RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 362

(1) 原文

Quod homo in statu integritatis nusquam possit mori

 

362.  Edoctus sum ab experientia, quod homo qui in statu integritatis seu coelesti sit, nusquam possit mori; sed quod nemo in statu coelesti, seu verus homo fuerit, quam Solus Deus Messias. 1747, die 18 Dec.

 

(2) 直訳

Quod homo in statu integritatis nusquam possit mori 公正(誠実)状態の中で人間は決して死ぬことができないこと

362.  Edoctus sum ab experientia, quod homo qui in statu integritatis seu coelesti sit, nusquam possit mori; 私は経験から教えられた、人間は、その者は公正(誠実)、すなわち、天界の状態の中にいる、決して死ぬことができないこと。

sed quod nemo in statu coelesti, seu verus homo fuerit, quam Solus Deus Messias. しかし、だれも天界の状態の中にないこと、すなわち、真の人間であった、神メシアおひとり以外に。

1747, die 18 Dec. 17471218日に。

 

(3) 訳文

誠実状態で、人間してぬことができないこと

 

362. 私経験から誠実状態すなわち、天界状態にいる人間、決してぬことができないこと、しかし、神メシアおひとりすなわち、真人間以外だれも天界状態にいなかったことをえられた17471218日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 09:08
comments(0), -, pookmark
Comment