RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 361

(1) 原文

Quod quotidie supplicandum de regno coelesti et sic quid "quotidie"

 

361.  Per "quotidie" in oratione Dominica intelligitur omne momentum, quod experientia confirmari potest, et sic intelligi, nempe quod quibus felicitas aeterna ostensa est, ii putant, quod illico translati sint in coelum, sic qui a tentationibus venerunt, quod sic aeterni haeredes Regni forent, qui laborarunt in vinea, et putarunt sic deberi iis aeternam salutem, quam sibi inde attribuunt, cum tamen contrarium ostensum est, nempe quod iterum in discrimina conjecti sint, in tentationes, in pericula pro damnatione, et similia: inde concludi potest, quod "quotidie" significet omne momentum in successivis, at vero in eorum simultaneis, vertitur id in continuam glorificationem Dei Messiae, sic ut momenta sint continua, absque discrimine, inde [iis] perceptio et felicitates, et eorum quod jugiter id accipiant a Deo Messia. 1747, die 17 Dec.

 

(2) 直訳

Quod quotidie supplicandum de regno coelesti et sic quid "quotidie" 天界王国について毎日(日々)祈願しなければならないことまたこのように「毎日(日々)」か

361.  Per "quotidie" in oratione Dominica intelligitur omne momentum, quod experientia confirmari potest, et sic intelligi, 主の祈りの中の「毎日(日々)」によって、すべての瞬間が意味される、そのことを経験で確信されることができた、またこのように理解されること、

nempe quod quibus felicitas aeterna ostensa est, ii putant, quod illico translati sint in coelum, すなわち、それらの者に永遠の幸福が示されたこと、彼らは思う、直ちに天界の中へ移されること、

sic qui a tentationibus venerunt, quod sic aeterni haeredes Regni forent, このように、試練からやって来た者は、このように王国の永遠の相続人になること、

qui laborarunt in vinea, et putarunt sic deberi iis aeternam salutem, quam sibi inde attribuunt, ブドウ畑の中で働く者は、また彼らに永遠の救いが〔ある〕べきである(debeo)ことを思っている、それを自分自身にここから帰している、

cum tamen contrarium ostensum est, nempe quod iterum in discrimina conjecti sint, in tentationes, in pericula pro damnatione, et similia: そのときそれでも、正反対のものが示される、すなわち、再び危難(危険)の中に投げ込まれること、試練の中に、危険の中に、断罪、また同様のものとして――

inde concludi potest, quod "quotidie" significet omne momentum in successivis, at vero in eorum simultaneis, vertitur id in continuam glorificationem Dei Messiae, sic ut momenta sint continua, absque discrimine, ここから結論されることができる、「毎日(日々)」が連続するものの中ですべての瞬間を意味すること、しかし、彼らの同時に存在するものの中で、それは神メシアの絶え間のない賛美に変えられる、このように瞬間は連続する(永続する)ものである、相違なしに。

inde [iis] perceptio et felicitates, et eorum quod jugiter id accipiant a Deo Messia. ここから〔彼らに〕知覚と幸福が〔ある〕、また彼らの☆〔がある〕、常にそれを神メシアから受けていること。

ここに何かが省略されているようですが、その前の perceptio et felicitates と見なしてよいでしょう〕

1747, die 17 Dec. 17471217日に。

 

(3) 訳文

日々天界王国について祈願しなければならないことまたこのように日々」とは

 

361. 主りの日々」によって、すべての瞬間が意味され、そのことを経験で確信されること、またこのように理解されることができた。すなわち、永遠幸福された、直ちに〔自分〕天界されるこのように、試練からやってこのように王国永遠相続人になるうことであるブドウ、自分たち永遠いがあるべきであるっておりここからそれを自分自身しているそのときそれでも、正反対のものがされるすなわち、断罪同様のものとして、再危難、試練、危険まれることである――ここから結論されることができる、「日々」が連続するものの中ですべての瞬間を意味する、しかし、彼らの同時に存在するものの中で、それは神メシアの絶え間のない賛美に変えられる、このように瞬間は違いのない永続するものである。ここから彼らの知覚と幸福があり、また、常にそれを神メシアから受けている。17471217日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 09:07
comments(0), -, pookmark
Comment