RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 363

(1) 原文

Quinam Aquarii [cf Deut. XXIX: 11, Jos. IX: 21, 22, 27]

 

363.  Qui ex Verbo, absque vera fide, putant se mereri coelum, ex eo quod laborent in vinea, seu praedicent, ac docent, ac inde putant se mereri salutem, ii vastantur in altera vita, per phantasias correspondentes, sed praecipue per id, quod videantur sibi portare aquas ex lacubus seu mari, quo circumcincti sunt, quam aquam hauriunt in canalem, ut potent gregem, quando canalis repletus est, tunc quiescunt, usque dum iterum hauriant, canalis repletur usque ut aqua circumfundatur; visum quidem est, quasi grex veniret, qui potaretur, verum annon grex iis appareat, nondum constare potest. 1747, 18 Dec.

 

(2) 直訳

Quinam Aquarii [cf Deut. XXIX: 11, Jos. IX: 21, 22, 27] だれが水を汲む者か〔申命記29:11、ヨシュア記9:21, 23, 27参照〕

23が正しいです。

363.  Qui ex Verbo, absque vera fide, putant se mereri coelum, ex eo quod laborent in vinea, seu praedicent, ac docent, ac inde putant se mereri salutem, みことばから、真の信仰なしに、自分自身が天界に値することを思う者は、そのことから、ブドウ畑の中で働いたこと、または説教した、そして教えた、そしてここから自分自身が救いに値することを思う、

ii vastantur in altera vita, per phantasias correspondentes, 彼らは来世の中で荒廃させられる、対応する幻想によって、

sed praecipue per id, quod videantur sibi portare aquas ex lacubus seu mari, quo circumcincti sunt, quam aquam hauriunt in canalem, ut potent gregem, しかし、特に、そのことによって、自分自身に池または海から水を運ぶことが見られる、それで囲まれている、その水を水槽の中に汲む、〔羊やヤギの〕群れが飲むために、

quando canalis repletus est, tunc quiescunt, usque dum iterum hauriant, 水槽が満ちたとき、その時、休息する、再び汲む時までも、

canalis repletur usque ut aqua circumfundatur; 水槽は水が注ぎ出されるように満たされるまでも。

visum quidem est, quasi grex veniret, qui potaretur, 確かに、見られた、あたかも群れがやって来るかのように、それは飲ませられる、

verum annon grex iis appareat, nondum constare potest. けれども、群れが彼らに見られたかどうか、まだ明らかにすることができない。

1747, 18 Dec. 17471218日。

 

(3) 訳文

だれが水を汲む者か〔申命記29:11、ヨシュア記9:21, 23, 27参照〕

 

363. みことばから、真の信仰なしに、ブドウ畑の中で働いた、または説教した、そして教えたことから、自分自身が天界に値すると思う、、そしてここから自分自身が救いに値すると思う者は、来世で、対応する幻想によって荒廃させられる。しかし、特に、このことによってである、囲まれている池または海から水を運び、その水を〔羊やヤギの〕群れが飲むために水槽の中に汲むことが自分自身に見られる。水槽が満ちたとき、その時、再び汲む時まで休息する。水槽は水が溢れ出るようにまでも満たされる。確かに、あたかも飲ませられる群れがやって来るかのように見られた。けれども、彼らに群れが見られたかどうか、まだ明らかにすることができない。17471218日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:49
comments(0), -, pookmark
Comment