RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 341

(1) 原文

Ut primum causae seu media deteguntur, aut detecta sibi esse credant, quod pereat fides.

 

341.  Aliquoties observatum est, quod fides pereat, ut primum causam norunt, aut se nosse putant; quod non potuerunt non agnoscere ii, qui illico dubitarunt de potestate Dei Messiae, quum apperciperent causam quandam, sicut quod fieret mediis angelis aut medio coelo, quare iis ostensum est, quod absque iis mediis fieret, quia Deus Messias est omnis in omni, et omnipotens; sed usque dum semel aut iterum causas apperceperint, inhaeret menti eorum, quod usque causa sit, quae latet, mediatrix, et sic quoque perit fides; haec quoque causa est, quod utprimum causam cujusdam{1} rei investigavisse se putant, omnem fidem rejiciant, quare etiam fides per philosophiam humanam destruitur, quia nullius non rei causam investigare suo modo, suaque philosophia volunt. 1747, die 14 Dec.

@1 ms. cujusdem
 

(2) 直訳

Ut primum causae seu media deteguntur, aut detecta sibi esse credant, quod pereat fides. 原因(理由)たは手段が明らかにされると直ぐに、または自分自身に明らかにされたことを信じる、信仰は滅びる(失われる)こと

341.  Aliquoties observatum est, quod fides pereat, ut primum causam norunt, aut se nosse putant; 数回、観察された、信仰が滅びる(失われる)こと、原因(理由)が知られると直ぐに、または自分自身が知っていることを思う。

quod non potuerunt non agnoscere ii, qui illico dubitarunt de potestate Dei Messiae, quum apperciperent causam quandam, sicut quod fieret mediis angelis aut medio coelo, 彼らは認めないことができなかったこと、その者は直ちに神メシアの力について疑った、ある原因(理由)を把握したとき、天使の手段で(媒介として)または天界の手段で(媒介として)行なわれたことのような、

quare iis ostensum est, quod absque iis mediis fieret, quia Deus Messias est omnis in omni, et omnipotens; それゆえ、彼らに示された、それらで(の)手段(媒介)なしに行なわれたこと、神メシアはすべての中のすべてであるからである、また全能。

sed usque dum semel aut iterum causas apperceperint, inhaeret menti eorum, quod usque causa sit, quae latet, mediatrix, et sic quoque perit fides; しかし、それでも、一度または再度、原因(理由)を把握した時、彼らの心に固定して残る(こびりつく)、それでも(やはり)原因(理由)があること、それは隠れている、媒介となる、またこのようにまた信仰は滅びる(失われる)

haec quoque causa est, quod utprimum causam cujusdam{1} rei investigavisse se putant, omnem fidem rejiciant, このこともまた原因(理由)である、物事のある原因(理由)を見つけたことを自分自身に思うとすぐに、すべての信仰(信念)を退ける☆こと、

☆ すなわち、(すべてではなく)自分が見つけ出したものだけを信じてしまうことです。

quare etiam fides per philosophiam humanam destruitur, quia nullius non rei causam investigare suo modo, suaque philosophia volunt. それゆえ、信仰もまた人間の哲学によって破壊される、〔人間は〕物事の原因(理由)を自分の手段で〔なく〕、そして自分の哲学でなく見つけ出すことを何も欲さないからである。

1747, die 14 Dec. 17471214

 

(3) 訳文

原因たは手段が明らかにされた、または自分自身に明らかにされたと信じると直ぐに、信仰は失われること

 

341. 原因が知られるかまたは自分自身が知っていると思うと直ぐに信仰が失われることが、数回、観察された。天使の手段でまたは天界の手段で行なわれたことのようなある原因を把握したとき、直ちに神メシアの力について疑った者たちは、そのこと〔信仰が失われること〕を認めざるをえなかったこと。それゆえ、彼らに、それらの手段なしに行なわれたことが示された、神メシアはすべての中のすべて、また全能であるからである。しかしそれでも、一度か二度、原因を把握した時、にやはり隠れている、媒介となる原因があることが彼らの心こびりつき、このようにまた、信仰は失われる。このこともまた、物事のある原因を見つけたことを自分自身に思うとすぐに、すべての信仰を退ける〔=自分が見つけ出したものだけを信じてしまう〕ことの原因である。それゆえ、信仰もまた人間の哲学によって破壊される、〔人間は〕物事の原因を自分の手段で、そして自分の哲学で見つけ出すことしか欲しないからである。17471214日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 09:24
comments(0), -, pookmark
Comment