RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 336

(1) 原文

Quod cognitiones spiritualium et coelestium, quae purae veritates sunt,

dum in mentis fide, tum in ejus cogitatione sunt, totum coelum angelorum possint jucunde afficere{1}

 

336.  Hodie ex misericordia Dei Messiae doctus sum, quod solum cogitationes veritatum coelestium, afficiant angelos, et sic universum coelum, modo ineffabili; coelum enim angelicum est in veritatis via, quia{2} nihil dari potest veritas nisi ducat ad Deum Messiam per fidem, inde jucunditas imo felicitas angelorum, ii enim sunt angeli, qui simul delectantur felicitate omnium, et omnium salutem desiderant, hoc enim est misericordiae, et hoc est amoris, et hoc est jucunditatis et felicitatis, inde felicitatis communio per universum coelum. Haec doctus sum ab iis qui jucunditatem istam coelestem perceperunt, momento cum coelestia vere cogitarem, et sic quasi a pacis somno evigilati perceptionem suae jucunditatis adepti sunt, et sic mihi viva voce testati sunt et confirmarunt. [Psalm. IV.]{3} 1747, 14 Dec.

@1 imperfectum in ms.

@2 partim oblitum in ms.

@3 hoc semideletum refert fortasse ad Psalm. IV: 7-8〔これは半分消されている、おそらく詩篇IV: 7-8に関わりがある〕

 

(2) 直訳

Quod cognitiones spiritualium et coelestium, quae purae veritates sunt, dum in mentis fide, tum in ejus cogitatione sunt, totum coelum angelorum possint jucunde afficere{1} 霊的なものと天的なものの認識それらは純粋狄人である、心の信仰の中に、なおまたその思考の中にある時、天使の全天界は快活に働きかけられることができること

336.  Hodie ex misericordia Dei Messiae doctus sum, quod solum cogitationes veritatum coelestium, afficiant angelos, et sic universum coelum, modo ineffabili; 今日、神メシアの慈悲からえられた、天界的な狄人瓩稜Ъ韻世韻天使たちを働きかけること、またこのように全天界を、言語に絶する方法で。

coelum enim angelicum est in veritatis via, うのは、天使天界狄人瓩瞭擦涼罎砲△襪ら☆、

ここの意味はこのままでは私にわかりません(「天界の中に狄人瓩瞭擦ある」なら、少しわかります)。

quia{2} nihil dari potest veritas nisi ducat ad Deum Messiam per fidem, 狄人瓩録仰によって神メシアへ導かないなら何も存在しないからである、

inde jucunditas imo felicitas angelorum, ここから、天使さがそれどころか、幸福が〔ある〕、

ii enim sunt angeli, qui simul delectantur felicitate omnium, et omnium salutem desiderant, hoc enim est misericordiae, et hoc est amoris, et hoc est jucunditatis et felicitatis, inde felicitatis communio per universum coelum. というのは、彼らは天使であるからその同時にすべての幸福しむ()、またすべての者の救いを願う、というのは、これは慈悲のものであるから、またこれは愛のものである、またこれは快さと幸福のものである、ここから全天界を通して(〜中に)幸福の共有が〔あるから〕。

Haec doctus sum ab iis qui jucunditatem istam coelestem perceperunt, momento cum coelestia vere cogitarem, これらをらからえられたその天界のそのさを知覚した、私天界のものをえたとき、一瞬

et sic quasi a pacis somno evigilati perceptionem suae jucunditatis adepti sunt, またこのようにいわば平和りから目覚めた、彼らは自分さの知覚(adipiscor)

et sic mihi viva voce testati sunt et confirmarunt. またこのようにきた証言したまた確信させた

[Psalm. IV.]{3} 〔詩篇4:

1747, 14 Dec. 17471214日。

 

(3) 訳文

純粋狄人である霊的なものと天的なものの認識、心の信仰の中に、なおまたその思考の中にある時、天使の全天界は快活に働きかけられることができること

 

336. 今日、神メシアの慈悲から、天界的な狄人瓩稜Ъ韻世韻、言語に絶する方法で、天使たちに、またこのように全天界に働きかけることを教えられた、とうのは、天使天界狄人瓩瞭擦涼罎砲△襪ら、狄人瓩蓮⊃仰によって神メシアへ導かないなら何も存在しないからである、ここから、天使さがそれどころか、幸福が〔ある〕、というのは、同時(一緒)すべての幸福しみ)、すべての者の救いを願う天使であるから、というのは、これは慈悲のもの、愛のものであり、これは快さと幸福のものであり、ここから全天界中に幸福の共有があるからである。

 これらを、天界のそのさを知覚したから、私天界のものをえたとき、一瞬またこのようにいわば平和りから目覚、自分さの知覚からえられたまたこのようにきた証言、確信させた。〔「詩篇」4:7-8〕。17471214日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 22:20
comments(0), -, pookmark
Comment