RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 344〜346

(1) 原文

De Mahumede

 

344.  Erat repraesentatum quasi distinctum coelum, ubi cultores Mahumedis essent, sed ibi erant solum spiritus, non autem angeli, spiritus isti, cum audirent quid in hoc coelo diceretur, petierunt, ut etiam ascenderent, ac loquerentur, qui dum venirent{1}, tam scite et prudenter, tum etiam cum solertia amaena loquuti sunt, ut spiritus coeli Christianorum pudore afficerentur, tunc etiam aperta est communicatio, ut simul loqui possent, ac interrogati de Mahumede, ac respondebant quod agnoverint Mahumedem, aliter non scientes, sed quod solum adorare vellent Unum Deum creatorem coeli et terrae; tunc etiam Mahumed cum coeli istius motu quasi undulante, quia multi erant, iis respondebat, quod nihil ex se posset, ne quidem loqui, sed quod perciperet, quod nihil potentiae ex se haberet, et modo esset unicus, quod testatus est coram spiritibus, ita sublatus est inde, et adoravit Supremum Deum, nimirum Deum Messiam. 1747, 14 Dec. @1 ms. venerent

 

(2) 直訳

De Mahumede ムハンマドについて

344.  Erat repraesentatum quasi distinctum coelum, ubi cultores Mahumedis essent, sed ibi erant solum spiritus, non autem angeli, いわば別々の(区別のある)天界が表象された、そこにムハンマドの礼拝者がいた、しかし、霊たちだけがいた、けれども天使たちは〔い〕ない、

spiritus isti, cum audirent quid in hoc coelo diceretur, petierunt, ut etiam ascenderent, ac loquerentur, その霊たちは、何がこの天界の中で言われているか聞いたとき、求めた、さらにまた上るように、そして話す、

qui dum venirent{1}, tam scite et prudenter, tum etiam cum solertia amaena loquuti sunt, ut spiritus coeli Christianorum pudore afficerentur, その者はやって来たとき、これほどに巧妙にまた賢明に、なおまたさらにまた楽しい(快い)才なさとともに話した、キリスト教徒の天界の霊たちが恥ずかしさをかきたてられるような。

tunc etiam aperta est communicatio, ut simul loqui possent, その時もまた、伝達手段が開かれた、一緒に話すことができるような、

ac interrogati de Mahumede, ac respondebant quod agnoverint Mahumedem, aliter non scientes, sed quod solum adorare vellent Unum Deum creatorem coeli et terrae; そして、ムハンマドについて質問された、そして答えた、ムハンマドを認めたこと、異なって知っていないで、しかし、天地の創造者〔である〕唯一の神だけを崇拝することを欲していること。

tunc etiam Mahumed cum coeli istius motu quasi undulante, quia multi erant, iis respondebat, quod nihil ex se posset, ne quidem loqui, sed quod perciperet, quod nihil potentiae ex se haberet, et modo esset unicus, その時、ムハンマドもまた、あたかも波のように変化するその天界の動きとともに、多くの者がいたからである、彼らに答えた、自分自身からでは何にもできないこと、決して話すことも、しかし、知覚していること、自分自身からでは何も力を持っていないこと、また単に唯一☆の〔神〕がいただけを、

この「唯一」を「個人」と意訳している英訳がありますが(柳瀬訳はこれに基づく)、無理です。「神」を補って訳すのが正しいです。

quod testatus est coram spiritibus, そのことが霊たちの前で証言された、

ita sublatus est inde, et adoravit Supremum Deum, nimirum Deum Messiam. そのようにここから上げられた、また至高の神を崇拝した、確かに(もちろん)神メシアを。

1747, 14 Dec. 17471214☆日。

おそらく15日でしょう。

 

(3) 訳文

ムハンマドについて

 

344. いわば別の天界が表象され、そこにムハンマドの礼拝者がいた、しかし、霊たちだけで、天使たちはいなかった。その霊たちは、何がこの天界の中で言われているか聞いたとき、上り、そして話すように求めた。その者はやって来たとき、キリスト教徒の天界の霊たちが恥ずかしさをかきたてられるほどに巧妙にまた賢明に、なおまた快い如才なさとともに話した。その時、一緒に話すことができるような伝達手段も開かれた。そして、ムハンマドについて質問され、そして彼らは答えた、〔ほかと〕異なって知らないで、ムハンマドを認めたこと、しかし、天地の創造者〔である〕唯一の神だけを崇拝することを欲していること。その時、ムハンマドもまた、あたかも波のように変化するその天界の動きとともに、多くの者がいたからであるが、彼らに、自分自身からでは何にも、決して話すこともできないこと、しかし、自分自身からでは何も力を持っていないこと、また単に唯一の〔神〕がいただけを知覚していることを答えた。そのことが霊たちの前で証言され、そのように、ここから上げられ、また至高の神を、もちろん、神メシアを崇拝した。17471214日〔おそらく15日〕。

 

(1) 原文

345. Narrabat Mahomed, quod spiritus qui essent in coelo, ubi ille, passim diminuerentur, et quod nesciret unde{a} abirent, sed instruebatur, quod auferentur in coelum angelicum, et ibi instruentur{1} in fidei doctrina, praeter quod omnes eorum infantes in coelis essent.

@1 in ms. instruuntur in instruentur emendatum esse videtur

@a = ex qua causa

 

(2) 直訳

345. Narrabat Mahomed, quod spiritus qui essent in coelo, ubi ille, passim diminuerentur, et quod nesciret unde{a} abirent, ムハンマドは語った、霊たちは、その者は天界の中にいた、そこに彼が〔いた〕、あちこちで〔数が〕減った、またどこへ立ち去ったか知らないこと、

sed instruebatur, quod auferentur in coelum angelicum, et ibi instruentur{1} in fidei doctrina, praeter quod omnes eorum infantes in coelis essent. しかし、教えられた、天使の天界の中へ取り去られたこと、またそこで信仰の教えの中で彼らが教えられる、ほかに、彼らのすべての幼児たちが天界の中にいたこと。

 

(3) 訳文

345. ムハンマドは、自分がいた天界の中の霊たちが、あちこちで〔数が〕減った、またどこへ立ち去ったか知らない、と語った。しかし、天使の天界へ取り去られたこと、またそこで彼らが信仰の教えの中で教えられること、ほかに、彼らのすべての幼児たちが天界の中にいること教えられた。

 

(1) 原文

346. Dixit etiam Mahumed, quod non aliud sciret, quam quod viveret in terra, nam talis est omnium conditio in altera vita, ut tametsi instruuntur de rebus particularibus, sicut quod non vivant in corpore, usque illico post id obliviscantur, nam iis nulla datur memoria similium rerum, ob causas necessarias: spiritus qui circum eum, etiam dicebant quod autumarent se vivere in terra.

 

(2) 直訳

346. Dixit etiam Mahumed, quod non aliud sciret, quam quod viveret in terra, ムハンマドもまた言った、他のことを知らないこと、地の中で生きていること以外に、

nam talis est omnium conditio in altera vita, ut tametsi instruuntur de rebus particularibus, sicut quod non vivant in corpore, usque illico post id obliviscantur, なぜなら、このようなものが来世の中のすべての者の状態(境遇)あるからである、〜のように(例えば)、たとえ個々の事柄について教えられても、例えば、身体の中で生きていないこと、それでも直ちに、後で、そのことを忘れる、

nam iis nulla datur memoria similium rerum, ob causas necessarias: なぜなら、彼らに同様の事柄の記憶が何も与えられないからである、必要な理由のために――

spiritus qui circum eum, etiam dicebant quod autumarent se vivere in terra. 霊たちは、その者は彼のまわりに〔いた〕、さらにまた言った、自分自身が地の中で生きていることを思っていること。

 

(3) 訳文

346. ムハンマドもまた、地上で生きていること以外に他のことを知らない、と言った。なぜなら、たとえ個々の事柄について教えられても、例えば、身体の中で生きていないこと、それでも後で、直ちに、そのことを忘れるように、このようなものが来世の中のすべての者の状態あるからである。なぜなら、彼らに同様の事柄の記憶が、必要な理由のために、何も与えられないからである――彼のまわりにいた霊たちもまた、自分自身が地上で生きていると思っている、と言った。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:29
comments(0), -, pookmark
Comment