RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 335

(1) 原文

Quod Psalmi Davidis lecti, in coelo tantae efficaciae fuerunt, ut coelestes quidam non potuerint [non]{1} obstupescere

 

335.  Lecti sunt aliquot psalmi Davidis, et quidem ita, ut sensus interiores ac intimiores ex misericordia Dei Messiae, in perceptionem quorundam coelestium translati [fuerint]{2}, qui ita obstupuerunt, ut fassi sint viva voce, quod nusquam talia crediderint, etiam ii qui mortui in vita post mortem fuerunt, quia{3} apud eos quoque similiter operatum est Verbum; utque differentia observaretur, sensus Verbi etiam allatus est iis, qualis fere fuerat in vita, dum similia legerentur, qui tali differentia erat, ut fere ne quicquam vitae coelestis inde perceperint, inde concludi potest, qualis efficacia Verbo inest, quando Deus Messias ex misericordia id vivificat, et qualis dum litera quasi mortua est, sicut a mortuis dum legitur. 1747, die 13 Dec.

@1 sic J.F.I. Tafel

@2 sic J.F.I. Tafel

@3 sic J.F.I. Tafel; ms. qui

☆この段落は標題も含めて交差線で抹消されています。

 

(2) 直訳

Quod Psalmi Davidis lecti, in coelo tantae efficaciae fuerunt, ut coelestes quidam non potuerint [non]{1} obstupescere 読まれたダビデの詩篇、天界にそれほどの効力があったこと、天界のある(唖然とする)ことがない〕できないような

335.  Lecti sunt aliquot psalmi Davidis, et quidem ita, ut sensus interiores ac intimiores ex misericordia Dei Messiae, in perceptionem quorundam coelestium translati [fuerint]{2}, ダビデの詩編のいくつかが読まれた、実際にそのように、神メシアの慈悲からの内的なそしてさらに内的な意味が天界のある者の知覚の中に移された(transfero)ように、

qui ita obstupuerunt, ut fassi sint viva voce, quod nusquam talia crediderint, etiam ii qui mortui in vita post mortem fuerunt, quia{3} apud eos quoque similiter operatum est Verbum; その者はそのようにいた(唖然とした)、生きた声で公言したように、彼はそのようなものを決して信じなかったこと、彼らもまた、その者は死後のいのちの中で死んだものであった、彼らのもとでもまた同様にみことばの働きがあるからである。

utque differentia observaretur, sensus Verbi etiam allatus est iis, qualis fere fuerat in vita, dum similia legerentur, qui tali differentia erat, ut fere ne quicquam vitae coelestis inde perceperint, そして相違が観察されるために、みことばの意味もまた彼らに提示された(affero)、ほとんどいのちの中にあったような、同様のものが読まれた時、それはこのような相違があった、ほとんどどんなものでも天界のいのちをここから知覚しないような、

inde concludi potest, qualis efficacia Verbo inest, quando Deus Messias ex misericordia id vivificat, ここから結論されることができる、みことばにどのような効力が内在するか、神メシアが慈悲からそれを生かす時、

et qualis dum litera quasi mortua est, sicut a mortuis dum legitur. またどのようなものか、文字(文字どおりの意味)がいわば死んだものである時、死んだ者により読まれている時のように。

1747, die 13 Dec. 17471213日に。

 

(3) 訳文

ダビデの詩篇まれたとき、天界のある唖然とせざるをえないような、それほどの効力天界にあったこと

 

335. ダビデの詩編のいくつかがまれた、実際、神メシアの慈悲からの内的なそしてさらに内的意味天界のある知覚されたようにそのように〔読まれた〕。その生きた声で公言したようにそのように唖然とした、彼は、死後のいのちの中で死んだものであった者も、そのようなものを決して信じなかったことである、彼らのものでもまた同様にみことばの働きがあるからである。そして相違観察されるためにいのちのにあったようなものとほとんど〔同みことばの意味もまたらにされた、同様のものがまれた時、天界のいのちをどんなものでもここからほとんど知覚しないようなこのような相違があった

 ここから、みことばに、神メシアが慈悲からそれを生かす時、どのような効力が内在するか、また、死んだ者により読まれている時のように、文字どおりの意味がいわば死んだものである時、どのようなものか結論されることができる。17471213日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 07:04
comments(0), -, pookmark
Comment