RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 358

(1) 原文

Quod memoria particularium cum fastu inde, in primo introitu in alteram vitam gravis sit

 

358.  Unusquisque in alteram vitam secum trahit naturalem indolem, quam acquisivit in vita corporis; ita etiam illi, qui multae memoriae [sunt], et inde gloriantur, ac ostentare cupiunt, haec memoria sic exsufflata est quasi callus, qui extus adhaeret, quae mollescere tractu debet, interea dolorem capitis creat, tanquam avellere calvitium capitis velint. 1747, die 16 Dec.

 

(2) 直訳

Quod memoria particularium cum fastu inde, in primo introitu in alteram vitam gravis sit 個別記憶ここからの高慢とともに、来世の中への最初の入り口(入場)の中で、重苦しい〔ものである〕こと

358.  Unusquisque in alteram vitam secum trahit naturalem indolem, quam acquisivit in vita corporis; それぞれの者は、来世の中に、自分自身に自然的な性質を持ってくる(連れてくる)、それを身体のいのち中で得た。

ita etiam illi, qui multae memoriae [sunt], et inde gloriantur, ac ostentare cupiunt, そのように彼らもまた、その者は多くの記憶が〔ある〕、またここから自慢する、そして見せびらかすことを欲する、

haec memoria sic exsufflata est quasi callus, qui extus adhaeret, この記憶はこのようにふくらまされた、あたかもたこ(皮膚肥厚)のよう〔である〕、それは外面にくっついている、

quae mollescere tractu debet, interea dolorem capitis creat, tanquam avellere calvitium capitis velint. それは時の経過につれ(tractu)temporisがなくてもこの意味となります〕柔らかくされなければならない、その間に、苦痛が頭に生ずる、あたかも頭の頭皮を引きはがすことを欲するような。

1747, die 16 Dec. 17471216日に。

 

(3) 訳文

個別記憶ここからの高慢とともに、来世への最初の入り口で、重苦しいものであること

 

358. それぞれの、来世、身体のいのち自分自身自然的性質れてくる。多くの記憶がありここから自慢そしてせびらかすことをするもまたそのようであるこの記憶あたかもたこのようにふくらまされ、外面にくっついているそれは時の経過につれ、柔らかくされなければならない、その間に、あたかも頭皮を引きはがしたくなるような。苦痛が頭に生ずる。17471216日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 10:34
comments(0), -, pookmark
Comment