RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 352

(1) 原文

Quod animae post mortem putent pro certo, quod in corpore vivant

 

352.  Ex pluri experientia edoctus sum, quod animae mortuorum pro certo quasi putent, quod in corpore sint et in mundo, sic ut aegre se persuaderi patiantur, quod in altera vita sint. Si iis interrogatur ubinam sint, num insistant terrae aut solo, num habeant vestes sicut in mundo et similia, respondent illico, quod non aliter putent, sed mox cum in id reflectunt, appercipiunt, quod in altera vita sint, quidam{1} tunc dolent, quidam autem non, secundum eorum vitam et fidem in corpore. 1747, die 15 Dec.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. quidem〔手稿は「確かに」ですが、ターフェルのように「ある者は」がよいでしょう〕

 

(2) 直訳

Quod animae post mortem putent pro certo, quod in corpore vivant 霊魂、死後、確かなこととして(かに)思っていること、身体の中で生きていること

352.  Ex pluri experientia edoctus sum, quod animae mortuorum pro certo quasi putent, quod in corpore sint et in mundo, sic ut aegre se persuaderi patiantur, quod in altera vita sint. 多くの経験から、私えられた、死んだ霊魂たちはいわばかなこととして(かに)思っていること、身体の中にまた世の中に、そのようにほとんど〜ない、説得されることを許す(させておく)、来世の中にいること。

Si iis interrogatur ubinam sint, num insistant terrae aut solo, num habeant vestes sicut in mundo et similia, respondent illico, quod non aliter putent, もし、彼らに質問されるなら、どこにいるか、地または地面に立っているかどうか、世の中のように衣服を持っているかどうか、また同様のものを、直ちに子答える、異なって思わないこと、

sed mox cum in id reflectunt, appercipiunt, quod in altera vita sint, quidam{1} tunc dolent, quidam autem non, secundum eorum vitam et fidem in corpore. しかし、間もなくそのことへけて熟考する時、把握する、来世にいることあるその時、悲しむ、けれども、ある者は〔悲しま〕ない、身体の中の彼らの生活と信仰にしたがって。

1747, die 15 Dec. 17471215日に。

 

(3) 訳文

霊魂、死後、身体きているかに思っていること

 

352. 多くの経験から、私は、死んだ者の霊魂はいわば身体の中にまた世の中にいる、とかに思っていること、そのように、来世の中にいる、と説得されることはほとんどないことを教えられた。

 もし、彼らが、どこにいるか、地または地面に立っているかどうか、世の中のように衣服を、また同様のものを持っているかどうか、質問されるなら直ちに、異なって〔おるとは〕思わない、と答える。しかし、間もなくそのことを熟考する時、来世にいることを把握その時、身体の中の彼らの生活と信仰にしたがって、あるしむ、けれども、ある者は悲しまない。17471215日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 22:08
comments(0), -, pookmark
Comment