊魂が、何も失っていない、何も取り去られていない、と言われることができる――しかし、その時、彼らは獣に、そして悪魔になる。17471211日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 22:51
comments(0), -, pookmark
Comment