RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 356

(1) 原文

Quod mille et myriades simul uno ore collaudent Deum Messiam

 

356.  Per multum noctis circum me erat multitudo spirituum, et postea multitudo angelorum, qui secundum coelestem formam fluunt, quae forma describi ad intellectum humanum nequit, minus quomodo fluunt, ac uno [ore] seu unanima voce loquuntur, quod tam perceptibile penes me fuit, et quidem diu in continuatione, ut sicut loquantur, nihil testatius: forma percepta, fluxio percepta, vocis unanimitas percepta, unusquisque est in multitudine, et autumat se esse, ita omnes et singuli, seu in communi et particulari; ex fluxu eorum percipi potest, num adhuc ita sint, ut queant etiam in veris spiritualibus et coelestibus similem unanimitatem agere; quare angeli postmodum, forte myriades circum me erant, et quidem diu, quorum fluxus quidem perceptibilis erat, sed talis, ut nihil scire potuerim, quam quod fluerent in forma interiori coelesti, intimioris{1} formae fluxus, non potuit percipi; postea mihi dicebant, quod per integram noctem, et aliquot vigilias, nihil aliud egerint, quam quod collaudarint Deum Messiam, et quidem cum intima eorum laetitia, sic ut e statu illo non voluerint emitti; inde concludi potest quod unanimitas ex formae harmonia resultet, praeter plura quae inde concludi possunt. 1747, 16 Dec.

@1 ms. intimiois

 

(2) 直訳

Quod mille et myriades simul uno ore collaudent Deum Messiam 千また数万一緒つのメシアを共に賛美すること

356.  Per multum noctis circum me erat multitudo spirituum, et postea multitudo angelorum, qui secundum coelestem formam fluunt, quae forma describi ad intellectum humanum nequit, minus quomodo fluunt, 夜の多くのものの間、私の周囲に霊たちの群衆がいた、またその後、天使たちの群衆が、その者は天界の形にしたがって流入する、その形を人間の理解力に向けて述べられることができない、ましてどのように流入するか、

ac uno [ore] seu unanima voce loquuntur, quod tam perceptibile penes me fuit, et quidem diu in continuatione, ut sicut loquantur, nihil testatius: そして一つの〔口で〕、すなわち、一つの心(一致した)で話す、そのことはこれほどに私に面と向かって(面前で)知覚できた、実際に、長い間、連続の中で――

forma percepta, fluxio percepta, vocis unanimitas percepta, unusquisque est in multitudine, et autumat se esse, ita omnes et singuli, seu in communi et particulari; 形が知覚された、流入が知覚された、一つの心の(一致した)声が知覚された、それぞれの者が群衆の中にいる、また自分自身がいることを思っている、そのようにすべてと個々の者が、すなわち、全般的にまた個別的に。

ex fluxu eorum percipi potest, num adhuc ita sint, ut queant etiam in veris spiritualibus et coelestibus similem unanimitatem agere; 彼らの流入から知覚されることができる、依然としてそのようであるかどうか、霊的なまた天的な真理の中にもまたできるように、同様に一致〔して〕行動することが。

quare angeli postmodum, forte myriades circum me erant, それゆえ、天使たちは、その後、おそらく、数万の者が私の周囲にいた、

et quidem diu, quorum fluxus quidem perceptibilis erat, sed talis, ut nihil scire potuerim, quam quod fluerent in forma interiori coelesti, intimioris{1} formae fluxus, non potuit percipi; 実際に、長い間、それらの流入が、確かに、知覚できるようになった、しかし、このようなもの、私が何も知ることができなかったような、内的な天界の形の中に流入すること以外に、さらに内的な形の流入は、知覚されることができなかった。

postea mihi dicebant, quod per integram noctem, et aliquot vigilias, nihil aliud egerint, quam quod collaudarint Deum Messiam, et quidem cum intima eorum laetitia, sic ut e statu illo non voluerint emitti; その後、私に言われた、夜全体の間、またいくつかの目覚めていること、何らかのものを何も行なわなかった、神メシアを共に賛美すること以外に、実際に、彼らの最内部の喜びとともに、このようにそれらの状態から送り出されることを欲しなかった。

inde concludi potest quod unanimitas ex formae harmonia resultet, praeter plura quae inde concludi possunt. ここから結論されることができる、一致は形の調和から結果として生み出されること、ほかに多くのもの、それらはここから結論されることができる。

1747, 16 Dec. 17471216日。

 

(3) 訳文

また数万一緒つのメシアを共に賛美すること

 

356. 夜間、私周囲たちの群衆またその後、天使たちの群衆がいたその者たち天界にしたがって流入そのましてどのように流入するか人間理解力けてべられることができないそしてつのすなわち一致したそのことはこれほどに面前知覚できた、実際、長間、連続して――形知覚され、流入知覚され一致した知覚されたそれぞれの群衆にいるまた自分自身がいるそのようにすべてと個々すなわち、全般的にまた個別的にいるとっている。らの流入から、霊的なまた天的真理にもまたできる、同様一致して行動することが、依然としてそのようであるかどうか、知覚されることができる。それゆえその後、天使たちがおそらく、数万周囲にいた、実際、長間、それらの流入、確かに、知覚できるようになったしかし、内的天界流入すること以外、私ることができなかったようなものでありさらに内的流入知覚されることができなかった

 その後、私、「夜全体、またいくつかの目覚めているの間、神メシアを賛美すること以外らかのものをなわなかった、実際、彼らの最内部びとともにこのようにそれらの状態からされることをしなかったわれたここから、一致調和から結果としてされることほかにここから結論されることができるくのものが結論されることができる17471216日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:02
comments(0), -, pookmark
Comment