RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 397

(1) 原文

Visio diurna, de iis qui comessationibus dediti sunt, et sic carni indulgent

 

397.  In media die circa prandium, mecum loquutus est angelus, qui mecum, quod non nimis indulgerem ventri circa mensam; dum penes me erat, tunc apparuit mihi clare sicut vapor exundans e poris corporis, sicut aqueus maxime visibilis, qui versus terram delapsus, ubi tapete{1} erat visus, super quem collectus vapor in vermiculos diversos vertebatur, qui collecti sub mensam, momento cum strepitu seu sonitu deflagrabant; lumen igneum visum est mihi, et sonitus auditus, [ego] arbitrans{2} quod sic omnes vermiculi e corpore meo ejecti, qui ex appetitu immodico possunt generari, combusti essent, et quod ego tunc ab iis mundatus fuerim. Inde concludi potest, quid lautitiae et similia in sinu ferunt. 1745, April. [vide [93a]]. {a}

@1 ms. forte tapeta

@2 vide praefationem hujus editionis sub capite "Idiosyncrasies"

@a vide etiam R.L. Tafel. Documents, vol. 11, pag. 35-36

 

(2) 直訳

Visio diurna, de iis qui comessationibus dediti sunt, et sic carni indulgent 昼間幻、それらについて、宴会でいっぱいにめられた(した)者、またこのように(肉欲)でほしいままにしている(ふけっている)

397.  In media die circa prandium, mecum loquutus est angelus, qui mecum, quod non nimis indulgerem ventri circa mensam; 日の真ん中の中で、昼食の頃、天使が私と話した、その者は私と〔いた〕、あまりに私がふけらないこと、胃で食事に関して(食卓の周囲で)

dum penes me erat, tunc apparuit mihi clare sicut vapor exundans e poris corporis, sicut aqueus maxime visibilis, qui versus terram delapsus, ubi tapete{1} erat visus, super quem collectus vapor in vermiculos diversos vertebatur, 私の面前にいたとき、その時、私にはっきりと見えた、身体の毛穴から出ている蒸気のように、最高度に見られる水のように、それは地に向かって落下した、そこにじゅうたんが見られた、その上に蒸気が集められ、いろいろな小さい虫に変えられた、

qui collecti sub mensam, momento cum strepitu seu sonitu deflagrabant; 食卓の下に集められたそれらは、一瞬に、騒音、すなわち、音とともに、燃え尽きた。

lumen igneum visum est mihi, et sonitus auditus, 火のような光が私に見られた、また音が聞かれた。

[ego] arbitrans{2} quod sic omnes vermiculi e corpore meo ejecti, qui ex appetitu immodico possunt generari, combusti essent, et quod ego tunc ab iis mundatus fuerim. 〔私は〕思っている☆、このようにすべての小さい虫が私の身体から追い出されること、抑制されない食欲から生まれることができた、焼き尽くされた、また私がその時、それらから清潔にされたこと。

注にありますが、著者は文法的にこのような書き方をする、ということです、通常は「(私は)思う」。

Inde concludi potest, quid lautitiae et similia in sinu ferunt. ここから結論されることができる、何が、美味なもの(ごちそう)や同様のものは内部に、抱くか。

1745, April. [vide [93a]]. {a} 17454月。〔[93a]参照〕

 

(3) 訳文

昼間幻、宴会〔心が〕いっぱいにめられた者、またこのように肉欲にふけっている者について

 

397. 真昼の昼食頃、私といた天使、食事して、私があまりにでふけらないようにとそのことをした。〔天使〕私面前にいた時、私にはっきりと、身体毛穴からている蒸気のように、最高度られるのようにえたものがじゅうたんがられたそこのかって落下その蒸気められいろいろなさいえられた食卓の下に集められたそれらは、一瞬に、騒音、すなわち、音とともに、燃え尽きた。火のような光が見られた、音が聞かれた。〔私は〕抑制されない食欲から生まれることができたこのようなすべての小さい虫が私の身体から追い出された、焼き尽くされた、その時、私がそれらから清潔にされた、と思った。

 ここから、ごちそうや同様のものは内部に何を抱いているか、結論されることができる。17454月〔[93a]参照☆〕。

 

[93a]とその前の文を(その訳とともに)以下に紹介します(これは『聖言の講解』三五五七番です)

1956. Sunt itaque hae ranae, quae prodierunt ex flumine supra dicto, et contregatae sunt in flumen damnatum, a parte Aegytiorum, hoc est, Harmagedon; ita nunc agitur de spiritubus immundis infimae sortis, nempe quae infimas paetes hominis regunt, seu ultimas, queque excitant cupiditates quae propriae sunt corporis et sanguinis, et vocanur voluptates sensuum, et merae corporeae, proprie luxuries variae corporis, ex gustu; hi spiritus immundi sunt qui vocntur “ranae,” quae sunt majora insecta, diversae figurae; quae similiter appa-

[93a.] 1957. ruerunt, mihi, quondam, dum exirent, et quidem manifeste, ut eas repentes ante oculos meos viderem, et mox congregatae in unum, tunc quasi ignis erant, et dissiliebant cum sonitu, qui ad aures meas audiebtur, sicut crepitus, cum diffrengeretur: locus is postea lustratus erat: ac erat Londini, mensa Aprili 1745. Per poros, sicut fumus erumpebat, sed in solo apparebant sicut totodem vermes serpentes, magna copia.

[参考記事]『聖言の講解』三五五七番(「出エジプト記」第八章の講解)から

 それゆえ、これらのカエルは、先に語られた川から現われたものであるが、罪ありとされるエジプト人の側からその川の中へ、すなわち、ハルマゲドンへ一緒に集められたのである。こうして、ここでは最低の種類の不潔な霊を、すなわち、肉体や血の快楽、また感覚の快楽と呼ばれ、そうして味覚からのいろいろな贅沢に特有な、単なる肉体的な喜びといった欲望をかきたて、人間の最低または先端部を支配する、不潔な霊を扱っている。これらの不潔な霊は人間の最外部または単なる肉体的な部分を支配し、それらはさまざまな形の大きな種類の昆虫(insectum)であって、「カエル」と呼ばれる。これと同じようなものが〔ここから字下がり記事 93a.

私に現われ、出現したとき、それは非常にはっきりとしたものであって、それらは私の目の前で這い、すぐにひとかたまりとなった。そのとき燃え出し、音とともに破裂した。私の耳に打ち砕くときのような音が聞こえた。その後その場所は清められた。一七四五年四月、ロンドンでのことである。毛穴から蒸気のようなものが出たが、床には多くの這う虫(vermis)が、大群となって現われた。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:34
comments(0), -, pookmark
Comment