RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 338

(1) 原文

Quod quorundam vita intellectualis ex meris scandalis quam composita sit

 

338.  Quod scandala ventura, praedictum in Verbo [Matth. XVIII: 7, Luc. XVII: 1], et quidem contra fidem, seu veritates fidei, quae omnes spectant Deum Messiam, nam quod homo factus, loquutus sicut homo, et plura similia, mens naturalis nusquam potest credere, ideo tametsi fatetur fidem, usque dum mentem naturalem consulit, labitur in dubitationem{1} et sic in tacitam negationem; hoc sequitur in singulis, quae fidem concernunt, quapropter vita intellectualis consistit ex meris scandalis, sic Deus Messias Solus novit, num vita eorum qui prorsus negant Deum Messiam, usque ut blasphement, quum ita instructi sunt ab infantia, pejor sit, quam eorum, qui putarunt fidei doctrinam nosse, et professi. 1747, die 14 Dec.

@1 ms. dubitionem

 

(2) 直訳

Quod quorundam vita intellectualis ex meris scandalis quam composita sit ある知的ないのちはつまずきのだけから〔何と☆〕つくり上げられていること

このquamが訳せません、不要かと思うからです。

338.  Quod scandala ventura, praedictum in Verbo [Matth. XVIII: 7, Luc. XVII: 1], et quidem contra fidem, seu veritates fidei, quae omnes spectant Deum Messiam, つまずきがやって来ることが、みことばの中に予言されている〔マタイ18:7、ルカ17:1〕、実際に、信仰にまたは信仰の狄人瓩鉾燭垢襦△修譴蕕蓮⊃瀬瓮轡△北椶鮓けるすべてのもの〔に〕、

nam quod homo factus, loquutus sicut homo, et plura similia, mens naturalis nusquam potest credere, なぜなら、人間となったこと、人間のように話した、また多くの同様のものを、自然的な心は決して信じることができないからである、

ideo tametsi fatetur fidem, usque dum mentem naturalem consulit, labitur in dubitationem{1} et sic in tacitam negationem; それゆえ、たとえ信仰を公言し(告白し)ても、それでも、自然的な心に諮る時、疑いの中に落ち込む、またこのように暗黙の(黙っている)否定の中に。

hoc sequitur in singulis, quae fidem concernunt, quapropter vita intellectualis consistit ex meris scandalis, このことは個々のものの中でいえる、それらは信仰に関係がある、そのために、知的ないのちはつまずきだけから構成される(成り立っている)

sic Deus Messias Solus novit, num vita eorum qui prorsus negant Deum Messiam, usque ut blasphement, quum ita instructi sunt ab infantia, pejor sit, quam eorum, qui putarunt fidei doctrinam nosse, et professi. このように神メシアおひとりが知った(知っている)、彼らのいのちが〜かどうか、その者は神メシアをまったく否定する、冒涜するようにまでも、そのように幼児期から教えられたとき、さらに悪いものであるか、彼らよりも、その者は信仰を真理を知った、また公言(告白)した。

1747, die 14 Dec. 17471214日に。

 

(3) 訳文

ある知的ないのちはつまずきの石☆だけからつくり上げられていること

 

338. つまずきがやって来ることが、みことばの中に予言されている〔マタイ18:7、ルカ17:1〕、実際に、それらは、神メシアに目を向けるすべての信仰にまたは信仰の狄人瓩鉾燭垢襦なぜなら、〔神が〕人間となった、人間のように話したこと、また多くの同様のものを、自然的な心は決して信じることができないからである。それゆえ、たとえ信仰を告白しても、それでも、自然的な心に諮る時、疑いの中に、またこのように暗黙の否定の中に落ち込む。このことは信仰に関係がある個々のものの中でいえる、そのために、知的ないのちはつまずきの石だけから構成される。

 このように神メシアおひとりが、神メシアを冒涜するようにまでもまったく否定する者が、そのように幼児期から教えられたとき、信仰を真理を知り、告白した者よりも、彼らのいのちがさらに悪いものであるか、知られている。17471214日。

 

☆「つまずきの石」には「反感・中傷」の意味があります。

author:yasubee, category:霊界体験記, 06:23
comments(0), -, pookmark
Comment