RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 343

(1) 原文

Status tentationis et vastationis, quod Deus Messias nullum tentet{1}

 

343.  Ostensum etiam mihi est per vivam experientiam, quomodo tentationes fiunt per cruciatus angustiae internos, et simul dolores interiores, similiter quomodo in eo statu volunt scire, quid credendum, et [quod] semper occurrat id quod ex semet, nempe quod per tentationes aliquid mereri velint, et sic intrare in coelum, praeter alia quae observare non potui; tum qualis eorum cogitatio tunc erat, nempe quod quicquid audiverint et perceperint, nihil sint{2}, vanum, paene non verum, cum quodam conscientiae consensu; ita observare licuit, quomodo inde emergerent; verbo, quod non possint aliter putare, quam quod Deus Messias permittat tentationes, quod involvit tamen, quod tentet. 1747, die 15 Dec.

@1 supra hoc caput deletus est lineis transversis titulus:

Quod praevidentia et providentia ab aeterno in aeternum, ad finem optimum, sit etiam causa quod omnia

〔この章(見出し)上に斜めの線で消された「表題」がある――永遠から永遠の中への先見と摂理〔がある〕こと、最善の目的のために、原因もまた、すべてのものが〔ある〕〕

@2 sic ms.; vide praefationem hujus editionis sub capite "Idiosyncrasies"

 

(2) 直訳

Status tentationis et vastationis, quod Deus Messias nullum tentet{1} 試練と荒廃の状態、神メシアはだれも試みないこと

343.  Ostensum etiam mihi est per vivam experientiam, quomodo tentationes fiunt per cruciatus angustiae internos, et simul dolores interiores, さらにまた私に生きた経験によって示された、どのように試練は苦しみ(悩み)の責め苦、また同時に内的な苦痛(悲しみ)によって生じる(行なわれる)か、

similiter quomodo in eo statu volunt scire, quid credendum, 同様に、どのようにその状態の中で、知ることを欲しているか、何を信じたらよいか、

et [quod] semper occurrat id quod ex semet, nempe quod per tentationes aliquid mereri velint, et sic intrare in coelum, praeter alia quae observare non potui; また、常に、そのことが起こること、それは自分自身から、すなわち、試練によって何らかものに値することを欲すること、またこのように天界の中に入ることを、ほかに他のものを、それらを私は観察できなかった。

tum qualis eorum cogitatio tunc erat, nempe quod quicquid audiverint et perceperint, nihil sint{2}, vanum, paene non verum, cum quodam conscientiae consensu; なおまた、彼らの思考がどんなものであったか、その時、すなわち、彼らが聞いたまた知覚したどんなものでも、何ものでもなかった、空虚な、まったく真理でない、ある種の良心の同意とともに。

ita observare licuit, quomodo inde emergerent; そのように観察することが許された、どのようにここから彼らが解放されるか。

verbo, quod non possint aliter putare, quam quod Deus Messias permittat tentationes, quod involvit tamen, quod tentet. 一言でいえば、異なって思うことができなかったこと、神メシアが試練を許すこと以外に、それはそれでも含んでいた、〔神が〕試すことを。

1747, die 15 Dec. 17471215日に。

 

(3) 訳文

試練荒廃状態、神メシアはだれもみないこと

 

343. さらにまたきた経験によってされたどのように試練(みの苦、また同時内的しみによってじる、同様どのようにその状態、何じたらよいかることをしているかまた、常、自分自身からそのことがこることすなわち、試練によってらかものにすることをまたこのように天界ることをほかに観察できなかったのものをすることであるなおまた、彼らの思考がどんなものであったかその時、すなわち、彼らがいたまた知覚したどんなものでも、空虚まったく真理でないある良心同意とともに何ものでもなかった、そのように、どのようにここから彼らが解放されるか観察することが許された。一言でいえば、神メシアが試練を許されるとしか思うことができなかった、それでもそれは〔神が〕試みることを含んでいた。17471215日。

 

◎「主の祈り」の「私たちを試みに会わせないで…」は試練が神からのものではなく(=神が会わせる)でなく、私たちの中にある、とわかります(の試練の時に、求めてめているものは、よいものでもないこと←それで「会わせないでください」となります)

author:yasubee, category:霊界体験記, 06:32
comments(0), -, pookmark
Comment