RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 353

(1) 原文

Quod homo gaudeat duplici memoria, et quomodo{1} duplex memoria perit

 

353.  Memoria, quam homo proprie memoriam vocat, est memoria naturalis, quia est mentis naturalis, estque memoria particularium seu idearum materialium, correspondentium vocibus, haec memoria perit, quando moritur homo; anima ejus retinet facultatem ratiocinandi et intelligendi ex memoria quadam spirituali, seu idearum rationalium seu immaterialium, ut vocatur, haec memoria facit, ut homo post mortem non aliter sciat, quam quod adhuc in vita corporis sit; sed quia haec memoria nata est ex memoria naturali, fallaciis repleta est, et usque turbat, obscurat, et si relinquitur sibi, pervertit veritates, quare etiam haec memoria successive evanescit, adeo ut rationale inde natum pereat; sed haec memoria, usque tamdiu retinetur, et imbuitur cognitionibus veri, usque dum obliterari queat; tandem manet homo, quatenus homo, quod est pars residua una cum acquisita, quae est humus in qua novum seu coeleste semen inseminatur, inde exsurgit homo novus, seu in homine paradisus coelestis, cum omni felicitate coelesti, pace, et innocentia. 1747, 15 Dec.

@1 sic J.F.I. Tafel sed inclarum in ms.

 

(2) 直訳

Quod homo gaudeat duplici memoria, et quomodo{1} duplex memoria perit 人間二重記憶けられていることまたどのように二重記憶びる(える)

353.  Memoria, quam homo proprie memoriam vocat, est memoria naturalis, quia est mentis naturalis, estque memoria particularium seu idearum materialium, correspondentium vocibus, 記憶それを人間しく(まさしく)記憶、自然的記憶である、自然的のものであるからであるそして個別のものすなわち、物質的観念のものである、言葉対応している

haec memoria perit, quando moritur homo; この記憶びる(える)、人間時。

anima ejus retinet facultatem ratiocinandi et intelligendi ex memoria quadam spirituali, seu idearum rationalium seu immaterialium, ut vocatur, 彼霊魂はある霊的記憶から推論するまた理解する能力保有しているすなわち、理性的なまたは非物質的観念〔記憶〕、〔そのようにばれる

haec memoria facit, ut homo post mortem non aliter sciat, quam quod adhuc in vita corporis sit; この記憶こす(なう、人間、死後、異なってらないように、依然として身体のいのちのにいること以外

sed quia haec memoria nata est ex memoria naturali, fallaciis repleta est, et usque turbat, obscurat, et si relinquitur sibi, pervertit veritates, しかしこの記憶自然的記憶からまれたので、欺きでちているまたやはり、曇らせるまたもしそれ自体されるなら、狄人”をゆがめる

quare etiam haec memoria successive evanescit, adeo ut rationale inde natum pereat; それゆえこの記憶もまたしだいにえるこれほどのようにここからまれた理性びる

sed haec memoria, usque tamdiu retinetur, et imbuitur cognitionibus veri, usque dum obliterari queat; しかしこの記憶それでもそれだけ間、保有されるまた真理認識吸収される、消られることができるまで

tandem manet homo, quatenus homo, quod est pars residua una cum acquisita, quae est humus in qua novum seu coeleste semen inseminatur, 最後、人間、人間のかぎりそれは取得されたもの一緒りの部分であるそれは土地であるそのしいまたは天界かれる(けられる

inde exsurgit homo novus, seu in homine paradisus coelestis, cum omni felicitate coelesti, pace, et innocentia. ここからしい人間まれるすなわち、人間天界楽園、天界のすべての幸福、平和、無垢とともに

1747, 15 Dec. 17471215日。

 

(3) 訳文

人間二重記憶けられていることまた二重記憶はどのようにえるか

 

353. 人間しく記憶記憶、自然的記憶である、自然的のものそして個別のものすなわち、言葉対応している物質的観念のものであるからであるこの記憶、人間時、消える霊魂はある霊的記憶から推論するまた理解する能力保有しているすなわち、理性的なまたは非物質的観念と呼ばれるような記憶である。人間、死後、依然として身体のいのちのにいるとしからないことをこの記憶こすしかしこの記憶自然的記憶からまれたので、欺きでちておりやはり、曇らせまたもしそれ自体されるなら、狄人”をゆがめるそれゆえこの記憶もまたしだいにここからまれた理性びるこれほどにえるしかしこの記憶それでも、真理認識吸収され、消られることができるまでそれだけ間、保有される。最後、人間であるかぎり、人間それは取得されたもの一緒りの部分でありそのしいまたは天界かれる土地であるここからしい人間すなわち、人間、天界のすべての幸福、平和、無垢とともに天界楽園まれる117471215日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 22:09
comments(0), -, pookmark
Comment