RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 355

(1) 原文

De forma spirituum

 

355.  Spiritus non aliud percipiunt quam quod humana figura [praediti] sint, ita quod corpore, cum cute, ossibus, sanguine, cum tamen iis ostensum, quod ea quae nullius usus sint, retinere nequeant, ut quod crines habeant, quod pedes, quibus insisterent, quod plura, unde sequeretur etiam quod viscera, sicut ventrem{1}, intestina, vesicam{2}, et similia{3}, quibus tamen non opus habent, haec cum audiunt, quidem percipiunt quod non opus habeant, sed usque quod figuram retineant, si non internam, usque externam, et quidem retinent pudorem nuditatis e mundo, quod{b} ideo vestibus putent se indui, nam turpe putant nudos apparere; verum qualis forma sit, propria, quidem ignoratur, sed usque ab organis minimis cerebri, ubi principia formae corporis sunt, aliquantum concludi potest, quod formae sint non iis absimiles, sed quod usque in similem humanae queant restitui, quoties in id per cogitationes dirigunt mentem. 1747, die 15 Dec.

@1 ms. venter

@2 ms. vesica

@3 sic J.F.I. Tafel; ms. similis

@b h.e. sic ut「そのように」とするのがよいです。

 

(2) 直訳

De forma spirituum 霊たちの形について

355.  Spiritus non aliud percipiunt quam quod humana figura [praediti] sint, ita quod corpore, cum cute, ossibus, sanguine, cum tamen iis ostensum, quod ea quae nullius usus sint, retinere nequeant, 霊たちは他のものを知覚しない、人間の形が〔備えて〕いること以外に、そのように、身体を、皮膚、骨、血とともに、そのときそれでも、彼らに示された、それらを、それらは何も役立ちがない、維持する(保有する)ことができないこと。

ut quod crines habeant, quod pedes, quibus insisterent, quod plura, unde sequeretur etiam quod viscera, sicut ventrem{1}, intestina, vesicam{2}, et similia{3}, quibus tamen non opus habent, 例えば、髪(の毛)を持っていること、足を〜こと、それらで立つ、多くのもの〜こと、ここからいえる、腹(胃)、腸、膀胱のような内臓、また同様のものもまた、それでもそれらで必要でない、

haec cum audiunt, quidem percipiunt quod non opus habeant, 彼らはこれらを聞くとき。確かに知覚する、必要でないこと、

sed usque quod figuram retineant, si non internam, usque externam, しかし、それでも、形を維持する(保有する)こと、もし内なるものでないなら、それでも外なるものを、

et quidem retinent pudorem nuditatis e mundo, quod{b} ideo vestibus putent se indui, nam turpe putant nudos apparere; 実際に、世から裸の恥ずかしさ(恥辱感)を維持する(保有する)、そのこと〔=そのように〕それゆえ、自分自身に衣服で着ていることを思っている、なぜなら、醜いものと思うからである、裸で見られること。

verum qualis forma sit, propria, quidem ignoratur, けれども、形がどんなものであるか、固有のもの(正しくそうのよう呼ばれるもの)は、確かに知られていない、

sed usque ab organis minimis cerebri, ubi principia formae corporis sunt, aliquantum concludi potest, しかし、それでも、脳の最小の器官から、そこに身体の形の始まり(基本物質)ある、いくらか結論されることができる、

quod formae sint non iis absimiles, sed quod usque in similem humanae queant restitui, quoties in id per cogitationes dirigunt mentem. 形がそれらに似ていない〔こと〕もない、しかし、それでも人間に似たものの中に戻される(回復される)ことができること、その中に思考によって心を導く(向ける)たびごとに。

1747, die 15 Dec. 17471215日に。

 

(3) 訳文

たちのについて

 

355. 霊たちは、人間そのように、皮膚、骨、血とともに身体〔備えているとしか知覚しないそのときそれでも、彼らにそれらを保有することができないそれらは役立たないことが示された。えば、髪、立、多くのものをっていることここから、胃、腸、膀胱のような内臓、また同様のものも〔持っているといえそれでもそれらは必要でない。らはこれらをくとき。確かに必要でないことを知覚するしかしそれでももしなるものでないならそれでもなるものの保有する。実際、世からずかしさ保有それゆえそのように自分自身衣服ているとっているなぜなら、裸られることをうからである

 けれども、形がどんなものであるか、固有のものは、確かにられていないしかしそれでも、脳最小器官からそこに身体基本物質ありいくらか結論されることができる、形がそれらにてなくもないしかしそれでも人間ものその思考によってけるたびごとにされることができる17471215日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 08:49
comments(0), -, pookmark
Comment